「一本で食べる」こだわりは必要?不要? プロの境界線で想うこと|MY WORK ヒント#86

「一本で食べる」こだわりは必要?不要? プロの境界線で想うこと|MY WORK ヒント#86

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第86回目は、仕事量とプロ意識についてです。


プロの境界線ってなんだろう?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最近は、フルタイムで会社勤めだけではなく、さまざまな働き方があります。そのいっぽうでよく聞く言葉、「一本で食べる」にたまに疑問を感じる私です。

おそらく、ひとつの分野を生業とすることが本物のプロ!という感覚なのかな?と想像していますが、正直なところ私は「一本で食べる」ことにこだわりもなければ、これからもいろんなジャンルに手を伸ばしたいと思っているタイプです。

では、この記事を書くのにプロ意識はないのか?と聞かれたら答えはNO。原稿料をいただいているわけですから、趣味でブログを書いている感覚ではなく内容や方向性など統一感を考えて書いています。

おそらく、たまたまいろんなことをやっていたら、収入になった。仕事として請け負うようになった。という経験をした方も多いのではないでしょうか。

よく、「一本で食べる」ことができていない人に対して、「なんちゃって〇〇」と呼ぶことがありますが、私はあまり賛成できません。なぜなら、少額でもお金が発生している場合は、その道のプロだと思うからです。

ライターを始めたばかりの時に言われた言葉

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

思い返せば、ライターになりたての時に、こんなことを言われました。

「プロなんですから、自信を持って自分の意見を書いてください」と。ライターは、必ず記事の「オチ」を考えなければなりません。個人的な性格でいうと、私は十人十色の価値観がとても強いので、みんなの答えが違っても良いじゃん!と楽観的に考えているのですが、記事にその価値観は通用しませんでした。

なんだか自分の意見を相手に押し付けている気がして、「オチ」を作ることができずになんども修正を繰り返していたのです(笑)。しかし、読者は、書き手の「オチ」を求めている。と感じるようになり、筋道を作るように考え直していきました。

仕事に適応するように自分を変化させた。相手が求めるものを、提供した。これが「プロ」なのでは?と今になると思います。もちろん「一本で食べる」のは、これらが伴っていないとできないですし、ひとつのジャンルを極めることは強みになります。

しかし、「一本で食べる」からプロ意識が生まれるのではなく、プロ意識が生まれるから仕事が充実する。これが良い流れなのではないでしょうか。

自分がプロだと思うことが第一優先!

もし、新しいことを始めたばかりで自分に自信が持てないと感じるならば、まずは自分をプロ認識してみてください。周りが「まだまだ半人前」「始めたばかりで一本で食べてない」と言っていたとしても、自分はプロ!

この気持ちの方が、よっぽど大切だと思います。

 





関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


最新の投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


コロナ禍の恋愛は難しい!出会いがない今シングル女子が考えておきたいこと

コロナ禍の恋愛は難しい!出会いがない今シングル女子が考えておきたいこと

コロナ禍でも、できれば彼氏がほしいし、そろそろシングルは卒業したい……。でも現実は再び流行の兆しがみえている状態。今は無理せず、できることを楽しみましょう!


RANKING


>>総合人気ランキング