【間取り編】モチベーションを保つ仕事部屋の作り方とコツ3つ|MY WORK ヒント#90

【間取り編】モチベーションを保つ仕事部屋の作り方とコツ3つ|MY WORK ヒント#90

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第90回目は、働く女性の部屋の作り方についてです。


間取りや家具の配置で変わるモチベーション

リラックスする場所でもある自分の部屋。しかし、働く女性の一人暮らしではどうでしょうか?

実際に私が今まで住んだ部屋は、2K、1LDK、2LDKです。フリーランスなので、家賃は経費と考えて仕事をしやすい環境にしたい!という気持ちが強く、仕事部屋とプライベート部屋を分けることをいつもしています。

とはいえ、働く女性の場合は、自宅で仕事を持ち帰ったり次の仕事の準備をしたりすることもあると思います。会社でも仕事、自分の部屋でも仕事……とダラダラ境目のない状況は避けたいですよね。

そこで、オンとオフをしっかり切り替えるための部屋作りのコツをご紹介したいと思います!

1. 仕事机を必ず作る

まずひとつめは、自分の仕事机を作ることです。床にラグマットをひいて座りながら……より、椅子と机をあえて用意する。できたら、ご飯を食べる場所と分けるとなお良いと思います。

私も、何度か引っ越しをしましたが、仕事や勉強用の机と椅子は必ず置くようにしています。部屋の広さにもよりますが、小さいものでもスペースをとるのは承知です。

しかし、あえて筆記用具やパソコン、本、電卓など仕事や勉強で必要なものしか置かないスペースを作ることで、「ここに座ったら作業をしよう!」とスイッチを切り替えることができます。

近くに本棚を置いて、書類やファイルの管理ができるようにしても快適ですね!

2. 照明の色を分ける

また、仕事机の近くには真っ白な光で明るく照らして、リラックスしたい時にはオレンジの淡い色にするのがオススメ。これを逆にしてしまうと、仕事や勉強をしている時に目が悪くなる原因になったり、優しい雰囲気から眠たくなったりするので注意が必要です(ぼんやり暗い部屋で読書している姿は、なんだかかっこいいですが……!笑)。

私は、部屋が複数あって用途別に分けている時には、仕事スペースはLEDの真っ白な明るい照明をつけて、就寝スペースには小さなキャンドルをつけたり小さなスタンドライトだけにしたりと工夫をしていました。

長時間、文字をみたり画面を見たりすると「目」が疲れてしまうので、照明の色は身体のためにも変えてみてください。

3. 向きを変える

最後は、部屋が複数ない場合や大きなワンルームで部屋作りをしたい場合のコツです。それは、「視界」でオンとオフを作ることです。

仕事机やベット、テレビなど、全体を見渡せる配置になっていると、とにかく気が散ってしまうため、わざと背を向けるような配置にします。例えば、今の私の部屋は、仕事机とベットが同じですが、机を壁側に向けてベットが視界に入らないようにしています(パーテーションで区切るのも◎)。

目に入ると気が散ってしまう可能性があるので、仕事机の本棚にはマンガは置かない。仕事に必要な雑誌だけ置く。そんな工夫も良いでしょう。

多くの時間を過ごす部屋だからこそ……。

ベットとラグ、ご飯を食べる時の机があれば生活できる!……のは確かなのですが、オンとオフがうまくでいないと、効率も下がると思います。

ぜひ、働く女性の部屋作り、工夫してみてくださいね!

 

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


働き方が変わってはじめて気づいた!努力の方向性が変わった3人のエピソード

働き方が変わってはじめて気づいた!努力の方向性が変わった3人のエピソード

みなさんは今の自分の働き方に対して、納得していますか? 本当はこうなりたいけど、自分にはできないし……なんて思いを募らせている方もいらっしゃるかもしれません。けれど実際に働く環境が変わることによって見えることもあります。今回は3つのエピソードを元にご紹介。


「いきなり決まった退職、有給消化も認めてもらえず…」#これってハラスメントですか?!

「いきなり決まった退職、有給消化も認めてもらえず…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は急な退職、有給消化も認められないと言われた人のお話です。


「夢は近づくと目標に変わる」ウーマンダイアローグ #38

「夢は近づくと目標に変わる」ウーマンダイアローグ #38

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、声優・ナレーターの葵井歌菜さん。アニメやバラエティー番組はもちろん、映画の吹き替えや舞台などでも幅広く活躍されていらっしゃる素敵な女性です。


仕事での信頼度が高まる!ロジカルプレゼン力を高めよう

仕事での信頼度が高まる!ロジカルプレゼン力を高めよう

物事を上手に話せるようになりたい!そうすれば、仕事もスムーズにいくし、周りの信頼度も高まっていく。発信上手になるためのロジカルプレゼン力を高めよう!


フリーランスのリスクは⁈ 「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察

フリーランスのリスクは⁈ 「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察

組織に縛られず、自分の力で生きていきたい。フリーランスという働き方に憧れる人は多いものです。けれど、そうしてフリーになった人の中には「フリーランスから会社員に戻りたい」と希望される人も多くいらっしゃいます。今回は、キャリアアドバイザーが「フリーランスから会社員に戻った人たち」を考察。フリーランスのリスクを伝えます。


最新の投稿


メイクは肌で決まる!肌タイプに合ったファンデ選びのコツとオススメドラコス

メイクは肌で決まる!肌タイプに合ったファンデ選びのコツとオススメドラコス

誰もが抱えるベースメイクの悩み。プロの視点で見た時、その失敗の原因に当たるほとんどが「ファンデの選び方」にあるのだそう。では、ファンデーション選びに失敗しないためにはどんなポイントを抑えておくべきなのでしょうか? ファンデの選び方に関するコツと、春に使いたいおすすめアイテムをご紹介します。


働き方が変わってはじめて気づいた!努力の方向性が変わった3人のエピソード

働き方が変わってはじめて気づいた!努力の方向性が変わった3人のエピソード

みなさんは今の自分の働き方に対して、納得していますか? 本当はこうなりたいけど、自分にはできないし……なんて思いを募らせている方もいらっしゃるかもしれません。けれど実際に働く環境が変わることによって見えることもあります。今回は3つのエピソードを元にご紹介。


お知らせが届く!?元カレに新しい彼女ができたかどうか見極める方法

お知らせが届く!?元カレに新しい彼女ができたかどうか見極める方法

できれば元カレよりも幸せになりたいけれど…そういうわけにもいかず、ある日ふと「あれ?新しい彼女ができたのかも?」と感じる瞬間がありませんか?根拠のない勝手な勘が一番当たるのかも!?


「いきなり決まった退職、有給消化も認めてもらえず…」#これってハラスメントですか?!

「いきなり決まった退職、有給消化も認めてもらえず…」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は急な退職、有給消化も認められないと言われた人のお話です。


「夢は近づくと目標に変わる」ウーマンダイアローグ #38

「夢は近づくと目標に変わる」ウーマンダイアローグ #38

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、声優・ナレーターの葵井歌菜さん。アニメやバラエティー番組はもちろん、映画の吹き替えや舞台などでも幅広く活躍されていらっしゃる素敵な女性です。


RANKING


>>総合人気ランキング