72時間以内がカギ! うっかり日焼けをなかったことにするアフターケア

72時間以内がカギ! うっかり日焼けをなかったことにするアフターケア

紫外線量のピークでもある4月〜8月。連休で日焼けをしてしまった方も多いのではないでしょうか? ダメージを受けた肌にはしっかりとしたアフターケアを。


4〜8月は紫外線量がピークになる時期。でも、仕事や家事に追われているとついつい日焼け止めを塗り忘れてしまうことも。また、対策をしていても、紫外線を浴び続けた肌は少なからずダメージを受けています。
UVケアは対策ももちろん大事ですが、アフターケアで差がつきます。紫外線が気になる今、正しいアフターケア方法を身につけて! 

紫外線を浴びたあとは 72時間がタイムリミット

「紫外線は老化の原因のひとつ」といわれているくらい、肌に大きな影響をもたらします。例えば、シミやシワ、たるみ、炎症など。シミの原因となるメラニンの生成は日焼け後の72時間にされるので、アフターケアを72時間以内に行うかどうかが肌の運命を大きく変えることに! つまり、3日以内に正しいアフターケアをすればうっかり日焼けをなかったことにできるというわけです。

冷やして火照った肌をクールダウン

日焼けをしたあとの肌はかなりダメージを受けていて、炎症を起こしている状態。適当に美白アイテムを使うなどの自己流ケアは余計に肌を傷めることに繋がるので、正しいケアとアイテムを使っていきましょう。

アフターケアでまずすることは、冷たいタオルを肌にあててクールダウンさせること。日焼けをした肌は火傷と同じ状態なので、火照りをとるために冷やします。タオルを優しくあてて肌のお手当を。

脱水症状の肌に潤いチャージ

クリニーク モイスチャー サージ ハイドレーティング ローション 200ml ¥5800

冷やしたあとに行うべきは、潤い補給。日焼けしたあとの肌は脱水症状を起こしていて砂漠のようにカラッカラになっているので、肌の内側までスーッと浸透して保湿できるアイテムの投入を! 
イチオシは、「クリニーク」の化粧水。乳酸桿菌発酵液を含んだとろみのある化粧水をなじませれば、肌の内側からふっくらしっとり。日焼け後のアフターケアでは3度づけ、もしくはコットンパックをして、これでもか! というくらい肌に潤いを与えて。

カラダの内側から透明感を引き出す ビタミンCの摂取を

リポ カプセル ビタミンC 30包入り ¥7200

抗酸化作用があり、メラニンの過剰な生成を抑制できるので白肌ケアに欠かせないビタミンC。アフターケアには、ビタミンCを摂取してカラダの内側からアプローチを。日焼けしたその日だけ飲むのではなく、短くても1週間は毎日飲み続けて! 
ただ、ビタミンCは口から摂取しても吸収されにくいので、アイテム選びがカギになります。私が実際に飲んで効果があると感じたのが「リポ・カプセル」。その名のとおりリポソーム化されているので体内に吸収されやすい! 
私も、周りの編集やライターさんたちも「これを飲み続けたら肌がワントーン明るくなった」と実感中。
効果抜群なぶん味はマズイので、オレンジジュースや炭酸水と一緒に飲むのがおすすめです。

美白ケアアイテムで シミのもとを撃退! 

HAKU メラノシールド マスク(医薬部外品) 30ml×1枚入り ¥1500
ポーラ ホワイトショット RXS(医薬部外品) 50g ¥12000
アルビオン ジュイール ホワイト ファーミングセラム(医薬部外品) 200g ¥4000

肌の赤みが引いて炎症が落ち着いたら、やっと美白ケアアイテムの出番! 肌に蓄積した紫外線ダメージを軽くして、未来の肌にシミができてしまわないよう、美白ケアアイテムでメラニンの生成を抑えて対策しましょう。サプリメントと同様、数日だけ使うのではなく、最低でも1か月は美白ケアアイテムを毎日取り入れて。

スキンケアには、「POLA」の新作のクリームを。POLAのホワイトショットシリーズは、肌が明るくなって透明感がグンと増すので、ちょっとお高くてもその価値は十分にあり! 頬やこめかみなどシミができやすい部分にはちょっと厚めに塗ると◎。

スペシャルケアには「HAKU」のシートマスクがイチオシ。シートが顔の上下でわかれていて、特にシミができやすい頬〜こめかみにマスクが重なるようになっているので、集中的にケアできます。私は一昨年や去年、沖縄や伊豆の海でたっぷり陽射しを浴びたけど、このHAKUのシートマスクを使ったおかげで肌の白さを保てました! 

そして、顔だけでなくボディも。「アルビオン」のボディセラムは、メラニンの生成を抑えられるうえ、ひんやり感が夏肌に気持ちいい♡ 

うっかり日焼けから肌を救うには、72時間以内が勝負。紫外線対策もアフターケアも行って、夏を思いっきり楽しみましょ♡ 

この記事のライター

美容家/美容ライター
#美金、#ゆいコスの提唱者。プチプラからデパコスまで、実際に試して本当に良かったコスメだけを紹介。

関連する投稿


ハンサムなこなれ感が魅力! カーキとブラウンでつくる秋メイク

ハンサムなこなれ感が魅力! カーキとブラウンでつくる秋メイク

この秋はイメージを一新して、カーキを取り入れたトレンドメイクにチャレンジしてみてはいかが? 深いカラーのお洋服にも絶妙にマッチする、こなれ感のあるメイクHOW TOをご紹介。


“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディや、ついケアが怠りがちな細かなパーツにまで手をかけている女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、「二重あご防止法」について紹介します。


スーッと長い美脚を目指して。足のむくみをスッキリさせてくれるアイテム3つ

スーッと長い美脚を目指して。足のむくみをスッキリさせてくれるアイテム3つ

まだまだ冷房の中にいる9月。冷房の中でデスクワークを続けているとどうしても足のむくみが気になりませんか? そんな足のむくみは、毎日のケアが必要になってきます。休憩時間や帰宅時を利用して、すっきりとむくみを流してあげましょう。そこでむくみケアにオススメなアイテムを3つご紹介します。


【ルナソル秋コレクション】囲み目なのに上品!ピンクパープルで作る華やか顔

【ルナソル秋コレクション】囲み目なのに上品!ピンクパープルで作る華やか顔

ルナソルの2019年秋コレクションは、鮮やかな発色が光を解き放つようにきらめくアイシャドウ「アイカラーレーション」と、マットな質感にグロスを重ねることで、2パターンの印象を自由自在に変えられる「ドレスフォーリップス」を要チェック。注目の2アイテムを取り入れた上品な大人顔を作って。


疲れが取れないアラサー世代…健康のために気を付けたいちょこっと習慣は?

疲れが取れないアラサー世代…健康のために気を付けたいちょこっと習慣は?

アラサーにもなると疲れが取れなかったり、体調を崩しやすくなったりと、今まで気にすることのなかった“不調”に気づくことが増えてきます。健康的な生活をしている人はイキイキもしていてお肌もキレイ、心も豊かに過ごしています。そこで今回は、アラサーになってから気をつけたい健康であるためのポイントをご紹介します。


最新の投稿


ハンサムなこなれ感が魅力! カーキとブラウンでつくる秋メイク

ハンサムなこなれ感が魅力! カーキとブラウンでつくる秋メイク

この秋はイメージを一新して、カーキを取り入れたトレンドメイクにチャレンジしてみてはいかが? 深いカラーのお洋服にも絶妙にマッチする、こなれ感のあるメイクHOW TOをご紹介。


外派?or 中派?セルフプレジャー入門HowTo|真っ赤な濡れオンナ#102

外派?or 中派?セルフプレジャー入門HowTo|真っ赤な濡れオンナ#102

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第102回目は、女性がひとりで性欲を満たすことへの抵抗感について考えます。


スマートにプレゼントを贈る!“ソーシャルギフト”ってどんなサービス?

スマートにプレゼントを贈る!“ソーシャルギフト”ってどんなサービス?

職場の人や友人にちょっとしたプレゼントを贈りたいけど、いつも会う人でなければ、住所がわからない…。そんなときに活用したいのがソーシャルギフトです。コンビニで使えるものから特別な日に贈るようなアイテムまでSNSを通じて簡単にプレゼントが贈ることができるのです。


ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

ベッドの上で楽々ストレッチ! 寝起きとおやすみ前の寝転びヨガ

朝は眠いし、夜は寝つきが悪い……。コンディションがイマイチな働き女子にオススメなのが、ベッドの上で寝転びながらストレッチができる簡単ヨガ。寝る前と寝起きに5分ずつ使うことで心も身体もリフレッシュが叶います♡ 読者プレゼントもあるので最後まで見てくださいね♪


“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

“二重あご”を防止&撃退! すっきり小顔になるメイク法&エクササイズ

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディや、ついケアが怠りがちな細かなパーツにまで手をかけている女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、「二重あご防止法」について紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング