男性社員が多い社内での振る舞いは? 男社会で仕事をする女性の覚悟と心構え

男性社員が多い社内での振る舞いは? 男社会で仕事をする女性の覚悟と心構え

建設業や製造業などは男性が多い仕事ですが、「ドボジョ(土木女子)」という言葉もあるように、男社会に飛び込む女性は増えています。しかし女性を受け入れる環境が整っていない会社もあり、悩む人が多いのも事実です。そこで元ドボジョの私が、男社会で生きる女性の悩みや覚悟、仕事を続ける心がまえについてお伝えしていきます。


男社会で仕事をする女性の悩み

男社会で働く女性のなかには、女社会とは違った以下のような悩みを持っていることも。

・育休や生理休暇がとりにくい
・言葉のセクハラ
・女性を迎える環境が整っていない
・女性がお茶くみをする

福利厚生が整っている大きな企業であれば、女性への理解も進んでおり、悩みは比較的少ないでしょう。ですが、まだまだ体制が整っていない企業があるのも事実です。

例えば産休や育休、生理休暇などがとりづらく、それを許さないような雰囲気があるところも。さらには女性用の更衣室がないなど、女性のための設備が整っていないこともあります。

女性が男社会に飛び込む理由

「この仕事がしたい!性別は関係ない!」という思いで、男社会に飛び込む人もいます。しかし女性同士の悪口や妬みなど、人間関係に苦い思い出があり、男社会を選ぶ女性も少なくありません。

理由はさまざまですが、彼女たちは「男性ばかりの環境のなかで強く生きていこう」と覚悟してこの世界に飛び込んでいます。今、建設業や製造業の職につくため勉強している学生さんだって、学校を選ぶときに決意したはずです。

ですがその覚悟がないままでは、お仕事を長く続けているうちにつらくなる時期がやってくるかもしれません。

男社会で長く仕事をするための心がまえ

女性同士の人間関係が苦手で男社会を選ぶ人も少なくありませんが、その理由だけでは、過ごしにくいと感じてしまうことも。ここからは男社会で女性が長く仕事をするコツをご紹介するので、参考にしてくださいね。

あいまいな説明はしない

「○○な感じで」というようにイメージで説明する人もいますが、男社会ではトラブルの元。あいまいな説明でも女性同士なら察知できますが、男性相手では伝わらないからです。

例えば仕事の進捗状況を報告するときは、「ほぼ完了しています」よりも「1~9まで完了していて、残りは10です」と、数字を使って説明しましょう。より詳細に伝えることで、誤解や行き違いを防げます。

男性相手でも素の自分を出す

男社会で働いているものの、男性と打ち解けるのが苦手だという女性も。それと同じで、男性が「こちらから話しかけてもいいのかな?」と気にしているケースもあります。

だからこそ会社の飲み会やイベントでは、素の自分を出して話しかけてみましょう。業務時間外だからこそ話せる話題で盛り上がれば、心の距離もぐっと近くなるはずです。ちょっとコワモテのとっつきにくい上司とだって、話せるようになりますよ。

ほかの部署との交流も深めておく

ご紹介した女性の悩みのなかには、休暇の取りにくさやセクハラなどがありました。しかし女性が少ないことから、周りに相談できずにいることも……。

そんなときの対策として、身近な人だけでなく、ほかの部署や人事部との繋がりをもっておくことをおすすめします。同じ部署でトラブルがあったときも、他部署の信頼できる人がサポートしてくれるでしょう。

「女性らしさ」より調和を

「女性だから」というような“らしさ”を全面に押し出すのではなく、フラットな人間関係を築くことを意識しておきましょう。そうしていても、男性が多い職場では無意識に女性を「女性扱い」をするものです。それは気遣いでもあるため、拒否することはできません。

男女という性別の区切りだけでなく、戦力として認めてもらえるように、まずは男社会のルールにのっとった振る舞いを。

この記事のライター

広島県在住。ライター。恋愛・美容・ビジネス系記事を中心に執筆中。

関連するキーワード


女性 仕事 男社会

関連する投稿


完璧主義だからこそ失敗を許せない。ダメな自分を認められるようになるには?

完璧主義だからこそ失敗を許せない。ダメな自分を認められるようになるには?

人は完璧ではいられない。それは頭でわかっているのに、どうしても自分のダメな部分を認めることができない……。今回は完璧主義者さんにオススメするダメな自分を受け入れるヒントをご紹介。


ミスして立ち直れない…。凹んだ気持ちをリカバーする方法

ミスして立ち直れない…。凹んだ気持ちをリカバーする方法

やっちゃったぁ〜!仕事でミスしたとき、アナタはどんな風に気持ちをリカバーする?


つまらない仕事も悪いばかりじゃない!仕事を楽しくさせるコツ♡

つまらない仕事も悪いばかりじゃない!仕事を楽しくさせるコツ♡

どんなに仕事にも必ず意味はある。せっかくやるなら、楽しみながら仕事をしよう!


実は法則がある!効果的なクレーム対応方法とは

実は法則がある!効果的なクレーム対応方法とは

人と関わる機会が多い人ほど、頻繁に遭遇しやすいクレーム。 避けて通ることはできないからこそ、せめてクレームが怖くない!と思えるくらい対処が上手くできれば嬉しいですよね。そこで今回は、クレーム対応が苦手な方のためのハウツーテクニックをご紹介いたします。


才能、育ててる?凡人な私でもデキる才能の育て方

才能、育ててる?凡人な私でもデキる才能の育て方

私には才能が無いなんて、思ってない?才能は一握りの人間に与えられるものではなく、〇〇次第で磨かれて行く!アナタの中にある才能の育て方をご紹介します。


最新の投稿


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

好意を寄せられていると思っていたら、実は彼には彼女がいた……。自分の気持ちを利用されると、さすがに腹が立ちますよね。思わせぶりな態度をとる男性には注意しましょう。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はアイティオール 井上真樹さんです。


OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

「自分らしく働きたい」先行き不安なご時世だからこそ、こう思う方も多いのではないでしょうか。しかしフリーランスになるためには何から始めたらいいの?と分からないことだらけ…という声も耳にします。そこで今回はフリーランス3年目、元OLの筆者が実際にフリーランスを志してから始めた3つのことをご紹介します。


転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職活動の手伝いをするキャリアアドバイザーという仕事をしていると、ようやく獲得した内定を辞退せざるを得ない…という残念な状況に陥ることが何度かありました。それが「嫁ブロック」とも呼ばれる家族からの反対です。そこで今回は、転職を家族に反対されないために、事前に話しておくべきことについてお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング