「一本で食べる」こだわりは必要?不要? プロの境界線で想うこと|MY WORK ヒント#86

「一本で食べる」こだわりは必要?不要? プロの境界線で想うこと|MY WORK ヒント#86

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第86回目は、仕事量とプロ意識についてです。


プロの境界線ってなんだろう?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最近は、フルタイムで会社勤めだけではなく、さまざまな働き方があります。そのいっぽうでよく聞く言葉、「一本で食べる」にたまに疑問を感じる私です。

おそらく、ひとつの分野を生業とすることが本物のプロ!という感覚なのかな?と想像していますが、正直なところ私は「一本で食べる」ことにこだわりもなければ、これからもいろんなジャンルに手を伸ばしたいと思っているタイプです。

では、この記事を書くのにプロ意識はないのか?と聞かれたら答えはNO。原稿料をいただいているわけですから、趣味でブログを書いている感覚ではなく内容や方向性など統一感を考えて書いています。

おそらく、たまたまいろんなことをやっていたら、収入になった。仕事として請け負うようになった。という経験をした方も多いのではないでしょうか。

よく、「一本で食べる」ことができていない人に対して、「なんちゃって〇〇」と呼ぶことがありますが、私はあまり賛成できません。なぜなら、少額でもお金が発生している場合は、その道のプロだと思うからです。

ライターを始めたばかりの時に言われた言葉

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

思い返せば、ライターになりたての時に、こんなことを言われました。

「プロなんですから、自信を持って自分の意見を書いてください」と。ライターは、必ず記事の「オチ」を考えなければなりません。個人的な性格でいうと、私は十人十色の価値観がとても強いので、みんなの答えが違っても良いじゃん!と楽観的に考えているのですが、記事にその価値観は通用しませんでした。

なんだか自分の意見を相手に押し付けている気がして、「オチ」を作ることができずになんども修正を繰り返していたのです(笑)。しかし、読者は、書き手の「オチ」を求めている。と感じるようになり、筋道を作るように考え直していきました。

仕事に適応するように自分を変化させた。相手が求めるものを、提供した。これが「プロ」なのでは?と今になると思います。もちろん「一本で食べる」のは、これらが伴っていないとできないですし、ひとつのジャンルを極めることは強みになります。

しかし、「一本で食べる」からプロ意識が生まれるのではなく、プロ意識が生まれるから仕事が充実する。これが良い流れなのではないでしょうか。

自分がプロだと思うことが第一優先!

もし、新しいことを始めたばかりで自分に自信が持てないと感じるならば、まずは自分をプロ認識してみてください。周りが「まだまだ半人前」「始めたばかりで一本で食べてない」と言っていたとしても、自分はプロ!

この気持ちの方が、よっぽど大切だと思います。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

転職を考えた時に、もっとも魅力的に見えるのが「転職サイトへの登録」でしょう。一度登録しておけば、自分の条件にあった会社からスカウトのメールが自動的に送られてくる……こんな勘違いをしていませんか? キャリアアドバイザーAさんに、転職サイトにやみくもに登録する危険性について、お伺いしました。


【設備編】女性一人暮らしであると便利な設備3選|MY WORK ヒント#88

【設備編】女性一人暮らしであると便利な設備3選|MY WORK ヒント#88

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第88回目は、女性の一人暮らしであると便利な設備をご紹介します。


フリーランス女子へ捧げる「やる気がでなくて仕事ができなかった日」を減らす方法

フリーランス女子へ捧げる「やる気がでなくて仕事ができなかった日」を減らす方法

フリーランス女子は毎日、自分との戦い。自由な環境だからこそ、感情に負けてばかりいてはいけません。「やる気がでなくて仕事ができなかった日」が、どうか1日でも減りますように。そんな願いを込めて、コラムをお届けいたします。


面接前のおさらいに。キャリアコンサルタントから見た「売れる」転職者

面接前のおさらいに。キャリアコンサルタントから見た「売れる」転職者

誰しもが自分が「働きたい!」と望んだ場所で仕事を始められるわけではありません。転職をする前には、自己分析や履歴書作成、面接時のマナーなどのスキルを磨いておくことが大切です。自分の希望する企業への就職を叶えるためにも、面接の前に知っておきたいマナーについて知っておきましょう。


心より先に足を上げる。モチベーションが下がった時の対処方法|MY WORK ヒント#87

心より先に足を上げる。モチベーションが下がった時の対処方法|MY WORK ヒント#87

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第87回目は、モチベーションの保ち方についてです。


最新の投稿


その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法

その手があったか!彼氏と喧嘩した時のうまい仲直り方法

彼氏との喧嘩。とっても気まずいし、早く仲直りしたい。けどうまい対処が出来ず、また喧嘩……そんなことってありますよね? どうしたら彼氏と喧嘩したときにすっと仲直り出来るのか。恋愛メンタリストがうまい仲直り方法について解説します。これをマスターしておけばもう彼氏との喧嘩も怖くないし、繰り返さない!


上をみればみるほど息ができなくなる。今の自分をありのままに認めてあげる方法

上をみればみるほど息ができなくなる。今の自分をありのままに認めてあげる方法

どんなに働いても、仕事ができる人はたくさんいる。自分以上に夢を叶えられている人も、数えきれないほど。上を見上げすぎても、苦しさの原因に。ありのままの自分を、愛しませんか?


スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

スカウトメールはどうして送られてくる? 準備不足で転職サイトに登録する危険性

転職を考えた時に、もっとも魅力的に見えるのが「転職サイトへの登録」でしょう。一度登録しておけば、自分の条件にあった会社からスカウトのメールが自動的に送られてくる……こんな勘違いをしていませんか? キャリアアドバイザーAさんに、転職サイトにやみくもに登録する危険性について、お伺いしました。


【#もちこのパンイチ 15】ベーコンとフルーツを組み合わせた食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 15】ベーコンとフルーツを組み合わせた食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回はベーコン×フルーツのパンイチです。 少し意外な組み合わせかと思いますが、甘塩っぱい味は病みつきになること間違いなし!


「上に乗って?」に苦手意識。騎乗位が好きになる3つのコツ|真っ赤な濡れオンナ#93

「上に乗って?」に苦手意識。騎乗位が好きになる3つのコツ|真っ赤な濡れオンナ#93

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第93回目は、騎乗位がうまくできない女性に向けたノウハウです。


RANKING


>>総合人気ランキング