紫外線が強く、肌が揺らぎやすい季節にあったスキンケアアイテム【日焼け止め編】

紫外線が強く、肌が揺らぎやすい季節にあったスキンケアアイテム【日焼け止め編】

スキンケアはその季節にあったものを使用するのがベスト。 5月のスキンケアのポイントは洗顔と紫外線防止対策です。 そこで、紫外線が急上昇するこの時期にぴったりな日焼け止めを3つご紹介します。


5月という月は、紫外線の量が急上昇する時期です。
これから紫外線の量もさらに増え、強さもどんどんと強くなっていきますから、いまのうちから紫外線を浴びないよう、対策していくことが必要です。

「PA」と「SPF」ってなに?

突然ですが、皆さんは「PA」や「SPF」などという表記について疑問を持ったことはないでしょうか?
これは日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標です。

PAはUVA(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安で、+が多くなるほどUVAが高くなります。
PA+  …紫外線防御効果がある
PA++  …紫外線防御効果がかなりある
PA+++ …紫外線防御効果が非常にある
PA++++…紫外線防御効果が極めて高い

そしてもう一つ、SPFの表記についてです。これはUVB(紫外線B波)を防ぐ効果を表す指標で、SPF1を25分だとすると
SPF10…約4時間10分日焼け止め効果が期待できる
SPF20…約8時間20分日焼け止め効果が期待できる
SPF50…約20時間50分日焼け止め効果が期待できる
という時間も表しています。

UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の違い

UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の違いについても知っておきましょう。

UVA(紫外線A波)……一般的に日中で浴びる紫外線をUVA(紫外線A波)といいます。届く距離(波長)も長く、窓ガラスなども関係なく透過して肌に届くため、生活紫外線とも呼ばれています。これによっていきなり肌が日焼けすることはありませんが、徐々に肌に紫外線ダメージを与えてくるものです。

UVB(紫外線B波)……届く距離(波長)が短いのがUVB(紫外線B波)。プールや野外フェスなどのイベントで「焼けた」と実感することの多いのがこのUVBです。赤く炎症して肌にメラニンをつくらせ、シミなどの原因にもなります。

つまり「PA」の+の数と「SPA○○」の数字だけで日焼け止めを選ぶのではなく、どこにいくか、どれくらいの時間防御効果を求めるかで日焼け止めを使い分けるのが大切なのです。それをまず伝えた上で、オススメの日焼け止めを3種類紹介します。なにが自分に必要なのか? を考えながら、購入するアイテムを選んでくださいね。

オススメの日焼け止め3つ

オールライトサンスクリーンクリーム SPF18 PA+

紫外線やブルーライトからも守ってくれる『酸化セリウム』を使用した日焼け止め。
通常の一般的な日焼け止めに含まれている紫外線吸収剤や酸化チタン、酸化亜鉛が不使用で肌にやさしい使用感。
化粧下地にも使用でき肌のトーンがワントーン上がるため、「肌がキレイ!」と褒められることも増えるかも!?

毎日のお出かけや仕事にぴったりの日焼け止めです。

オールライトサンスクリーンクリーム SPF18 PA+
amritara(アムリターラ)
40g/4,104円(税込)

パーフェクトUVミルク プロテクション SPF50+ PA++++/Shinn Pure'te(シンピュルレ)

ここぞ! というイベント時に身につけておきたいのはこちらのUVミルク。

100%天然由来の全身に使えるUVミルクなのに、なんと最高レベルのSPF。
クランベリー種子油やエーデルワイス花・葉エキスなど、美容成分がたっぷりで肌負担も軽いのが魅力。
スーッとみずみずしく軽やかなつけ心地で、仕上がりはサラサラ。
白浮きもしないのも嬉しいポイントです。

パーフェクトUVミルク プロテクション SPF50+ PA++++
Shinn Pure'te(シンピュルレ)
30mL/4,104円(税込)

オーガニック サン ペースト SPF50

実は近年、年間36万トンもの日焼け止めクリームが海へと流れているといわれているのをご存知でしたか?その海へ流れ出た化学成分が、海の生態系に少なからず悪影響を及ぼしているといわれているほど。だからこそ、人間の肌にも環境にもやさしい日焼け止めを使用したいですよね。
そんな創設者の思いから生まれたマンダは、オーガニック素材だけでつくられているのが魅力。
さらに再生可能なバンブーパッケージもおしゃれ。

こちらも長時間のお出かけにオススメです。

オーガニック サン ペースト SPF50
MANDA(マンダ)
40g/3,996円(税込)

紫外線防止アイテムも必須

日焼け止めを塗り忘れることの多いパーツは「こめかみ」「耳」「顎の下」「うなじ」

日焼け止めを塗るときに忘れてしまいがちなのは、こめかみの部分や耳、そして顎の下とうなじ、髪の毛の生え際です。
いつもは、顔の中心だけ塗っておけばいいと思っている人も多いかもしれませんが、上記の部分は塗り忘れが多い部分。忘れずに塗っておきましょう。

また日焼け止めはもちろんですが、紫外線を浴びないように努力することも大切です。
日傘や帽子、サングラスをかけることも忘れずに!
これから迎える季節を楽しむためにも、紫外線防止策をしっかりと対策しておいてくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

Kupono Beauty代表。ビューティ―&ファッションライター・エディター、美容商材やプログラムの開発コンサル

関連する投稿


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


ジルスチュアート ビューティー秋の新色は全て真珠の粉末入り、上品なツヤで特別な自分に

ジルスチュアート ビューティー秋の新色は全て真珠の粉末入り、上品なツヤで特別な自分に

“真珠”にインスパイアされたジルスチュアート ビューティー 秋の新作は、いつの時代にもピュアな美しさを与えてくれる魅力的なラインナップ。気になる新作の全貌を、一足先にチェックして。


【美尻を作る】垂れ尻さよなら。ぷりっと上向きヒップの作り方

【美尻を作る】垂れ尻さよなら。ぷりっと上向きヒップの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「お尻ケア」について紹介します。


最新の投稿


「嫌味」な人にはなりたくない! 印象美人ならではの会話術

「嫌味」な人にはなりたくない! 印象美人ならではの会話術

気付かないうちに人を不快にさせる言葉をつかっていませんか? 人に失礼のないよう、明るく話しやすい印象をつけて、スムーズな人間関係を構築しましょう!


【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

【働く女子のお疲れ救助メシ】栄養満点! 夏に食べたい時短レシピ集

蒸し暑い季節は、まるで太陽に元気が吸い取られているかのように、体力を使います。少し歩くだけもヘトヘトに……。そんなお疲れな働き女子を救済するため、簡単に作れて栄養満点のレシピをご紹介! しっかり食べて、夏を乗り切りましょう!


やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

やる意味なかったかも…?時間を使ってやってみたけど効果がなかった営業活動2つ|MY WORK ヒント#98

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第98回目は、時間をかけて行動したり工夫したりしたけれど、効果がなかった営業についてご紹介します。


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


RANKING


>>総合人気ランキング