「どうして転職したいの?」面接で後ろ向きな本音をうまく伝えるためには

「どうして転職したいの?」面接で後ろ向きな本音をうまく伝えるためには

転職活動の際、面接で必ずといっていいほど聞かれる「転職理由」についてですが、みなさんは本音で転職理由を答えられますか? 残業が辛い、給料が安い、職場環境がよくない……後ろ向きな理由の伝え方は特に難しいと頭を悩ませるもの。今回は転職アドバイザーが後ろ向きな転職理由の伝え方について紹介。


「転職したい」理由を本音で話せる?

おはようございます!キャリアアドバイザーAです。

Cinq読者の皆さん、ご機嫌いかがですか?
このコラムは、転職活動を始めた方や、活動してみたものの少し躓いてしまっている方に向けて、人材ビジネスのウラ話も交えた「ヒント」をお伝えできればと考えながらお送りしています。

前回、一次面接を受けるにあたって最低限確認しておいてほしいことをお伝えしました。

●書類選考が通過した理由(評価ポイント)をきちんと確認すること
●血が通った、自分オリジナルのエピソードを準備すること
●一次面接でしてはいけない質問は【自分都合の質問】
→自分都合の質問は、「採用の方向に話が進んできたタイミングで」これは鉄則です。

【転職コラム】書類選考で合格!一次面接に進む前に準備すべきことは?

https://cinq.style/articles/2293

転職エージェントで紹介された会社に書類選考を依頼したら、無事に合格! 転職活動をしている方にとっては、とても大きな一歩ですよね。では、一次面接に進む前に準備するべきこととは一体なんなのでしょうか? キャリアアドバイザーが答えます。

今日は、一次面接で必ず訊かれること「何故、転職したいのか」特に「後ろ向きな理由をどう伝えるか」について考えてみたいと思います。

面接で「後ろ向きな理由」が好まれないは本当?

転職理由を伝えるとき、よく「後ろ向きな理由は言ってはいけない」と聞きませんか?

「今いる会社の悪口を言う人は、自社のことも悪く言うのではと思われるから」
「不満を抱きやすい人、自責ではなく他責傾向の強い人だと判断されるから」

実際、「今いる会社に不満は特にないのですが、と面接では言うようにしています」と仰る転職者も多くいました。本当にそうでしょうか? 一切不満がないのに「転職活動」なんて面倒なことに取り組む必要があるでしょうか? 嘘っぽくないですか?

実際「紹介して貰った転職者、良い人だとは思うけれど、なんだか仰ることがキレイごと過ぎて、本音がみえません。本当は何故辞めるのか、お聞きになってませんか?」と人事に質問されることも結構あるのです。

「後ろ向きな理由にしてはいけない」と強く思い過ぎて、とってつけたような「キレイな理由」にしすぎた結果、「本音が見えない」「取り繕っている」と思われてしまうのだと思います。後ろ向きな理由でも、その理由を聞いた面接官みんなが納得するようなものであれば理解が得られるはずなのです。

「残業が多いから転職したい」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

つい最近まで、定時で帰ることをモットーにした主人公のドラマが放送されていましたね。ご覧になった方もいるのではないでしょうか? ヒロインは、前職で恒常的に長時間残業を強いられる環境で頑張り過ぎ、体調を崩した過去を持っていました。

現職の残業が多いことを転職理由とする場合、気を付けなければいけないことがあります。それは、「この人はどんな繁忙期になっても残業したくないという考え方なのだろうか」と思わせたりしないように気を付けるべきだ、ということです。

たとえ応募企業が、残業がほとんどない企業だったとしても、「残業は絶対やりません」と言い切る候補者を採用すると決断するのは、なかなか勇気が要ること。会社は多くの場合チームで動くものです。「繁忙期には柔軟に対応する」という姿勢が求められるわけです。

「残業が多いから転職する」として、例えば、「しばしば100時間を超える長時間残業がある」のであれば、かなりの面接官が「それは無理もない」と考えるでしょう。
「いつも50時間以上残業している」ときけば、「ハードな環境にいるんだな」と受け取ると思います。
「30~50時間」くらいだと、「そんなに長時間残業と言えるかな?」と疑問視する面接官も出て来るかもしれません。30時間未満の残業時間だと、それを長時間残業として転職理由にするのは、一般的には難しいと考えたほうが良さそうです。

「人間関係が悪い(職場の雰囲気が悪い)」、「パワハラに遭っている」

無理して頑張り続けて心身の調子を崩してしまっては本末転倒です。ぜひ転職活動に力を注いでいただきたいと思いますが、つらいという「主観」だけでなく「客観的な事実」を伝え、(給与の遅配が続いている、業績不振によるリストラが続いているため、皆が戦々恐々としていて仲が悪い等)「退職をするのも無理はない」と面接官が納得する説明をすること。そしてあまり感情的にならないことが重要です。
企業や上司の「非難・批評」は口にすべきではないでしょう。

「派遣社員として勤務していたが、正社員になりたい」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

一見、後ろ向きな理由とは聞こえないようにみえる理由ですが、これは伝え方を工夫しなくてはいけません。
どうして正社員になりたいのか。この理由を掘り下げて考えてみてください。
「安定して長く働きたいから」「ボーナス支給等処遇が良くなるから」「福利厚生がしっかりしているから」=これはあなた目線の理由であって、企業が「それなら、わが社で正社員として採用しよう」とはならないですよね。

・正社員と同等かそれ以上に優秀である
・正社員と同等かそれ以上に責任感をもって仕事をしている
・正社員と同等かそれ以上に自己研鑽している
・正社員と同等かそれ以上に経験やスキルがある

これらを、具体的なエピソードを交えて語れるようになってはじめて、企業があなたを採用するメリットを感じるわけです。
具体的な実例をイキイキ語れるようになれれば、「派遣社員から正社員になりたい」ということが「転職理由」として意味のあるものになります。

面接の「意味」を考えてみよう

面接の時間は長くてせいぜい1時間。今回のテーマにした「後ろ向きな転職理由」に多くの時間を割いてしまうと、面接官の記憶に残るのは「つらそうな」あなたの表情だけになってしまいます。
この人つらそうだから採用しよう。ということにはならない。そう、もうお分かりですね。
「あなたがその企業に利益をもたらすかどうか」それを判断する場が「面接」だからです。

後ろ向きな理由であればあるほど、「転職理由」にフォーカスした面接にするべきではないのです。

それでは、またお目にかかりましょう!

