【間取り編】モチベーションを保つ仕事部屋の作り方とコツ3つ|MY WORK ヒント#90

【間取り編】モチベーションを保つ仕事部屋の作り方とコツ3つ|MY WORK ヒント#90

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第90回目は、働く女性の部屋の作り方についてです。


間取りや家具の配置で変わるモチベーション

リラックスする場所でもある自分の部屋。しかし、働く女性の一人暮らしではどうでしょうか?

実際に私が今まで住んだ部屋は、2K、1LDK、2LDKです。フリーランスなので、家賃は経費と考えて仕事をしやすい環境にしたい!という気持ちが強く、仕事部屋とプライベート部屋を分けることをいつもしています。

とはいえ、働く女性の場合は、自宅で仕事を持ち帰ったり次の仕事の準備をしたりすることもあると思います。会社でも仕事、自分の部屋でも仕事……とダラダラ境目のない状況は避けたいですよね。

そこで、オンとオフをしっかり切り替えるための部屋作りのコツをご紹介したいと思います!

1. 仕事机を必ず作る

まずひとつめは、自分の仕事机を作ることです。床にラグマットをひいて座りながら……より、椅子と机をあえて用意する。できたら、ご飯を食べる場所と分けるとなお良いと思います。

私も、何度か引っ越しをしましたが、仕事や勉強用の机と椅子は必ず置くようにしています。部屋の広さにもよりますが、小さいものでもスペースをとるのは承知です。

しかし、あえて筆記用具やパソコン、本、電卓など仕事や勉強で必要なものしか置かないスペースを作ることで、「ここに座ったら作業をしよう!」とスイッチを切り替えることができます。

近くに本棚を置いて、書類やファイルの管理ができるようにしても快適ですね!

2. 照明の色を分ける

また、仕事机の近くには真っ白な光で明るく照らして、リラックスしたい時にはオレンジの淡い色にするのがオススメ。これを逆にしてしまうと、仕事や勉強をしている時に目が悪くなる原因になったり、優しい雰囲気から眠たくなったりするので注意が必要です(ぼんやり暗い部屋で読書している姿は、なんだかかっこいいですが……!笑)。

私は、部屋が複数あって用途別に分けている時には、仕事スペースはLEDの真っ白な明るい照明をつけて、就寝スペースには小さなキャンドルをつけたり小さなスタンドライトだけにしたりと工夫をしていました。

長時間、文字をみたり画面を見たりすると「目」が疲れてしまうので、照明の色は身体のためにも変えてみてください。

3. 向きを変える

最後は、部屋が複数ない場合や大きなワンルームで部屋作りをしたい場合のコツです。それは、「視界」でオンとオフを作ることです。

仕事机やベット、テレビなど、全体を見渡せる配置になっていると、とにかく気が散ってしまうため、わざと背を向けるような配置にします。例えば、今の私の部屋は、仕事机とベットが同じですが、机を壁側に向けてベットが視界に入らないようにしています(パーテーションで区切るのも◎)。

目に入ると気が散ってしまう可能性があるので、仕事机の本棚にはマンガは置かない。仕事に必要な雑誌だけ置く。そんな工夫も良いでしょう。

多くの時間を過ごす部屋だからこそ……。

ベットとラグ、ご飯を食べる時の机があれば生活できる!……のは確かなのですが、オンとオフがうまくでいないと、効率も下がると思います。

ぜひ、働く女性の部屋作り、工夫してみてくださいね!

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


「生きづらさが原動力という私らしさに気づいて」Webライター山口 恵理香 #フリーランスに生きる

「生きづらさが原動力という私らしさに気づいて」Webライター山口 恵理香 #フリーランスに生きる

『不登校だった私が売れっ子Webライターになれた仕事術』を出版した、フリーランスのWebライター、山口恵理香さん。14歳の頃に経験した不登校と適応障害という過去を全てさらけ出し、「生きづらさ」を原動力としてきた、彼女のこれまでに迫ります。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

社会人1年目、働く女子のお悩みといえばお仕事服の許される・許されない境界線。ばっちり決まったと思っていたコーディネートが実は失敗だったときは、とても恥ずかしいものです。アイテム選びで失敗しないためにはどうすれば良い? 今回は先輩OLさんのお仕事服での失敗談をまとめてみました。


【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第100回目は、小さな習慣を味方につけて継続力を作るヒントを考えます。


最新の投稿


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

「このメールは何を伝えたいのかわからない……」他人から送られてきたメールの意味が理解出来ず、イラっとした経験はありませんか? しかし、そんなわかづらいメールを自分でも送っている可能性があります。相手に伝わるメールのポイントを作り方を知っておきましょう。


なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「脚」について紹介します。


便利すぎてビックリ!働く女性にぴったりの最新・文具アイテム

便利すぎてビックリ!働く女性にぴったりの最新・文具アイテム

「使い勝手が悪い…」「こんな機能のあるアイテムが欲しい」。暮らしの中で「もっと」を求めてしまうことってよくありますよね。今回はCinq取材陣が、文具の最先端をいく『第30回 国際 文具・紙製品展 ISOT(イソット)』で発見した、最新の高機能アイテムをご紹介! これがあればあなたの生活が少し楽になるかも?!


RANKING


>>総合人気ランキング