【お金の使い方】働く女子20代のうちにお金をかけておくべきこと

【お金の使い方】働く女子20代のうちにお金をかけておくべきこと

貯金をしたいと思っていても、無理な節約はストレスになるだけではなく、働くモチベーションにもなりません。大切なのはお金の使い方。かけるべきものにはきちんとかけて、必要のないお金を減らすことことです。働く女子が20代のうちにお金をかけておくべきこととは一体……?


かけるべきものに、きちんとお金を使うのがオトナ

社会人になると、自分が働いた成果がそのまま給与に反映されることもあり、「お金」に対する興味が増していきます。20代半ばを超えてからは特に。ライフステージが変わる友人が増えることにより、なおさらお金に対しての焦りを感じるようになるのです。

会社から支払われる給料の中から余ったお金を毎月コツコツと貯金していき、預金額が1000万円を達成する人もいれば、反対に貯金はゼロのまま、自分の好きなように使っていく人も。お金に関する価値観は人それぞれ。

けれど、結婚や出産、老後など、将来に対して安心感を求める人の場合、多少なりとも貯金はしておきたいものです。とはいえ無理な節約はストレスになるだけではなく、働くモチベーションにもなりませんよね。
大切なのはお金をかけるべきものにはきちんとかけていくことです。“貯める”と“使う”のバランスを上手にとって、良いお金の使い方を身につけましょう。

美容代

年齢を重ねていくと、お肌の状態や体型のたるみなど、これまでには気にならなかったことが気になるようになります。ただ、美容に使えるお金には限りがあるため、どれにお金をかけるかは厳選しなくてはなりません。

コスメはプチプラでも、基礎化粧品にはお金をかける人もいれば、ネイルには毎月行くけど、美容院は3ヵ月行かないといった、「どの部分でキレイでいたいのか」というこだわりがそれぞれにあるはずです。こだわっている部分にだけはお金をかけてもOK。その代わり自分に合う化粧品やお店に絞るというようにメリハリをつけることです。

興味本位でコロコロと使いどころを変えていては、お金はどんどん飛ぶばかり。
化粧品なら試供品を試すなど、必ず買う前に自分に合うのかをチェックするクセをつけましょう。

毎日使っているアイテム

毎日使っているアイテムは「安いものでいい」と思いがち。

ですが、「コンフォート原則」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
これは、毎日長時間使うものにお金をかければ、満足感を得られる本当に賢いお金の使い方ができるよ、という考え方で、お金を最大限有効活用したい方や、買い物で幸福感をたくさん得たい方のための原則です。

例えばお財布も毎日手にするアイテムですが、良い財布だと良質なレザーや耐久性が高いのも魅力です。すぐに壊れてボロボロになる財布を何度も買い替えるより、良い財布の方が長持ちをして節約になります。

毎日使う定番アイテムは、ちょっとお金をかけても長く使えるアイテムを選ぶようにしましょう。

食事

お金がないと気づいた時、もっとも削りやすいのが食費です。
けれど「ダイエットのためにもなるし」と食事をサラダだけにする、なんて生活を続けていたら、健康だけでなく美容にもマイナス。

偏った食事で体を壊して通院したり、お肌がボロボロになって美容代がはね上がるようでは意味がありません。おいしい食事からは、肉体的な健康だけでなく、精神的な健康も得られます。食事によって、元気をもらい、それが日々の幸せな生活に直結するのです。

とはいえ毎日外食しても良いわけではなく、自炊でバランスの良い料理を作ったり、食材をオーガニックにするといったお金のかけ方が一番健康的です。働き女子なら食事から作られる栄養を認識し、バランスの良い食事を心がけましょう。

友達との交際費

久しぶりに会った友達とのお茶代や飲み代は、ケチらずに楽しみたいところ。

みんなが注文しているのに、節約を優先して場の空気を壊すような行動は、大人のマナーとしても人間関係としても問題があります。「ケチ」という印象を与えてしまうと、お誘いがどんどん減ってしまかも。多すぎる交際費はもちろん見直すべきですが、たまにしか会えない親友との時間は大切にしましょう。

また、お金持ちは交際費にお金をかけている人が多いと言われています。

結婚式や誕生日などパーティーにはできるだけ顔を出そうとするため出費はありますが、その分有益な情報を貰ったり、逆に相手に食事代を出してもらったりと持ちつ持たれつの関係を築きます。交友関係は人生における大きな財産ですので、大切にしましょう。

経験

旅行やセミナー、習い事といった“モノ”としては残らないけど、経験として残る“コト”にもケチらず出費をしたいものです。なぜなら経験や知的財産は、かけがえのない記憶として残るから。特に長距離の旅行は、お金だけでなく体力が必要になることもあるため、若いうちにしかできないことでもあります。

最近では「モノよりもコトの時代」と言われており、「商品の所有」という目に見える価値よりも、
「その商品やサービスを購入したことで得られる体験」という目には見えない価値を重視するのが働く女性を中心に多くなってきています。

たくさんのことを経験して、人としての経験値である魅力を深めていきましょう。

あなたがお金をかけたいものって?

限られたお金の中でやりくりをしなければないので、散財しているだけではいけません。お金の使い方には工夫が必要なのです。大切なのは、しっかり緩急をつけてお金を使うようにすること。

自分が重要視する部分にはしっかりお金をかけるのに対して、あまり重要視しない部分にはほとんどお金をかけないといった「価値観を明確化」が賢いお金の使い方です。

貯金が上手な人はお金の使い方も上手。あなたが一番にお金をかけたいものは何ですか?

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


マネー 貯金

関連する投稿


ストレスがある人はお小遣いが少ないって知ってた? 女性の支出傾向を調査

ストレスがある人はお小遣いが少ないって知ってた? 女性の支出傾向を調査

世の女性は働いて貯めたお金を一体何に使っているのでしょうか? 調査データを元に調べてみると、ストレスが高い人と低い人ではお金の使い方に違いがあるのだとか。今回は、女性のお金の使い方をチェックしていきましょう。


どちらも悪くはないけれど…女友達とお金の価値観が違うと感じてしまう瞬間

どちらも悪くはないけれど…女友達とお金の価値観が違うと感じてしまう瞬間

お金の価値観が違うと、たとえ友達同士であっても関係が崩れてしまうもの……。今回は、女友達とお金の価値観が違うと感じてしまう瞬間をご紹介します。


増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

2019年10月から消費税が8%から10%に上がります。今のうちに買いだめや大きなものの購入を済ませようとしている人も多いのではないでしょうか? 中には、消費税が10%にならないものもあります。どんなものが10%にならないのか、今のうちに買っておくべきものは一体なんなのか? しっかり知っておきましょう。


【20代のうちに知っておきたいお金のハナシ】将来必要になる貯金額は?

【20代のうちに知っておきたいお金のハナシ】将来必要になる貯金額は?

生きていくために必要な「時間とお金」について深く考えたことはありますか? 結婚や出産など、自分の理想とするライフプランがあるのであれば、それを実行できるようお金を貯めておくのが堅実です。今後必要になるお金はどれくらいあるのでしょう。


お金が貯まらない!貯金したい女子が改めるべきクレジットカードの使い方

お金が貯まらない!貯金したい女子が改めるべきクレジットカードの使い方

貯金したいのになかなかお金が貯まらない……。そんな悩みを抱えている人は、クレジットカードを使うクセを見直すのが懸命かも。クレジットカードの使いかたを改める方法を紹介。


最新の投稿


「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

親切でやっていたことが実はおせっかいだと相手が感じとってしまうこともあります。自分は良かれと思っていたのが、迷惑だと思われるのは少し悲しいですが、そもそもおせっかいと親切の差とはの何なのでしょうか?


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング