【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


華奢なほどオンナ度が増すデコルテ

男性にはない華奢なデコルテは女性らしさを際立たせるパーツ。鎖骨ラインがしっかり浮き出ていて、さらに白く明るければレフ板効果で顔をパァッと明るく見せてくれます。肌の透明感がグンと増し、シミもシワも目立ちにくくなるほど。
また、最近は肩まで出るデザインのオフショルも流行っているので、デコルテを磨いておけばよりキレイに、オシャレに着こなせます。

でも、デコルテも顔と同じように老けます。ケアをしなければハリがなくなって痩せ細り、たるんでいきます。だから「デコルテは顔の一部」と思って、今日から顔のスキンケアの延長でケアを始めて。デコルテをケアしてこなかった人ほど、きっとすぐにケアの効果が目に見えて分かるはず!

スキンケアついでにマッサージを

理想は毎日、難しければ3日に1回でもやってほしいのが、デコルテのマッサージ。スッとキレイな鎖骨ラインにするために、溜まった老廃物を流します。デコルテからバストまですっきりなめらかなラインになるので、バスト自体の大きさが変わっていなくてもバストが大きく見える効果も! 

肌ラボ® 極潤プレミアム® ヒアルロンオイルジェリー 50g オープン価格
ルネ フルトレール 5 センス オイル 50ml ¥3,600

皮膚が薄いデコルテ部分は赤くなりやすいので、マッサージ前に必ずオイルかバームを塗っておくのが絶対。
つややかなデコルテに見せたいときはオイル、しっとりと潤い感のあるデコルテにしたいときはバーム、と使い分けて。

バームでおすすめは、「肌ラボ」。純度の高い高精製ワセリンやヒアルロン酸配合で、とにかく保湿力が高め。バームだけどベタつかず、潤いの膜をはったようなしっとり肌に。

オイルでおすすめは、「ルネ フルトレール」。さらっと軽やかなオイルなので、マッサージした後に着た洋服に響くこともなく快適。髪にも使えるので手に残ったオイルは毛先になじませるのも◎。

耳裏から首の下まで優しく流す

まずは手を軽くグーにして、耳の裏から首下まで老廃物を押し流します。イタ気持ちいいくらいの力加減がベスト。

鎖骨もやさしくマッサージ

次に、首下まできた老廃物をワキに向かって流すように、チョキで鎖骨を挟んでスライドさせます。指先に力を加えてぐーっと押し流します。左右3回ずつ。

鎖骨下も老廃物が溜まりやすいポイント

鎖骨の下も老廃物が溜まりやすいところ。溜まりすぎるともっこりして固くなってしまうのでしっかり流します。人差し指、中指、薬指の3本で、ワキに向かって押し流したり、くるくると円を描くようにほぐします。左右3回ずつ。

脇の下のリンパを刺激

最後に、リンパが集中するワキの下をギューッとつまんだり揉んだりして刺激します。こうすることでリンパの流れを促し、老廃物が排出され、デコルテがすっきり華奢に♡

デコルテを即キレイに見せるテク

オフショルの洋服を着るときや、イベントでドレスを着るときなど、デコルテを確実にキレイに見せたいときは、ハイライトを塗りこむテクを取り入れて!

セザンヌ パールグロウハイライト 01 ¥600

方法は、ブラシや指でハイライトを鎖骨上に塗るだけ。「セザンヌ」のハイライトはパールがぎっしりで、スポットライトを浴びたようなツヤ感を演出できるので一番おすすめ♪ 

塗っていないとのっぺりしていたデコルテが、ハイライトの効果で見違えるほど鎖骨がくっきりと立体的に! 華奢さが一気に増して、より女性らしいボディラインに近づきます。

デコルテケアで女度アップ

これから夏! ということで、デコルテが見える洋服や水着を着る機会が多くなるはず。デコルテを磨いてオンナ度を上げましょう♡ 

この記事のライター

美容家/美容ライター
#美金、#ゆいコスの提唱者。プチプラからデパコスまで、実際に試して本当に良かったコスメだけを紹介。

関連するキーワード


美容 ボディケア 美金

関連する投稿


もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

美人度を上げる一つの方法は、パーツの「白」を際立たせること。年齢を重ねるにつれてくすみがちな肌、目、歯が白ければ、それだけで透明感が出て、“丁寧にケアをしている人”という印象を与えることができるから。 今回は「肌」「目」「歯」の3点を白くする方法を、おすすめコスメと一緒に紹介します。


なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「脚」について紹介します。


日焼けの火照りにサヨウナラ! ハーブを使った簡単フェイスマスク法

日焼けの火照りにサヨウナラ! ハーブを使った簡単フェイスマスク法

日焼けが気になる晩夏。だけど、日焼けした肌をそのままにしておいて大丈夫? アラサーは20代前半とは違い、新しい肌をつくりにくくなっていますから、日焼けした後には、いつも以上のケアが必要です。そこで今回は美容成分としても使用されているハーブを使用したフェイスマスク法をご紹介します。


大きさよりも、形と質感! マシュマロおっぱいの作り方

大きさよりも、形と質感! マシュマロおっぱいの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「バスト」について紹介します。


夏はシャワーだけではNG⁉︎ 実は気になる体の「冷え」対策アイテム

夏はシャワーだけではNG⁉︎ 実は気になる体の「冷え」対策アイテム

暑い夏には湯船に浸かって体を温める行為は、避けてしまいたいと思ってしまいますよね。しかし、暑い夏こそ実は、体が冷えやすい時期。毎日のバスタイムをシャワーで済ませるだけではいけません。 そこでゆっくりと湯船に浸かりたいと思える、アイテムをご紹介します。


最新の投稿


忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しい日々を送る毎日。常にやることが頭の中にあるとストレスが溜まってしまいますよね。だけど頑張りすぎてしまうと、モチベーションも下がり、体も疲労してしまって逆効果かもしれません。そんな時は、自然の力を利用して生活を見直してみてはいかが?


【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は缶詰を使ったレシピです!すでに調理済みなありがたい缶詰にちょい足しで簡単おいしいラインナップになりました♪


もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

美人度を上げる一つの方法は、パーツの「白」を際立たせること。年齢を重ねるにつれてくすみがちな肌、目、歯が白ければ、それだけで透明感が出て、“丁寧にケアをしている人”という印象を与えることができるから。 今回は「肌」「目」「歯」の3点を白くする方法を、おすすめコスメと一緒に紹介します。


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング