夏こそ乾燥対策を。この時期必須のスキンケア法とは?



≪この時期の汗には、きちんと対処が必要≫

汗をかきやすいこの時期。

かいてしまった汗をそのままにしておくと、皮脂が酸化してしまい、肌荒れの原因のひとつになってしまう可能性が!
また皮脂残っていると、ニキビや肌の老化の原因にもなりかねません。

さらに汗をかくことで、お肌の皮脂も一緒に失われてしまうため、普段よりも乾燥してしまいやすいのです。

≪具体的にはどう対処したらいい?≫

①たっぷり泡で洗顔

まずはしっかりと、今までの時期よりも多くなってしまっている皮脂を程よく落としてあげることが大切です。

まずはお湯の温度から。
少しひんやりと感じるくらいの温度が、洗顔にはベストです。

続いてはきめ細かい泡で、毛穴汚れや皮脂を落としてあげることが大切です。
なかなか手で泡立てることが難しいので、泡だてネットを使ってみて。
キメ細かな泡を、たっぷりと作りましょう。

さらに顔にのせて馴染ませる時には、摩擦が起きると肌刺激になってしまうので、優しく馴染ませるのを心がけて。
肌に指が触れるか触れないかくらいの感覚で、泡で洗うの正しい洗顔です。

また、乾燥肌の人と脂性肌の人とでは、肌に合う洗顔料が違います。
乾燥肌の方はしっとり系の洗顔料を。
脂性肌の人はさっぱり系の洗顔料を選んでください。

②UVケアを念入りに

日焼け止めはどのようにして塗っていますか?
朝の1度だけ塗って、満足してしまっているかたも多いのではないでしょうか。

実は日焼け止めは汗をかいたり、タオルで拭いたりしてしまうと効果が落ちます。
そのため、こまめに塗り直しすることが、とても重要になってきます。

また紫外線は目からも入ります。
目に入った紫外線に体が反応して、メラニンを生成してしまうのです。
だからこそ、紫外線カットがしっかりと施されたサングラスが必須!

③出た分の水分は補う

体を冷やそうと人間は汗を出しますが、それと一緒に皮脂が洗い流されてしまうことがあります。
そうなると、肌から水分が少なくなり乾燥してしまいがちに。

化粧水→乳液などの油分を含んだスキンケアアイテムを使って、水分を与えてフタをし、お肌の状態を整えてあげるようにしましょう。

≪乾燥を予防するにはまめにケアを≫

夏の乾燥は汗をかきやすいため、特にマメにおこなわなければならないのが手間ですよね。
しかしキレイな人は、マメにお肌のお手入れをしています!

1度老化してしまった肌を、元通りにするのは難しいといわれていますから、今のお肌から下り坂に落ちていかないよう、丁寧なケアを心がけてみてはいかがでしょうか?