72時間以内がカギ! うっかり日焼けをなかったことにするアフターケア

72時間以内がカギ! うっかり日焼けをなかったことにするアフターケア

紫外線量のピークでもある4月〜8月。連休で日焼けをしてしまった方も多いのではないでしょうか? ダメージを受けた肌にはしっかりとしたアフターケアを。


4〜8月は紫外線量がピークになる時期。でも、仕事や家事に追われているとついつい日焼け止めを塗り忘れてしまうことも。また、対策をしていても、紫外線を浴び続けた肌は少なからずダメージを受けています。
UVケアは対策ももちろん大事ですが、アフターケアで差がつきます。紫外線が気になる今、正しいアフターケア方法を身につけて! 

紫外線を浴びたあとは 72時間がタイムリミット

「紫外線は老化の原因のひとつ」といわれているくらい、肌に大きな影響をもたらします。例えば、シミやシワ、たるみ、炎症など。シミの原因となるメラニンの生成は日焼け後の72時間にされるので、アフターケアを72時間以内に行うかどうかが肌の運命を大きく変えることに! つまり、3日以内に正しいアフターケアをすればうっかり日焼けをなかったことにできるというわけです。

冷やして火照った肌をクールダウン

日焼けをしたあとの肌はかなりダメージを受けていて、炎症を起こしている状態。適当に美白アイテムを使うなどの自己流ケアは余計に肌を傷めることに繋がるので、正しいケアとアイテムを使っていきましょう。

アフターケアでまずすることは、冷たいタオルを肌にあててクールダウンさせること。日焼けをした肌は火傷と同じ状態なので、火照りをとるために冷やします。タオルを優しくあてて肌のお手当を。

脱水症状の肌に潤いチャージ

クリニーク モイスチャー サージ ハイドレーティング ローション 200ml ¥5800

冷やしたあとに行うべきは、潤い補給。日焼けしたあとの肌は脱水症状を起こしていて砂漠のようにカラッカラになっているので、肌の内側までスーッと浸透して保湿できるアイテムの投入を! 
イチオシは、「クリニーク」の化粧水。乳酸桿菌発酵液を含んだとろみのある化粧水をなじませれば、肌の内側からふっくらしっとり。日焼け後のアフターケアでは3度づけ、もしくはコットンパックをして、これでもか! というくらい肌に潤いを与えて。

カラダの内側から透明感を引き出す ビタミンCの摂取を

リポ カプセル ビタミンC 30包入り ¥7200

抗酸化作用があり、メラニンの過剰な生成を抑制できるので白肌ケアに欠かせないビタミンC。アフターケアには、ビタミンCを摂取してカラダの内側からアプローチを。日焼けしたその日だけ飲むのではなく、短くても1週間は毎日飲み続けて! 
ただ、ビタミンCは口から摂取しても吸収されにくいので、アイテム選びがカギになります。私が実際に飲んで効果があると感じたのが「リポ・カプセル」。その名のとおりリポソーム化されているので体内に吸収されやすい! 
私も、周りの編集やライターさんたちも「これを飲み続けたら肌がワントーン明るくなった」と実感中。
効果抜群なぶん味はマズイので、オレンジジュースや炭酸水と一緒に飲むのがおすすめです。

美白ケアアイテムで シミのもとを撃退! 

HAKU メラノシールド マスク(医薬部外品) 30ml×1枚入り ¥1500
ポーラ ホワイトショット RXS(医薬部外品) 50g ¥12000
アルビオン ジュイール ホワイト ファーミングセラム(医薬部外品) 200g ¥4000

肌の赤みが引いて炎症が落ち着いたら、やっと美白ケアアイテムの出番! 肌に蓄積した紫外線ダメージを軽くして、未来の肌にシミができてしまわないよう、美白ケアアイテムでメラニンの生成を抑えて対策しましょう。サプリメントと同様、数日だけ使うのではなく、最低でも1か月は美白ケアアイテムを毎日取り入れて。

スキンケアには、「POLA」の新作のクリームを。POLAのホワイトショットシリーズは、肌が明るくなって透明感がグンと増すので、ちょっとお高くてもその価値は十分にあり! 頬やこめかみなどシミができやすい部分にはちょっと厚めに塗ると◎。

スペシャルケアには「HAKU」のシートマスクがイチオシ。シートが顔の上下でわかれていて、特にシミができやすい頬〜こめかみにマスクが重なるようになっているので、集中的にケアできます。私は一昨年や去年、沖縄や伊豆の海でたっぷり陽射しを浴びたけど、このHAKUのシートマスクを使ったおかげで肌の白さを保てました! 

そして、顔だけでなくボディも。「アルビオン」のボディセラムは、メラニンの生成を抑えられるうえ、ひんやり感が夏肌に気持ちいい♡ 

うっかり日焼けから肌を救うには、72時間以内が勝負。紫外線対策もアフターケアも行って、夏を思いっきり楽しみましょ♡ 




この記事のライター

美容家/美容ライター
#美金、#ゆいコスの提唱者。プチプラからデパコスまで、実際に試して本当に良かったコスメだけを紹介。

関連する投稿


幸福度がアップ!?華やかな香りに満たされるハンドクリーム3つ

幸福度がアップ!?華やかな香りに満たされるハンドクリーム3つ

いつも時間に追われてはいませんか?バタバタとした中で癒されたいと感じる人も多いのではないでしょうか? そんな頑張る女性にぴったりな、香りに癒されるハンドクリームを3つご紹介します。


毛穴もザラザラも一掃! 触れたくなるなめらかなピュア肌のつくりかた

毛穴もザラザラも一掃! 触れたくなるなめらかなピュア肌のつくりかた

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行いキレイに仕上げておきたいところ。ボディや、ついケアが怠りがちな細かなパーツにまで手をかけている女性こそが真の美人といえると思います。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「肌のザラつき対策法」を紹介します。


毛穴悩みは永遠?!集中的に毛穴ケアできるアイテム3つ

毛穴悩みは永遠?!集中的に毛穴ケアできるアイテム3つ

肌悩みの中でも毛穴問題はどの年齢でも気になる模様。 スキンケアを効率的にするためにも、毛穴をキレイにケアすることは美肌への近道です。そこで今回は毛穴の集中ケアにオススメなアイテムを3つご紹介します。


“老化”を恐れずに楽しむ。変わりゆく私にどう対応すべき?

“老化”を恐れずに楽しむ。変わりゆく私にどう対応すべき?

ある朝、鏡を見たら「老けている」と感じた...。日に日に訪れる、老化に対して不安や恐れが拭いきれないときに考えたいこと。


【ストレスで肌がくすむ⁈】35歳になって変わった、女優 平山あやさんのスキンケア事情

【ストレスで肌がくすむ⁈】35歳になって変わった、女優 平山あやさんのスキンケア事情

都内で行われた美容液ブランドの「scerscin(スケルスキン)」の新商品「リッチモイスチャーセラム」の発表記念イベントのスペシャルゲストに女優の平山あやさんが登壇。大の美容好きである平山さんの最近のスキンケア事情についてチェックしていきましょう。


最新の投稿


あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

日々、さまざまなストレスにさらされて生きている私たち。 そんな中で、ストレスが負担になりやすい人にはある特徴があるのをご存知でしたか?そこで今回は、ストレスが負担になりやすい人の特徴を3つご紹介します。


仕事もダイエットも!ウィルパワー(意志力)マネジメントで目標達成へ #話題書籍に学ぶ

仕事もダイエットも!ウィルパワー(意志力)マネジメントで目標達成へ #話題書籍に学ぶ

「ウィルパワー」という言葉を聞いたことはありますか? ウィルパワーとは簡単にいうと“意志力”のことを指します。簡単に言うと、目標に向かって集中できることのできる力、のことです。ダイエットにも仕事にも、何かを成し遂げたいという目標がある方にはこの“意志力”が欠かせません。


覚えてもらえないのは影が薄いから? 初めましてでも名前を覚えてもらえる人になる方法

覚えてもらえないのは影が薄いから? 初めましてでも名前を覚えてもらえる人になる方法

名前を簡単に覚えられる人と、覚えられない人の違いは一体ナニ? 今回は、挨拶や自己紹介の時に、しっかりと自分を「覚えてもらう」ための色々を紹介します。


せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

せっかく取得するなら活用しなきゃ損。資格を生かしたエピソード|MY WORK ヒント#3

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第3回目は、資格を活かすためにどのような工夫をしたら良いのか、実体験を元にご紹介したいと思います。


変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

変化を前向きに捉えよう!働き方改革による「女性のキャリア」変化とは

ここ数年、女性の活躍を推進するという動きが活発になりました。「女性活躍推進法(正式名称:女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)」が2016年4月に施行されてから、実際に女性のキャリアはどう変化したのでしょうか。変化を前向きに捉えるために、考えていきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング