はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

社会人1年目、働く女子のお悩みといえばお仕事服の許される・許されない境界線。ばっちり決まったと思っていたコーディネートが実は失敗だったときは、とても恥ずかしいものです。アイテム選びで失敗しないためにはどうすれば良い? 今回は先輩OLさんのお仕事服での失敗談をまとめてみました。


社会人1年目。ようやく毎日の洋服選びがスムーズに進むようになってきた……と思いきやお仕事服での失敗は思いがけないところで起こるものです。バッチリ決まった! と気合十分に家を出たにも関わらず、アイテム選びに失敗することは誰にでもあるもの。今回は、アイテム選びで失敗をしないように、先輩OLさんのお仕事服での失敗談を紹介していきます。

お仕事服の失敗エピソード

社内イベントはあらかじめチェックしておいて!

私服通勤の会社に勤めていた頃、会社全体の焼肉大会が開催される日に、間違えて白いトップスを着て行ってしまった。周りをみたら黒いトップスの人ばかりで「やってしまった!」と思った。

【ゆいさん/33歳/カウンセラー(当時は公務員)】

ブラ紐が見える洋服は要注意

オフィスカジュアルが規定の会社で、黒のトップスを着ていったのですが、肩が広めに開いている洋服だったのでブラ紐が見えてしまっていたらしい……! 先輩に「ブラ紐が見えてるよ」って教えてもらってから、急いでインナーを買いに走りました!(汗)

【Yさん/24歳/事務員】

外出が多い日のスカートは避けるべし

外出が多い日にチュールのスカートをはいて行ったら、ビル風にやたれてスカートがめくれ上がってしまって恥ずかしい思いをしました……。次からは外出はパンツにしようと誓いました!

【可奈さん/25歳/営業アシスタント】

タイトスカートを履くときは、響かない下着を

タイトスカートを履いていったら、生地が薄めだったからか、照明に当たっときにうっすらとお尻のラインが…! やってしまったと思った瞬間でした。

【はなさん/30歳/営業職】

新しいジャケットをおろすときは、全体的にチェックを

私の話ではなく、新しく入社してきた女の子の話なのですが、ある時ジャケットを見たら、後ろに仕付け糸がついたままになっていました。
「糸が付いたままになってるよ」って教えると「これって切るものなんですか?!」って、ビックリしました! 

【那月/38歳/管理職】

手元にボリュームのある洋服は、しっかり腕まくりを

手元にボリュームのある洋服を着て行ったら、書類に手を付いた瞬間手元が真っ黒に…!このままじゃ仕事終わりの飲み会も行けない! 急いで洋服を買いに行きました!

【さえさん/32歳/契約社員】

小物の組み合わせは変えられない! 家をでる前に全身のチェックを

バッグと靴のコーディネートがガチャガチャになってしまってテンションが上がらない1日が続いた……。

【AYAさん/27歳/金融】

全身チェックを入念に! 思いがけない仕事服での失敗にドキッ!

いかがでしたか?
先輩OLさんのドキッとしたお仕事服での失敗エピソード。

インナー選びやTPOなど、意外なシーンで「ミスった!」と気づくことは多いものです。家をでる前には明るい場所で、後ろ姿までしっかりとチェックを。あとで指摘されて恥ずかしい思いをすることのないように万全に備えていきましょう!

イラスト:fujii miho






この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


最新の投稿


明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

20代社員が「上司の指示が伝わりづらい」と悩む事は意外と多いです。そのなかでも上司に対して特に不満を感じるのが「指示が曖昧で分かりづらい」こと。上司の方にも言い分はあるでしょうが、指示が伝わらなければ、結局お互いに困るため、業務がスムーズに進むように工夫が必要です!今回はそんな時の対処法を紹介します。


嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

飲み会に「気が乗らない」「時間とお金の無駄」と感じる人が増えているようです。かつては職場の飲み会は円滑に仕事を進めるための潤滑剤だと思われていましたが、今は家族や趣味、自分の時間を大切にしたい人が増えています。とはいえ断り方がまずいと、上司からの評価が下がってしまうかも…自然な断り方をマスターしましょう!


彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

男女の友情は存在するという人もいるけど、実際、彼氏が女の子もいるグループで旅行に行くってどうなんでしょうか?正直、いい気分はしないけど、心が狭いって思われるのもイヤという女性が多いはず!彼氏の行動のモヤモヤどこまで我慢するべきなのでしょうか?


『美人なのに残念…』なぜかモテないの女性の特徴とは?

『美人なのに残念…』なぜかモテないの女性の特徴とは?

なぜか美人なのに非モテの女性がいませんか?同性から見ても羨ましいような美人なのに、なぜか彼氏ができない、男性が近寄ってこないのは何か理由があるはずですね。ムダ美人にならないように、自分に当てはまるところがないかチェックしてみましょう!


可愛くないのにモテるのは何故?『ブスモテ子』の恋愛テクとは?

可愛くないのにモテるのは何故?『ブスモテ子』の恋愛テクとは?

けっして美人じゃないのに、なぜかモテる女子って職場に1人はいませんか?女性には分からないブスモテの理由はなんでしょうか?男性にしか分からない彼女たちの魅力を知れば、自分もモテ女子になれるかもしれませんよ!


RANKING


>>総合人気ランキング