何事にも理由がある! 上司に好かれる部下が、無意識に実践している言葉遣い

何事にも理由がある! 上司に好かれる部下が、無意識に実践している言葉遣い

仕事で何かトラブルがあった時に、自分のフォローをしてくれるのは上司しかいません。親しい距離になっていて損はない存在です。今回は、上司ウケの良い部下が、知らずに使っている「言葉遣い」について紹介。あなたも上司に好かれる部下になって、より良い関係を作りましょう。


上司ウケが悪くて、損することはない!

あなたは上司との関係がうまくいっていますか?
普段はあまり関わりがなかったとしても、たとえ上司のことが好きではなかったとしても、いざという時には頼りになる存在が上司でもあります。部下の成長をしっかりと見届け、何かあった時は責任をとる…それがマネジメントを任されている上司の役割なのです。

けれど上司も人間、人によって好き嫌いがある場合もあります。もちろん部下を皆平等に扱うことができればベストですが、それができないこともあるのが本音ではないでしょうか。
いざという時に自分に協力的になってくれる上司を持っていて損はありません。今回は、上司に好かれる部下が、無意識に実践している言葉遣いについて、ご紹介したいと思います。

褒める・おだてるにも種類がある

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

目上の立場の人に好かれたい時、もっとも使いやすい方法としては「相手の長所を見つけて褒める」ことです。自分の行いを他人に認められて、気持ち良い・嬉しくないと感じる人は少ないからです。

けれど、中には「褒められると、まるで媚びているように見えて気持ち悪い」と言う方もいらっしゃるかもしれません。実際に、指摘されたことがある人もいらっしゃるかもしれませんね。けれど、皆さんは、自分の行いを褒めてもらえて「ウザい」「いやだ」と感じたことはありますか?

わざとらしい褒め方がなんとなく鼻についた時に「心地が悪い」と感じる可能性が高いのではないでしょうか。実は、多くの人が褒め方を間違えているのです。そこで今回、紹介したいのが「Iメッセージ」というテクニックです。
自分は普段、どのように相手を褒めているか確認してみましょう。まずはNG例から紹介します。

どこか上目線な「Youメッセージ」

「Iメッセージ」の逆が「Youメッセージ」です。
相手を主語においた話し方のことです。たとえば、上司の仕事ぶりに驚いた時、皆さんならそれをどう伝えますか?

「◯◯さんは仕事が早いですね」

これだけ聞くと、特に問題はないように聞こえるかもしれません。けれど、これがNG例であるYouメッセージなのです。
まず、上司が自分より優れているのは当然のことだと思ってください。自分の部下に仕事ぶりを褒められたとしても「当たり前だろう」と思いませんか? 上司のことを評価しているような、上目線の発言に聞こえてしまうのです。これがYouメッセージがNGな理由です。

具体性のない「Weメッセージ」

では、報告をするように相手を褒める
「みんなが、〇〇さんは仕事が早いって言っていましたよ」という褒め方はどうでしょうか?
これを言われると、まるで多くの人から自分が評価されているように感じ、素直に「嬉しい」と受け取ってくれる上司もいるかもしれません。けれど、これも正解とは言えません。
なぜなら、「みんな」が「誰とだれ」を指しているのかがわからず、ぼんやりとしているからです。

「ありがとう」と答えられるとは思いますが、あくまで誰かの意見を自分が代弁しただけに見えてしまうので、“媚び”だと感じてしまう人もいます。

自分の意思で相手を尊重する「Iメッセージ」

では、これをIメッセージにするとどうなるでしょうか?
Iは自分のことを指します。つまり「自分がどう思っているか」を相手に伝えれば良いだけなのです。

「私は、◯◯さんみたいに、仕事が早くこなせる人になりたい」

こう相手に伝えるのが、Iメッセージです。自分が尊敬していることはもちろん、尊敬している理由が具体的にメッセージに込められていますよね。たとえぶっきらぼうに返答をされたとしても、実際に言われて「心地が悪い」と感じる人は少ないはずです。

感謝の気持ちを伝えるのもGOOD

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もう一つは、素直に感謝を伝えることです。
これは上司に限らずですが「ありがとう」や「ごめんなさい」が自然と使える人は、人から好かれる傾向にあります。

自分に協力的になってくれる上司に、「いつも的確なアドバイスをありがとうございます」と口にするようにしましょう。やってもらえることが当たり前ではありません。
「ありがとうございます、ありがとうございます」と何回も繰り返し使うのはいただけませんが、ここだ! という場面で、感謝の気持ちを伝えることはとても大事なことです。

自分の言葉で、感謝と尊敬の意思を伝えること

いかがでしたか?
「お酒の席を誘われた時に断らない」というのも、上司から好かれる手段かもしれません。上司との接点が増えるのは間違いない事実だからです。
けれど、付き合いが多い・少ないに限らず、このような話し方はとても効果的です。日頃からの会話で違和感を感じないことが、上司とのコミュニケーションは増やしてくれるはずです。「言葉遣いがしっかりしているから安心できる」と評価されることもあります。
ぜひ、丁寧な言葉選びを意識してみてください。相手の立場になってみると、きっとよくわかるはず。

ポイントは、自分の言葉で相手に伝えることです。ぜひ実践してみてくださいね。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第93回目は、仕事で使うメッセージについてです。


こんな上司にイエローカード! 嫌われる上司・好かれる上司

こんな上司にイエローカード! 嫌われる上司・好かれる上司

仕事はたくさんあるのに、人員は足りないし、給料は低い。 不満もいっぱいありつつ頑張って仕事してるのに、なんで上司にまでこんなに気を遣わなきゃいけないの? 嫌われる上司と好かれる上司のパターンについてご紹介します。


頑張っているのに認めてもらえない……。会社で評価される人とは?

頑張っているのに認めてもらえない……。会社で評価される人とは?

周囲の環境はどんどん変わっていくいくのに、なぜか自分だけは、人に認めてもらえない。そんな人は「なぜ自分だけが?」と気になることでしょう。その場合は、もしかしたら周囲へのアピール方法を変える必要あるかも知れません。今回は、人に評価されるコツについてご紹介します。


信頼できる人が自然に身につけている3つの「配りもの」とは

信頼できる人が自然に身につけている3つの「配りもの」とは

安心感があったり信頼できると感じる人は、私たちが意識していないところで自然と3つの「配り物」をしています。後輩から「信頼されたい」「頼りにされたい」と思っている方は、ぜひこの3つの配りものについて意識してみてください。


こんな話し方は信用をなくす! ビジネスシーンでのNG表現

こんな話し方は信用をなくす! ビジネスシーンでのNG表現

ビジネスシーン欠かせない「信頼」。これを勝ち取るためにもっとも大切なものが説得力です。頼りない、胡散臭い、こんなマイナス印象がついてしまうと、なかなか物事をスムーズに進めることができません。では、どんな表現に気をつければいいのでしょうか? 今回はビジネスシーンでのNG表現についてお話します。


最新の投稿


MDNA SKINからの贈り物、数量限定5周年キットの全貌

MDNA SKINからの贈り物、数量限定5周年キットの全貌

マドンナがプロデュースするスキンケアブランド「MDNA SKIN」が、5周年を迎えた記念に、限定キットを発売。話題のクロームクレイマスクをはじめとする、限定キットの全貌をご紹介。


イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

イライラを上手に回避!怒りをコントロールする「アンガーマネジメント」

「怒り」はもっともコントロールが難しい感情です。それゆえに「怒りっぽい自分」をどうにかしたいと頭を悩ませている方もいいのではないでしょうか? 今回は、怒りという感情をコントロールするのに効果的なアンガーマネジメントをご紹介します。


想像で理想の未来を引き寄せる!夢を叶えるためのビジョンボードのつくり方

想像で理想の未来を引き寄せる!夢を叶えるためのビジョンボードのつくり方

ビジョンボードとは、なりたい私や叶える夢を表すもの。今は想像の世界だけど「絶対に叶う」と信じ続けていれば、いつかはきっと現実になりますよ♩


「夢の準備はいつはじめてもいい」|#つくるを選ぶ 【女性起業家 咲嬉(さき)】

「夢の準備はいつはじめてもいい」|#つくるを選ぶ 【女性起業家 咲嬉(さき)】

15歳から芸能界という世界で活躍してきた咲嬉さん(旧:瀬戸早妃)が、会社を設立し、アパレル・セレクトショップ「mon trésor」を立ち上げました。コンセプトは“身につけることによって人生がより華やかに、心が前向きになれるお洋服”。その着想とブランドに込めた思いを聞きました。


【ワンフレーズ英会話 vol.10】映画で英語を学ぶ。学びに繋がるおすすめの洋画

【ワンフレーズ英会話 vol.10】映画で英語を学ぶ。学びに繋がるおすすめの洋画

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキング・ホリデー協会のKOTAROがお届け。今回は、英語の勉強に使えるおすすめの洋画についてです。


RANKING


>>総合人気ランキング