【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


華奢なほどオンナ度が増すデコルテ

男性にはない華奢なデコルテは女性らしさを際立たせるパーツ。鎖骨ラインがしっかり浮き出ていて、さらに白く明るければレフ板効果で顔をパァッと明るく見せてくれます。肌の透明感がグンと増し、シミもシワも目立ちにくくなるほど。
また、最近は肩まで出るデザインのオフショルも流行っているので、デコルテを磨いておけばよりキレイに、オシャレに着こなせます。

でも、デコルテも顔と同じように老けます。ケアをしなければハリがなくなって痩せ細り、たるんでいきます。だから「デコルテは顔の一部」と思って、今日から顔のスキンケアの延長でケアを始めて。デコルテをケアしてこなかった人ほど、きっとすぐにケアの効果が目に見えて分かるはず!

スキンケアついでにマッサージを

理想は毎日、難しければ3日に1回でもやってほしいのが、デコルテのマッサージ。スッとキレイな鎖骨ラインにするために、溜まった老廃物を流します。デコルテからバストまですっきりなめらかなラインになるので、バスト自体の大きさが変わっていなくてもバストが大きく見える効果も! 

肌ラボ® 極潤プレミアム® ヒアルロンオイルジェリー 50g オープン価格
ルネ フルトレール 5 センス オイル 50ml ¥3,600

皮膚が薄いデコルテ部分は赤くなりやすいので、マッサージ前に必ずオイルかバームを塗っておくのが絶対。
つややかなデコルテに見せたいときはオイル、しっとりと潤い感のあるデコルテにしたいときはバーム、と使い分けて。

バームでおすすめは、「肌ラボ」。純度の高い高精製ワセリンやヒアルロン酸配合で、とにかく保湿力が高め。バームだけどベタつかず、潤いの膜をはったようなしっとり肌に。

オイルでおすすめは、「ルネ フルトレール」。さらっと軽やかなオイルなので、マッサージした後に着た洋服に響くこともなく快適。髪にも使えるので手に残ったオイルは毛先になじませるのも◎。

耳裏から首の下まで優しく流す

まずは手を軽くグーにして、耳の裏から首下まで老廃物を押し流します。イタ気持ちいいくらいの力加減がベスト。

鎖骨もやさしくマッサージ

次に、首下まできた老廃物をワキに向かって流すように、チョキで鎖骨を挟んでスライドさせます。指先に力を加えてぐーっと押し流します。左右3回ずつ。

鎖骨下も老廃物が溜まりやすいポイント

鎖骨の下も老廃物が溜まりやすいところ。溜まりすぎるともっこりして固くなってしまうのでしっかり流します。人差し指、中指、薬指の3本で、ワキに向かって押し流したり、くるくると円を描くようにほぐします。左右3回ずつ。

脇の下のリンパを刺激

最後に、リンパが集中するワキの下をギューッとつまんだり揉んだりして刺激します。こうすることでリンパの流れを促し、老廃物が排出され、デコルテがすっきり華奢に♡

デコルテを即キレイに見せるテク

オフショルの洋服を着るときや、イベントでドレスを着るときなど、デコルテを確実にキレイに見せたいときは、ハイライトを塗りこむテクを取り入れて!

セザンヌ パールグロウハイライト 01 ¥600

方法は、ブラシや指でハイライトを鎖骨上に塗るだけ。「セザンヌ」のハイライトはパールがぎっしりで、スポットライトを浴びたようなツヤ感を演出できるので一番おすすめ♪ 

塗っていないとのっぺりしていたデコルテが、ハイライトの効果で見違えるほど鎖骨がくっきりと立体的に! 華奢さが一気に増して、より女性らしいボディラインに近づきます。

デコルテケアで女度アップ

これから夏! ということで、デコルテが見える洋服や水着を着る機会が多くなるはず。デコルテを磨いてオンナ度を上げましょう♡ 

この記事のライター

美容家/美容ライター
#美金、#ゆいコスの提唱者。プチプラからデパコスまで、実際に試して本当に良かったコスメだけを紹介。

関連するキーワード


美容 ボディケア 美金

関連する投稿


首のシワにこそ年齢が表れる! 今すぐ始めたい首元ケア

首のシワにこそ年齢が表れる! 今すぐ始めたい首元ケア

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディや、ついケアが怠りがちな細かなパーツにまで手をかけている女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、年齢が表れる「首のケア」についてです。


メガネの日メイクは“下重心”を意識! リップ主役が好バランス

メガネの日メイクは“下重心”を意識! リップ主役が好バランス

時間がない朝やコンタクトが入れられない疲れ目が気になる時は、メガネの出番。メガネのフレームの色、大きさ、太さによってメイクを変えるのが正解です。メガネというオプションを上手に活かして、映えるメイクを狙いましょ♡


横顔に視線……耳美人になるケア&ピアス(イヤリング)の選び方

横顔に視線……耳美人になるケア&ピアス(イヤリング)の選び方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「耳のケア」と、耳を美しく見せる「ピアス(イヤリング)の選び方」について紹介します。


早く乾いてツヤツヤ髪に! ズボラ女子に教えたいお風呂上がりのドライヤー術

早く乾いてツヤツヤ髪に! ズボラ女子に教えたいお風呂上がりのドライヤー術

髪の毛を洗った後、乾かすのが面倒でダラダラしていませんか? 特に髪の毛が長い女性だと、お風呂上がりのドライヤーは時間がかかって大変ですよね。今回は、髪の毛を乾かすのがめんどくさいズボラ女子のために、美髪アドバイザーの寺村 優太さんに早く乾かすためのドライヤーの使い方について教えて頂きました。


寒暖差に要注意! 肌荒れ、不調…ゆらぎやすい季節に知っておきたい対策

寒暖差に要注意! 肌荒れ、不調…ゆらぎやすい季節に知っておきたい対策

「季節の変わり目に、なぜか肌荒れしてしまう…」そんな人も多いのでは? その原因は寒暖差によるものかもしれません。なぜ寒暖差がお肌に悪いのか。そして寒暖差の対策としてどんなことをすればいいのか? 寒暖差対策について解説していきます。


最新の投稿


【満月編】マインドや美容法も変わる?!月の満ち欠けを味方につけよう!

【満月編】マインドや美容法も変わる?!月の満ち欠けを味方につけよう!

海の海水が満ちたり引いたりするのと同じように、人間の体の水分も、月の引力と少なくとも関係しているのではないかと考えられています。そこで月の満ち欠けを味方につけて、美容法やマインドを取り入れると、ありのままに生きやすいかもしれません。今回は満月の日にオススメの過ごし方をご紹介します。


人材業界16年!キャリアアドバイザーが教える「ブラック企業の見極め方」後編

人材業界16年!キャリアアドバイザーが教える「ブラック企業の見極め方」後編

人材業界に勤めていると、よく「ブラック企業に入らないためにはどうしたら良いのか」という質問をいただきます。そこで今回は、人材業界16年のキャリアアドバイザーが教える“ブラック企業の見極め方”、後編を紹介。ブラック企業に多い特徴も伝えているので、ぜひチェックしてみてくださいね。


【#もちこのパンイチ 25】アボカドを使った食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 25】アボカドを使った食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は、アボカドを使った食パンアレンジです。やわらかくてパンに使いやすいアボカドは栄養もたっぷりでうれしい♪


【“嫉妬”を徹底解明】 嫉妬の利点と男性の嫉妬深さを見破るポイント

【“嫉妬”を徹底解明】 嫉妬の利点と男性の嫉妬深さを見破るポイント

嫉妬というと、ネガティブな印象を受けませんか? けれど実は嫉妬にも多くの利点があります。嫉妬深い人ほど結婚の決断が早い?! 愛情が深くなる⁈ 今回は嫉妬を徹底解明。男性が嫉妬や独占欲を露わにしている時の特徴や対処法を紹介していきます。


大人になると字が下手になる? 美文字が書けるようになるコツ

大人になると字が下手になる? 美文字が書けるようになるコツ

久しぶりに文字を書くと「私、こんなに字が下手っだっけ?!」と自分の字の汚さに驚くことがあります。実は大人になるにつれ、字を書くのが下手になっていくものなのです。大人女子としては、綺麗に文字を書けるようになりたいものですよね。美文字を書けるようになるコツをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング