「育ちが悪い」にコンプレックスは必要ない! 品良く見せるマナーのコツ

「育ちが悪い」にコンプレックスは必要ない! 品良く見せるマナーのコツ

普段何気なくとっている仕草や行動から「親はどんな教育をしてきたのか」、「育ちが悪い」と冷たい目で見られてしまうことは珍しくありません。普段の行いこそ、人から見られているもの。今回は、品良く見せるためのマナーのコツをご紹介。実際の育ちとは関係なく、品の良さをアピールしちゃいましょう。


「育ちが悪い」認定されるのは日頃の行い

自分が受けてきた教育や、育てられ方に自信が持てず「育ちが悪い」ことをコンプレックスに感じてしまっている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

けれど、周囲の人から「育ちが悪い」「親は一体どんな育て方をしてきたんだ……」等の冷たい目で見られる人の多くは、普段の行いや仕草で自分にネガティブ印象をつけてしまっていることが多いです。育ちの良さは、見た目では測れないもの。

普段からのふるまいに気をつけて、周囲の人や職場で好印象を勝ち取りましょう。今回は、品をよく見せるためのマナーについて紹介していきます。

言葉づかいを綺麗に

友達や私生活においては、砕けた言葉づかいや表現が相手との距離を縮めることもあります。けれど、万人にそれが好まれるわけではありません。特に職場や目上の人、会って間もない相手と会話をする時にはふさわしくないコミュニケーション。距離感を間違えた言葉づかいは失礼に当たります。

イライラしている時や、気分の浮き沈みが激しい時こそ、感情に任せて下品な言葉づかいをしないようご注意を。ビジネスシーンでは特に、大人としてのふるまいや正しい言葉づかいが求められます。日頃からの言葉えらびを意識していきましょう。

態度や姿勢を整える

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

股を開いて座ったり、大きく足を組みながら仕事をする女性が多いですが、これも見た人からすると柄が悪い仕草のひとつです。電車の中で、人の邪魔になっている人も多いですよね。何かに集中している時や忙しい時は、特に自分の行動に気がつかないことが多いです。日頃から、気づいたときには、自分の姿勢を意識するクセをつけておきましょう。

また、大事なときに責任逃れをしたり、立場の弱い人にだけ強気な態度をとるなどの態度もそう。困ったときや余裕のない時ほど、「自分が可愛い」態度は外から透けて見えます。姿勢同様に、日頃の態度や人との向き合い方にも意識してみましょう。

持ち物を整理する

デスクの周りに書類が散らばっていたり、持ち物が汚かったり、バッグの中身が常に溢れかえっているような人は、だらしないという認識をされてしまいます。私生活でもきっと同じなんだろうなあ……と育ちの悪さを言い訳に、許されているのかも。

自分の周りを普段から整頓できていないと、必要なときに必要なものが見つからず紛失してしまったりと悪影響を及ぼしてしまう可能性も。常日頃から、整理整頓を心がけて、気持ちよく過ごせるように意識しましょう。職場など、集団行動を共にする場ではとくに、悪目立ちしてしまいます。

声の大きさに気をつける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

公共の場で大きな声を出していて、注目を浴びたことがある人は注意が必要です。
話す内容がどんなものであったとしても、場をわきまえること、人の会話を邪魔しないのが大人のマナー。悪口や愚痴がヒートアップして声のボリュームが大きくなってしまっている人もよく見かけますが、悪口や愚痴はだれが聞いても良い思いをしません。

たとえ自分ではネガティブ要素のない話だと思っていても、人からするとそうではない場合もあります。公共の場では声の大きさには十分気をつけて、雑談がふさわしくない場ではぐぐっと我慢を。

社会のルールをしっかり守って

一般的な社会のルールを守れない人は、育ちが悪い人と見なされます。
時間を守る、ドタキャンや遅刻の場合は事前に連絡をする、TPOを守る、お礼や謝罪はきちんと伝える。社会人として当たり前のことができていないまま大人と呼ばれるようになってしまった人は意外と多いものです。
けれどこれらの社会のルールは、信用問題にも通じるものがあります。

育ちが悪いと認識される行動は、本人が意識しなくても自然と出てしまうもの。学習レベルの高さやお家柄で決まるものではありません。普段からの行いの積み重ねが大事だということを、忘れずに過ごしていきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

転職活動をすると決まったら、事前準備が欠かせません。これまでの転職コラムでも様々な事前準備についてお話をしてきましたが、肝心なのは準備したものを、面接官に「上手に伝えられること」が前提でした。では、伝えたいことを上手に伝えられるようにするにはどうすればいいのか? 前回お伝えした続きを、紹介していきます。


 美しい所作が武器になる!日本食を頂くときの箸マナー

美しい所作が武器になる!日本食を頂くときの箸マナー

みなさんは箸や日本食を頂くときのマナーに自信はありますか? 意外と箸使いは周りの人に見られているものです。「食べ方には、その人の知性や品格が現れる」と言われており、大人の女性として正しい箸の使い方は、しっかり覚えておいて!


【マネジメント】部下のモチベーションを下げてしまうNGな指導法とは?

【マネジメント】部下のモチベーションを下げてしまうNGな指導法とは?

従業員のモチベーションを高めるために、企業が様々な施策を考えている今ですが、そんな努力も虚しく、逆効果になってしまうケースがあります。それは、アンダーマイニング効果を知らないから。部下や後輩のモチベーションを下げることのない、マネジメントについて学んでいきましょう。


美しい所作が武器になる! お寿司や焼き魚などの和食を食べる時のマナー

美しい所作が武器になる! お寿司や焼き魚などの和食を食べる時のマナー

職場の人と食事に行く時、気になる人とのデートの時など、和食のお店にいくことがあるときに気をつけたいのが、箸づかいなどのマナー。お寿司や、焼き魚など、食べづらいものでも美しく食べられることができると、一目置かれる存在に。今回は和食を食べる時のマナーについて紹介していきたいと思います。


面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」

面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」

転職活動をすると決まったら、事前準備が欠かせません。これまでの転職コラムでも様々な事前準備についてお話をしてきましたが、肝心なのは準備したものを、面接官に「上手に伝えられること」が前提でした。今回は、せっかく準備してきたものを無駄にしないたいよう、伝えたいことを上手に伝えられるようになるコツについても紹介。


最新の投稿


忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しい日々を送る毎日。常にやることが頭の中にあるとストレスが溜まってしまいますよね。だけど頑張りすぎてしまうと、モチベーションも下がり、体も疲労してしまって逆効果かもしれません。そんな時は、自然の力を利用して生活を見直してみてはいかが?


【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は缶詰を使ったレシピです!すでに調理済みなありがたい缶詰にちょい足しで簡単おいしいラインナップになりました♪


もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

美人度を上げる一つの方法は、パーツの「白」を際立たせること。年齢を重ねるにつれてくすみがちな肌、目、歯が白ければ、それだけで透明感が出て、“丁寧にケアをしている人”という印象を与えることができるから。 今回は「肌」「目」「歯」の3点を白くする方法を、おすすめコスメと一緒に紹介します。


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング