「一本で食べる」こだわりは必要?不要? プロの境界線で想うこと|MY WORK ヒント#86

「一本で食べる」こだわりは必要?不要? プロの境界線で想うこと|MY WORK ヒント#86

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第86回目は、仕事量とプロ意識についてです。


プロの境界線ってなんだろう?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最近は、フルタイムで会社勤めだけではなく、さまざまな働き方があります。そのいっぽうでよく聞く言葉、「一本で食べる」にたまに疑問を感じる私です。

おそらく、ひとつの分野を生業とすることが本物のプロ!という感覚なのかな?と想像していますが、正直なところ私は「一本で食べる」ことにこだわりもなければ、これからもいろんなジャンルに手を伸ばしたいと思っているタイプです。

では、この記事を書くのにプロ意識はないのか?と聞かれたら答えはNO。原稿料をいただいているわけですから、趣味でブログを書いている感覚ではなく内容や方向性など統一感を考えて書いています。

おそらく、たまたまいろんなことをやっていたら、収入になった。仕事として請け負うようになった。という経験をした方も多いのではないでしょうか。

よく、「一本で食べる」ことができていない人に対して、「なんちゃって〇〇」と呼ぶことがありますが、私はあまり賛成できません。なぜなら、少額でもお金が発生している場合は、その道のプロだと思うからです。

ライターを始めたばかりの時に言われた言葉

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

思い返せば、ライターになりたての時に、こんなことを言われました。

「プロなんですから、自信を持って自分の意見を書いてください」と。ライターは、必ず記事の「オチ」を考えなければなりません。個人的な性格でいうと、私は十人十色の価値観がとても強いので、みんなの答えが違っても良いじゃん!と楽観的に考えているのですが、記事にその価値観は通用しませんでした。

なんだか自分の意見を相手に押し付けている気がして、「オチ」を作ることができずになんども修正を繰り返していたのです(笑)。しかし、読者は、書き手の「オチ」を求めている。と感じるようになり、筋道を作るように考え直していきました。

仕事に適応するように自分を変化させた。相手が求めるものを、提供した。これが「プロ」なのでは?と今になると思います。もちろん「一本で食べる」のは、これらが伴っていないとできないですし、ひとつのジャンルを極めることは強みになります。

しかし、「一本で食べる」からプロ意識が生まれるのではなく、プロ意識が生まれるから仕事が充実する。これが良い流れなのではないでしょうか。

自分がプロだと思うことが第一優先!

もし、新しいことを始めたばかりで自分に自信が持てないと感じるならば、まずは自分をプロ認識してみてください。周りが「まだまだ半人前」「始めたばかりで一本で食べてない」と言っていたとしても、自分はプロ!

この気持ちの方が、よっぽど大切だと思います。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


「確信したことを成し遂げる力は、誰にでも残っている」ウーマンダイアローグ #24

「確信したことを成し遂げる力は、誰にでも残っている」ウーマンダイアローグ #24

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、伊勢丹新宿店『ビューティアポセカリー』のアシスタントバイヤーを務める鳥谷悠見さん。はじめて伊勢丹新宿本店を訪れたときに感銘を受けて、入社を決意されたそうです♡


お金が貯まらない!貯金したい女子が改めるべきクレジットカードの使い方

お金が貯まらない!貯金したい女子が改めるべきクレジットカードの使い方

貯金したいのになかなかお金が貯まらない……。そんな悩みを抱えている人は、クレジットカードを使うクセを見直すのが懸命かも。クレジットカードの使いかたを改める方法を紹介。


最新の投稿


【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

蒸し暑い季節は、まるで太陽に元気が吸い取られているかのように、体力を使います。少し歩くだけもヘトヘトに……。そんなお疲れな働き女子を救済するため、簡単に作れて栄養満点のレシピをご紹介! しっかり食べて、夏を乗り切りましょう!


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


RANKING


>>総合人気ランキング