夢は叶えるためにある。「仕事運を切り拓く力」の身につけ方



夢は叶えるためにある!

こうなりたい、ああしたい。頭の中で思い描いているだけでは、1回きりの人生なのに、もったいない。たとえ最初は軌道にのらなくても、諦めずに何度も続けているうちに、ある日から流れが変わり、あっという間に夢が叶っているもの♩

仕事運を切り拓くためには、毎日をどう生きるか、その姿勢が大事なのです。今回は、仕事運を切り拓く力の身につけ方をご紹介します。

「自分軸」で生きていく

仕事運を安定させるためには、いつも自分軸で生きていることが大切です。とくに大きな目標を達成するためには「覚悟」も必要です。あの有名な出世の階段を上るときのように、一度、上りはじめたら、もう後ろへは戻れない。あの覚悟があってこそ、夢が開花するのです。

他人軸を「研究」のつもりで観察するのは、仕事にも必要でしょう。しかし、本来はサンプルを集めていたはずなのに、いつの間にか他人軸で生きてしまうと、仕事運はなかなか上がらないかも……。

どんな状況になろうとも、自分はなりたい未来を絶対に叶えてみせる。強い想いがあってこそ、仕事運が軌道にのりはじめます。

直感を無視しない

物事を判断し、ときには失敗もする。仕事は基本的にこういった流れを繰り返していきます。ただし、経験を積みはじめると、次第に「これは関わってはいけない」「今が行動するとき」と、自分のバイオリズムを把握できるようになるのです。

一見、キラキラしているように見えても、実はよく分析すると、何かが違う気がする……。仕事運をより拓いていくためには、いつも自分の直感に素直でいることも大切です。そして、直感が鈍くならないように心身のデトックスに努めることも大事♩

つらいときに支えてくれる「香り」を見つける

アイデアはあるけれど、行動するだけの経済力もなければ、人材も確保できない。行動したい、でも今はその時期じゃない。夢が大きくなればなるほど、自分との葛藤も増えはじめます。

プライベートよりも仕事を優先していると、結婚・出産はどうするのかという問いも同時進行で進めなければいけません。ストレスという名の水が、バケツから溢れてしまったとき、必ずしも助けてくれるのは「人」とは限りません。

音楽や本が助けてくれます。それから、忘れてはいけないのは「香り」です。香水でもアロマでも構いません。「これが私をあらわす香り」と思える香水やアロマに出会えると、つらいときもその香りを身にまとうだけで、モチベーションを上げられるのです。きっと香りが、自分軸から離れていた「私」を中心へと戻してくれるのでしょう。

自分の道は、自分で必ず切り拓く

仕事運を安定させるためには、日々努力することが大前提です。今、支えてくれるヒト・モノへの感謝も忘れてはいけません。

「これが私の生きかた」と思えるまでは、試行錯誤の連続です。ときどき失敗しながらも、少しずつコツが分かりはじめます。

運気が少しでも良い流れへとなるように、習慣やルール、日ごろ身につけるアイテムをすべて総点検しておきましょう♡