キャリアアドバイザーA

相談フォーム

Cinq(サンク)では、キャリア、恋愛、美容などについてのお悩みに専門家が答えるためのフォームを設置しています。
※フォームで受け付けた内容は、記事内で返答をつけて公開・または記入いただいたメールアドレスへご連絡させていただきます。お悩みがある方や質問がある方はお気軽にご入力ください。

相談フォーム

この記事のライター

関連するキーワード


転職 面接 マナー

関連する投稿


転職活動前に知っておきたい! 人材紹介会社の種類と基礎知識

転職活動前に知っておきたい! 人材紹介会社の種類と基礎知識

転職を考え始めたら、頭に浮かぶのは「人材紹介会社」です。とは言え、人材紹介会社もたくさんありすぎて、何を選べば良いのかがわからない…と頭を悩ませるもの。今回はキャリアアドバイザーが、人材紹介会社の種類と基礎知識について教えます。


「こんなに頑張ったのに…」は正しい? 働く女性が会社で求められていること

「こんなに頑張ったのに…」は正しい? 働く女性が会社で求められていること

皆さんは仕事でどれだけの成果を出していますか? 「私はこんなに頑張っているのに…」と不満をこぼす女性は多いものですが、会社が求めているのは、果たして本当に「がんばり」なのでしょうか。今回は会社が求める人材について、改めて考えていきたいと思います。


市場価値は年齢によってどう変化する? 20代と30代以降の転職活動の違い

市場価値は年齢によってどう変化する? 20代と30代以降の転職活動の違い

転職をするとなると、自分の年齢とスキルの棚卸しが必要になります。けれど、実際に、20代と30代の転職には何が変わってくるのかを考えたことがありますか? 企業が30代の転職を捉えているか。人材紹介の仕組みを交えながら説明していきます。


キャリアアドバイザーが教える「転職エージェントの賢いえらび方」

キャリアアドバイザーが教える「転職エージェントの賢いえらび方」

転職をしようと思っていても、いざ活動を始めるためにどうすれば良いかわからないという人もいらっしゃることでしょう。転職エージェントに相談をしたい、と思っていても転職業界もビジネスであることに変わりありません。信じられる相手なのか、それとも…と疑ってしまうことも。今回は転職エージェントの選び方について紹介していきます。


【神社・お寺共通】改めて知っておきたい、初詣に関するマナー

【神社・お寺共通】改めて知っておきたい、初詣に関するマナー

新年になると多くの人で賑わう神社やお寺。大人であればちゃんとした作法も知っておきたいところ。失礼のないようなお参りをすればきっと神様・仏様も喜んでもらえるはずです。今回は、改めて知っておきたい初詣のマナーについてご紹介します。


最新の投稿


仕事と家庭どちらも譲れない。両立を目指すなら"28歳"がターニングポイント

仕事と家庭どちらも譲れない。両立を目指すなら"28歳"がターニングポイント

28歳はキャリアを伸ばしていくタイミングでもありますが、結婚・出産の適齢期でもあります。仕事も家庭もどちらも譲れない人は、28歳で一度立ち止まり、どう両立していけば良いのか、これからのことをプラニングしてみましょう。


人生をかけてやりたいこと。ライフワークの見つけ方・つくり方

人生をかけてやりたいこと。ライフワークの見つけ方・つくり方

天職に出会えたら毎日が劇的に変わる。でもどうすればいいのか分からず、やりたいことを追いかけて転職する日々…。今回は、ライフワークの見つけ方・つくり方をご紹介します。


【ワンフレーズ英会話 vol.2】カフェで注文をするときのフレーズは?

【ワンフレーズ英会話 vol.2】カフェで注文をするときのフレーズは?

すぐに使える英語フレーズを日本ワーキング・ホリデー協会のKOTAROがお届け。今回は、カフェで注文をするときに使える英語フレーズです。


最近の新入社員は結婚願望が強い!? 若手から得る恋愛のヒント

最近の新入社員は結婚願望が強い!? 若手から得る恋愛のヒント

若者の「恋愛離れ」がすすんでいると話題になることもありますが、実際にはそんなことありません。ここ最近の新卒者はどうやら「結婚願望が強い」というデータあるのです。では、実際に恋愛から離れつつあるのはどんな世代? 若手から得る恋愛のヒントをご紹介。


【読者の疑問を解決!】投資をはじめるタイミングはいつ?お金に関するQ&A

【読者の疑問を解決!】投資をはじめるタイミングはいつ?お金に関するQ&A

お金に関してわからないことが多く、不安になる働き女子。将来必要なお金を今から準備していくためには、ただ「ためる」だけではなく、少しずつでも「ふやす」ことが重要になってきます。とはいえイマイチその方法がわからず、頭を悩ませている方もいるでしょう。そこで、お金に関する疑問をお金のプロにぶつけてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング