みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

みんながやるから自分もやる? ルールや習慣を一度疑ってみる|MY WORK ヒント#96

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第96回目は、ルールや習慣に捉われない生き方について考えます。


当たり前のようにあるルールや習慣の謎

突然ですが、ルールや習慣には従いますか?それとも自分のペースで行動しますか?
「小さなことにも疑問を持とう」という言葉は、よく聞くフレーズですが、まさに日頃の生活に対して疑問を持つと“自分らしい”生き方のヒントに繋がると私は思います。

例えば、フリーランスの視点から考えてみると、お昼休憩の時間が決まっていることや制服があること、休日は自分で決められないこと、などもひとつの疑問に感じます。以前、「GWはどこかに行く予定がありますか?」と聞かれたことがありましたが、本音としては皆んなが休みで行動すると予測される日に何か計画を立てるより、ずらして休んだ方がゆっくりと過ごせるので、毎年仕事をしていることが多いです。

また、カフェなどで記事を書いていると、12時〜13時の間はゾロゾロゾロ〜〜とランチに行列ができる光景を見ます。13時を過ぎたころ、サーっと人混みが減って行く。もちろん、お昼休憩なのは理解できるのですが、果たしてそれは「当たり前のルール」なのでしょうか?

みんながやるから、を疑ってみよう

もちろん、仕事の休憩時間や休日などを自分で決めることができない、会社が決めているんだ!と言う気持ちは分かります。しかし、しかし!あえて言います。それを選んでいるのは、自分自身です。

決して、それらの雇用形態がいけないと言うわけではなく、それを選んでいるのは自分であることに気づいてほしいのです。

フリーランスではなくても、リモートワークを推奨している企業もありますし、同じ業種でも服装自由を採用している企業もあります。また、土日祝日休みではなくシフト制の企業もあるかもしれません。

逆に、フリーランスでも、毎日の出勤場所が欲しいと言う理由で、レンタルオフィスを借りている友人もいます。これは、本人が望んで働き方を決めていますよね。

そう、「一般的にこれが普通だ」「〜だから仕方がない」を一度疑い、本当にしてみたいライフスタイルを探してみると、新しい自分のやりたいことが見つかるかもしれないと言うのが、私の提案です。

自分のリズムを崩すところから始めよう!

土日はのんびり過ごしたい。月曜日は、一週間の始まりだ!と、曜日で自分の感覚を作るのもひとつの方法です。しかし、それは決してあなたの「義務」ではありません。

たまには、土日に勉強をしてみる。月曜日から、リラックスしてみる。
お腹が空いていないなら、無理に12時の昼休憩を取らない……。など、ルーティンを崩してみてください。

本当は、眠っているあなたの欲求が目覚めるかもしれません。

 

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

心を落ち着かせながら、一杯ずつコーヒーを入れる楽しさをお届けします。今回は、自宅でドリップコーヒーを淹れる時に必要なキットについてです。


水の流れが運気を変える? ストレスケアを有効にするルーティーン

水の流れが運気を変える? ストレスケアを有効にするルーティーン

日々、ストレスを感じながら生きている私たち。逆にストレスを全く感じずに生きている人は、いないハズです。 そんな、どこにでもあるストレスを緩和させるためには、ちょっとした決まりごとを決めて対策するのが有効。今日からできるので、トライしてみては?


「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、契約社員から正社員になる相談を受けた人のお話です。


最新の投稿


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング