4月1日から働き方が変わる! 労働者が知っておきたい働き方改革関連法案

4月1日から働き方が変わる! 労働者が知っておきたい働き方改革関連法案

2019年4月1日より順次施行される労働法の改正を行う法律の1つである「働き方改革関連法案」をご存知でしょうか? 有給休暇5日間取得の義務化など、私たち労働者であれば誰しが知っておきたい内容です。この機会にどんな内容なのか、確認してみましょう。


仕事をするなら知っておきたい! 「働き方改革関連法案」って?

2019年4月1日より順次施行される労働法の改正を行う法律のひとつである「働き方改革関連法案」を知っていますか?

【働き方改革】についてはこれまでもCinqで取り上げられていましたが、この「関連法案」に関してはあまりよく知らない……という方も多いのではないでしょうか。具体的にはどんなことが法律として定められているのでしょうか?

ビジネスパーソンであれば必ず知っておきたい内容のひとつである「働き方改革関連法案」について、3つのポイントをご紹介。これを機会に詳しく知っていきましょう。

@__moe.26_________

1:残業時間の上限ができた

本来であれば残業をする場合は、36協定届において原則「1か月45時間以内」「1年360時間以内」という上限がありました。ですが、これに法的な強制力はなく、一定の要件を満たしていれば、例外である「特別条項」というものによりさらに残業をさせることができる制度があったのです。今までは、この“例外”についての時間は会社まかせであったため、長時間労働という問題が生まれていました。

けれど、今回施行される法案により「特別条項」である場合でも、労働時間は年間で720時間以内1カ月では100時間未満に収まるようにしなければならなくなりました。働きすぎて過労死をする……というような人が生まれないための取り組みではないでしょうか。長時間労働の問題がこの新しい仕組みによって変わることが予想されます。

2:年次有給休暇の義務化が決定 5日/年の取得を

年次有給休暇を付与された日から1年以内に5日、使用者が時季を指定して取得しなければならないという義務が生まれました。昨年から繰り越した有給でも、今年新たに発生した有給から取得したとしても、結果として5日間の有給休暇が取得できていれば問題ありません。

日頃から有給をきちんと取得している人にはあまり関係がないことだと思われますが、問題なのは全く有給を利用しない人たちです。
そもそも有給休暇は労働者の心身のリフレッシュを図ることを目的として作られており、毎年一定日数の年次有給休暇を与えることが会社には定められています。しかし、職場への配慮やためらいがあり、有給休暇を取得する人が少ないというのが今の現状。このような状況を改善するために定められたのが、今回の有給休暇の取得義務化なのです。

「いつの間にか消えてる?」有給休暇の落とし穴と正しく使うための対策

https://cinq.style/articles/1861

自分の有給休暇の残りの日数をしっかり把握できていますか? 久しぶりに有給を使おうと思ったら、いつの間にか消えていて予想より少なかった! なんてことも。これから義務化される有給の取得ですが、キチンと使い切るにはどんな工夫が必要なのでしょうか。

3:正規雇用と非正規雇用の不合理な待遇差(2020年4月1日~)

最後のポイントは、2020年4月1日(中小企業は2021年~)から施行される待遇差についてです。

労働者は、正規労働者(正社員)と非正規労働者(パートタイム労働者、有期雇用労働者、派遣労働者)に分けることができます。総労働時間に違いはあるものの、非正規社員の方が正社員と全く同じ仕事をしているケースも少なくありません。ですが、基本給や賞与などの個々の待遇ごとに不合理な待遇差があるのが実情でした。この現状を変えようと施行されるのが、この「働き方改革関連法案」です。

つまり、非正規社員としてこれまで働いてきた人も、正社員と同様に賃金が支払われるようになるという同一労働同一賃金のことです。この取り組みを通じて、どのような雇用形態を選択しても納得のいく処遇を受けられるようになります。

大手企業では2020年の4月、中小企業でも2021年4月からは導入されていくことが決まっており、私たちの生活に大きな変化をもたらすことが予想されます。

『同一労働同一賃金』って一体なに? 正社員も非正規社員も知っておくべきメリット・デメリット

https://cinq.style/articles/1615

よくニュースで耳にする『同一労働同一賃金』ですが、よく理解していない人も多いはず。2020年にはスタートし、正社員・パート・派遣関係なく影響してくる制度です。メリット・デメリットを理解し、自分の今後の働き方について見直していきましょう。

働き方の変化に対応できるように

@dongjingkuri

今回の法案により、私たちの働き方には大きな変化が生まれ、また働き方の多様化が進むと予想されています。もちろん、これだけ大きな改革をするためには、まだまだ課題も山積み。有給を取得できるようにするための働き方、残業を減らすための改善案、など考えることはたくさんあります。

ですが、この「働き方改革関連法案」は、私たちがより働きやすくするために作られたもの。最初こそは調整が難しく感じるかもしれませんが、次第に基盤ができていくはずです。
ついに働き方を変え、自らが動く時代がやってきます。この機会に労働状況の見直しをしてみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


キャリア 制度 働き方改革

関連する投稿


残業のメカニズムは「インフルエンサー」から始まる #話題書籍に学ぶ

残業のメカニズムは「インフルエンサー」から始まる #話題書籍に学ぶ

働き方改革により、多くの企業が残業を減らす取り組みに力を入れるようになりました。けれど、いくら残業を減らす取り組みをしても「残業インフルエンサー」という存在が会社には居るのだそう。なぜ残業が無くならないのか? 残業のメカニズムを知っていきましょう。


「質問内容=本音」が詰まっているかも。注意深く聞いてみて|MY WORK ヒント#84

「質問内容=本音」が詰まっているかも。注意深く聞いてみて|MY WORK ヒント#84

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第84回目は、相手の本音を探るヒントについてです。


女性社員がいない! 男性が多い職場での女性の正しい振る舞いとは?

女性社員がいない! 男性が多い職場での女性の正しい振る舞いとは?

働いている女性はマイノリティではなくなってきましたが、それでもまだ、男性が多い職場は多いものです。配属された部署や、会社が男性が大半だった場合、そこに放り込まれた女性はどう立ち振る舞えば良いのでしょういか? 男性が多い職場での女性の振る舞いについて考えていきましょう。


「向き不向き」について考える。ぴったりハマる仕事を見つけるには?|MY WORK ヒント#83

「向き不向き」について考える。ぴったりハマる仕事を見つけるには?|MY WORK ヒント#83

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第83回目は、自分の向いていることを探すヒントについてです。


人材業界を16年経験した元キャリアアドバイザーが、今お伝えできること

人材業界を16年経験した元キャリアアドバイザーが、今お伝えできること

「転職したい」と考える人は多いものです。けれど無計画に転職活動を始めるのはとても危険なこと。3,000名以上の転職者の転職活動に携わった、元キャリアアドバイザーが、“業界の裏側”について話します。これをきっかけに「転職すること」について真剣に考えてみましょう。


最新の投稿


法人と個人事業主の違いは一体なに? 違いをわかりやすく解説!

法人と個人事業主の違いは一体なに? 違いをわかりやすく解説!

みなさんは法人と個人事業主の違いがしっかりとわかっているでしょうか? フリーランスで働いている人や、起業を考えている人にはぜひ知っておいて欲しい違いがあります。わかりやすく解説していきましょう。


春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

草花が色めき外出がいっそう楽しく感じるこの季節。洋服を選ぶのにも、ドキドキとワクワクを感じる機会が増えてくるでしょう。そんな衣替えの季節には、洋服だけでなく香りも変えるのがオススメ。働く女性にもオススメな好感度アップの春フレグランスをチェックして。


男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

男性にエッチな質問をするのはあり?なし?模範解答はこちら…。|真っ赤な濡れオンナ#89

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第89回目は、男性に自分からエッチな質問をしても良いのかについてです。


第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

人の第一印象は一瞬で決まるといわれています。この第一印象は時に厄介なもので、「この人は頼りにならなさそう」や「この人はやる気がなさそう」などネガティブな印象を与えてしまうと、それを覆すのは至難の技。そうならないためにも、好印象な「見た目」とはどんなものなのか? 知っておきましょう。


小顔を叶える秘密アイテム、カッサを使ってむくみ撃退&リフトアップ

小顔を叶える秘密アイテム、カッサを使ってむくみ撃退&リフトアップ

鏡をよーく見てみたら、フェイスラインがむくんで大ピンチ! そんなむくみやすい女子のお助けアイテムとして紹介したいのが「カッサ」です。一時は話題になったことのアイテムも、使うのが面倒くさい……と眠ったままになってはいませんか。漢方精油と一緒に使うことで簡単にむくみ対策リフトアップ! 正しい使い方を身に着けてみて。


RANKING


>>総合人気ランキング