【アクセス編】駅近は家賃が高くなるけど…。働く女性が住む場所はどこがイイ?|MY WORK ヒント#91

【アクセス編】駅近は家賃が高くなるけど…。働く女性が住む場所はどこがイイ?|MY WORK ヒント#91

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第91回目は、働く女性が住む場所についてです。


どこに拠点を置くのが効率的……?

働きながら一人暮らしをする時、どこに拠点を置いたら良いのか迷うと思います。

そんな私も、いざ引越しをする!となれば、いろんな不動産屋さんに資料を取り寄せたり、物件の見学も積極的にしたりしますが、「物件」以外でも周辺アクセスや生活環境のチェックは入念にするようにしています。

そこで、今回は私が経験したエピソードを交えながら、仕事効率が上がる拠点の見つけ方をご紹介したいと思います。

1. 徒歩◯分より、使える駅の数を重視

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今まで3つの物件に住み替えた経験がある私ですが、どの物件もアクセスに関してこだわりがありました。それは、「複数の駅が使えること」です。

「〇〇駅から徒歩5分」などで検索すると、駅チカ物件が出てきますが、個人的な意見ではひとつの駅にこだわるより、複数使える方が便利だと思います。

たとえ、ひとつの駅からは15分かかる物件だったとしても、「〇〇駅と〇〇駅も、徒歩15分で使用可能」と記載がある物件の方がオススメということです。

働き方によっても異なると思いますが、その日によって向かう方面がいつも同じとは限りませんよね。3つぐらいの方面に不便がなく行ける場所を探すと、ストレスなく待ち合わせ場所に行くことができます。

ちなみに、今住んでいる場所は、3つの駅を利用できる範囲で、バス停も方面ごとに複数あり、周りにはタクシーがよく通ります。交通手段をひとつに絞るのではなく、自由に変更できる柔軟さが気に入っています。

2. 中心部すぎると、逆に不便な時もある

もうひとつのポイントは、中心部より少しだけずれていた方が便利な時もあります。

「働きながら一人暮らし」と言うと、とにかく便利な場所!アクセス重視!と言う気持ちも分かるのですが、前に住んでいてた物件がまさに“ソレ”でした。

とにかく駅チカで、交通量も多く、どこに行くにも便利。文句のないアクセス場所だったにも関わらず、一点だけ不便なことがありました。それは、「普通の生活」がしずらいことです。

かなりの駅近くだったため、普通のスーパーマーケットがなく、デパートや成城石井のみでしか食材を買うことができずに家事がおろそかになってしまう経験をしました。とはいえ、毎日の生活で卵や野菜、魚などを遠く離れた場所で買って帰るのは非現実的です(結果、外食や出前などが多くなると言う状態に……)。

エンゲル係数が上がるのと同時に、自分の健康管理がしにくくなるのを実感したので、アクセスが良いだけにこだわらず、周辺に家事に必要なのはものが揃うお店があるのか調べるのも大切なことだと思います。

気になる物件ができたらお散歩しよう!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

物件の見学はもちろんのことですが、周辺環境のことは自分で入念にしてみてください。

実際に、駅から物件まで歩いてみるとどのくらいなのか?タクシーは通るのか?
周辺のお店の営業時間はどのくらいで、何が揃うのか。

ちょっとの事前リサーチで、住んだ後のストレスが減ります。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

この記事のライター

★ブログにも遊びにきてね★
https://harako.jp

関連する投稿


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

「自分らしく働きたい」先行き不安なご時世だからこそ、こう思う方も多いのではないでしょうか。しかしフリーランスになるためには何から始めたらいいの?と分からないことだらけ…という声も耳にします。そこで今回はフリーランス3年目、元OLの筆者が実際にフリーランスを志してから始めた3つのことをご紹介します。


今のうちに学んでおきたい! これからのテレワーク時代に必要なスキルって

今のうちに学んでおきたい! これからのテレワーク時代に必要なスキルって

テレワークを導入する企業が増えたことにより、ビジネス環境に大きな変化をもたらしました。その影響によりスキルアップしたい内容にも変化がでてきています。今学ぶならどんなスキルが良いのか考えていきます。


最新の投稿


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


転職回数は何回まで許される? 転職に関する質問をキャリアアドバイザーが答える

転職回数は何回まで許される? 転職に関する質問をキャリアアドバイザーが答える

今回はキャリアアドバイザーが「面談時に転職者から聞かれることの多い、代表的な質問について」お答えしていきます。転職回数は何回までなら許される? 地方からの応募でも大丈夫? 気になる質問へのアンサーをチェックしていきましょう!


仕事以上にストレス感じる!一緒にいると疲れる友達の特徴

仕事以上にストレス感じる!一緒にいると疲れる友達の特徴

友達と会っている時間は、ストレス解消のひとときになるはずなのに……。自慢話しかしない友人にイライラしていませんか?そのまま我慢し続けるのは、ちょっと無理があるかも。


好きだけど.....彼と別れるべき? 別れるor別れないの判断方法

好きだけど.....彼と別れるべき? 別れるor別れないの判断方法

彼とずっと一緒にいたい。そう思う反面で、心のどこかで「もしかしたら別れたほうがいいのかな?」と自問自答することはありませんか?内なる自分から警告のサインが出たら、ぜひじっくりと彼との関係を見直して。


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング