おうちをパワースポットに!人生がひらいていくお部屋づくり



おうちのパワースポット化計画♡

神社やお寺に行って運気を上げるのも大切ですが、毎日暮らしているおうちをパワースポットにできたら、なんて素敵でしょう♩

一歩入るだけで仕事のメールがきたり、友人からお誘いがきたり。今すぐお部屋を大幅に改造できなくても、少しずつ工夫をしていれば、空気も整ってくるはず。今回は、人生がひらいていくお部屋づくりをご紹介します。

パワースポットにするためのお部屋作りのコツ♩

筆者が実際に経験してきたこと、それから知り合いの占い師さん、占いについて勉強している知人・友人から聞いたノウハウを皆様にも少しおすそ分けします♩

1.オシャレ重視ではなく好きなものを置く

以前に、ある占い師さんが「オシャレな部屋を目指すのではなく、自分の好きなものを置くのが一番です」と、おっしゃっていました。

どうしてもオシャレな部屋を作ろうと意気込んでしまいますが、たしかに大切なのは、自分のお気に入りのものに囲まれながら暮らすことですよね。筆者も昔からキャラクターが好きで、お部屋の中は、とてもおしゃれとは言えない状況。でも暮らしていて心地よいから、このままでいいのだと思えた瞬間でした。

2.植物やお花を定期的に招待してあげる

仕事部屋を借りた後、しばらく空気が悪く、少し困っていました。そこで大きめのオリーブの木(観葉植物)を家に置きはじめたのです。不思議なくらいに居心地がよくなり、植物やお花のポジティブなエネルギーを感じるようになりました。お財布とも相談しながら、定期的に観葉植物やお花を招待してあげましょう。

3.1日に数回、空気の入れ替えをする

ある番組を観ていたときのこと。職人さんに密着する番組でしたが、よく見てみると机の向こう側に貼り紙があり、そこには「2時間おきに換気をする」と書いてあったのです。おそらく塗料を使うからだろうなとは思いましたが、お部屋にずっといると、たしかに空気がこもるときがあります。頭が動かなくなってきたら、窓を開け、新鮮な空気を部屋の中に入れましょう。

4.玄関にドアベルをつける

玄関にドアベルを設置すると、空気の滞りが解消されると風水ではいわれているそうです。
知り合いの占い師さんにそう教えていただいて、調べてみると……。最近では、賃貸物件でも設置できるようにと、マグネットタイプのドアベルも売っていました。実際に購入しましたが、まったく傷つけずに設置できるので大変便利です。

ただし、大きめのドアベルを買ってしまうと「騒音」と勘違いされる可能性もありますから、あくまでも小ぶりのものを選び、ドアを開けるときも、そっと開けた方がいいかも♩

5.アートボードを飾る

最近はお手頃なアートボードもたくさん販売されています。お部屋の中にアートがあるだけで、全体が引き締まります。先日も、とある場所で、ハイブランドのヴィンテージポスターを取り扱っているお店を見つけました。アートは眺めているだけでも、ワクワクしてきますし、ポジティブな空気も流れている気がします。

コツコツと居心地のいい空間に変えていく

今日の明日で、お部屋をすぐにパワースポットにはできません。毎月の予算も限られていますから、あくまでも無理のない範囲で、自分のお気に入りのものと出会い、お部屋に招待してあげればいいのです。

あとは毎日、掃除をしたり、水回りもキレイにしたり、お部屋が喜んでくれるようにお手入れも忘れず。おうち=パワースポットのような暮らし方になったら、さらに人生が充実しそうですね♩