「育ちが悪い」にコンプレックスは必要ない! 品良く見せるマナーのコツ

「育ちが悪い」にコンプレックスは必要ない! 品良く見せるマナーのコツ

普段何気なくとっている仕草や行動から「親はどんな教育をしてきたのか」、「育ちが悪い」と冷たい目で見られてしまうことは珍しくありません。普段の行いこそ、人から見られているもの。今回は、品良く見せるためのマナーのコツをご紹介。実際の育ちとは関係なく、品の良さをアピールしちゃいましょう。


「育ちが悪い」認定されるのは日頃の行い

自分が受けてきた教育や、育てられ方に自信が持てず「育ちが悪い」ことをコンプレックスに感じてしまっている方も中にはいらっしゃるかもしれません。

けれど、周囲の人から「育ちが悪い」「親は一体どんな育て方をしてきたんだ……」等の冷たい目で見られる人の多くは、普段の行いや仕草で自分にネガティブ印象をつけてしまっていることが多いです。育ちの良さは、見た目では測れないもの。

普段からのふるまいに気をつけて、周囲の人や職場で好印象を勝ち取りましょう。今回は、品をよく見せるためのマナーについて紹介していきます。

言葉づかいを綺麗に

友達や私生活においては、砕けた言葉づかいや表現が相手との距離を縮めることもあります。けれど、万人にそれが好まれるわけではありません。特に職場や目上の人、会って間もない相手と会話をする時にはふさわしくないコミュニケーション。距離感を間違えた言葉づかいは失礼に当たります。

イライラしている時や、気分の浮き沈みが激しい時こそ、感情に任せて下品な言葉づかいをしないようご注意を。ビジネスシーンでは特に、大人としてのふるまいや正しい言葉づかいが求められます。日頃からの言葉えらびを意識していきましょう。

態度や姿勢を整える

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

股を開いて座ったり、大きく足を組みながら仕事をする女性が多いですが、これも見た人からすると柄が悪い仕草のひとつです。電車の中で、人の邪魔になっている人も多いですよね。何かに集中している時や忙しい時は、特に自分の行動に気がつかないことが多いです。日頃から、気づいたときには、自分の姿勢を意識するクセをつけておきましょう。

また、大事なときに責任逃れをしたり、立場の弱い人にだけ強気な態度をとるなどの態度もそう。困ったときや余裕のない時ほど、「自分が可愛い」態度は外から透けて見えます。姿勢同様に、日頃の態度や人との向き合い方にも意識してみましょう。

持ち物を整理する

デスクの周りに書類が散らばっていたり、持ち物が汚かったり、バッグの中身が常に溢れかえっているような人は、だらしないという認識をされてしまいます。私生活でもきっと同じなんだろうなあ……と育ちの悪さを言い訳に、許されているのかも。

自分の周りを普段から整頓できていないと、必要なときに必要なものが見つからず紛失してしまったりと悪影響を及ぼしてしまう可能性も。常日頃から、整理整頓を心がけて、気持ちよく過ごせるように意識しましょう。職場など、集団行動を共にする場ではとくに、悪目立ちしてしまいます。

声の大きさに気をつける

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

公共の場で大きな声を出していて、注目を浴びたことがある人は注意が必要です。
話す内容がどんなものであったとしても、場をわきまえること、人の会話を邪魔しないのが大人のマナー。悪口や愚痴がヒートアップして声のボリュームが大きくなってしまっている人もよく見かけますが、悪口や愚痴はだれが聞いても良い思いをしません。

たとえ自分ではネガティブ要素のない話だと思っていても、人からするとそうではない場合もあります。公共の場では声の大きさには十分気をつけて、雑談がふさわしくない場ではぐぐっと我慢を。

社会のルールをしっかり守って

一般的な社会のルールを守れない人は、育ちが悪い人と見なされます。
時間を守る、ドタキャンや遅刻の場合は事前に連絡をする、TPOを守る、お礼や謝罪はきちんと伝える。社会人として当たり前のことができていないまま大人と呼ばれるようになってしまった人は意外と多いものです。
けれどこれらの社会のルールは、信用問題にも通じるものがあります。

育ちが悪いと認識される行動は、本人が意識しなくても自然と出てしまうもの。学習レベルの高さやお家柄で決まるものではありません。普段からの行いの積み重ねが大事だということを、忘れずに過ごしていきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


記憶に残る人になりたい。脳内検索にかかる『タグ付け』される人になろう

記憶に残る人になりたい。脳内検索にかかる『タグ付け』される人になろう

たくさん並べた名刺の中に「あれ、この人どこで会ったっけ?」なんて人はいませんか? もしかしたらあなたも相手からそう思われているかも…。せっかく面識があるのなら、相手の記憶に残る人になりたい。そんなあなたに、「記憶に残る人になる」方法をお教えします。


地味にストレス! 職場で起こりがちな、モラルがない言動や態度とは

地味にストレス! 職場で起こりがちな、モラルがない言動や態度とは

集団生活をしている職場だからこそ、小さいマナーや常識の無さがつい目についてしまうことってありますよね。確かにもう顔なじみだし、ある程度の人柄についてはわかっているけど……。「さすがにこれってどうなの?」なかなか注意のし辛い、小さいマナーについて考えてみましょう。


イイ人って言われるけど…それって都合のイイ人?自分の存在意義を見直す

イイ人って言われるけど…それって都合のイイ人?自分の存在意義を見直す

『あなたって本当にいい人!』一見、褒め言葉のようですがその実、言われたほうは何だか釈然としない。『ねぇ、それってアナタにとっての“都合のいい人”?』.......なんていう、はてなマークが浮かんだらアナタの変わりどき!


職場で「NO」と言えない? 大人ならでは仕事の断り方

職場で「NO」と言えない? 大人ならでは仕事の断り方

やならければいけないことがあっても、仕事をお願いされるとつい引き受けてしまう。断ると嫌な人って思われそう、なんて不安を抱いている人いませんか? 時にはきちんと拒否をすることも大切。相手に嫌な思いをさせない断り方を身につけましょう。


最新の投稿


婚活疲れしているあなたへ ~「運命の出会い」を考える~

婚活疲れしているあなたへ ~「運命の出会い」を考える~

前向きに婚活しているにも関わらず、結婚につながる出会いがない…! と、いつの間にか婚活疲れしていませんか? 今回は「出会い」についてを見直したいと思います。


グローバルな”できる女”は違う!他と圧倒的差をつけるために必要なものとは?

グローバルな”できる女”は違う!他と圧倒的差をつけるために必要なものとは?

いくら仕事ができて、器量があったとしても、他の人と圧倒的な差をつけるにはどうしたらいいだろうか。今後グローバルな“できる女”に必要なのは、まだまだ日本では広く浸透しきっていない世界の知識です。徹底的に研究して、オリンピックまでに“できる女”として周囲との差を広げてみては?


自分の機嫌は自分でとる。 幸せマインドを作る「トップダウン思考」

自分の機嫌は自分でとる。 幸せマインドを作る「トップダウン思考」

平凡を「退屈」だと感じるか「幸せ」だと感じるかは自分次第。幸せを感知するためのマインドを自分で作り、幸福度の高い毎日を過ごしましょう。


翌朝のベース違う! クリスマス前に仕込むスペシャルなスキンケア&ボディケア

翌朝のベース違う! クリスマス前に仕込むスペシャルなスキンケア&ボディケア

彼とのデートを控えている人、必見♡ クリスマスに向けてやるべきスペシャルなスキンケア、ボディケアを紹介します。


自分じゃどうすることもできない。解決できない悩みとの向き合い方

自分じゃどうすることもできない。解決できない悩みとの向き合い方

みなさんそれぞれに「悩み」はあるはずです。けれど、時にはその悩みに解決策がない時や、自分ではどうしようもできない場合もありますよね。そんな解決できない悩みに出会った時は、どうやって付き合っていけば良いのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング