リップの美しさを最大限に引き出す ふっくら唇を作るケア&メイクテク

リップの美しさを最大限に引き出す ふっくら唇を作るケア&メイクテク

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイ に仕上げておきたいところ。ボディや、ついケアが怠りがちな細かなパーツに まで手をかけている女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、「唇のケア」について紹介していきます。


「唇は常にみられている」と心得よ!

顔の中でも特に見られやすいパーツといえば、唇。話しているときも、食べているときも、動きが大きいからこそ目につきやすい。だから、唇が他人に与える印象を大きく左右するといっても過言ではないはず。唇が潤っている人を見ると「細かなパーツまで丁寧にケアをしているんだなぁ」と、清潔感や丁寧な暮らしぶりが垣間見えて、好印象に繋がります。

また、唇は女性らしさを醸し出すパーツでもあります。ふっくらとした丸み、柔らかそうな弾力は男性にはなかなかないもの。バストやボディと同じく、唇のフォルムからオンナを感じさせることができるから、表面は常になめらかに、質感は柔らかく、フォルムは丸みを帯びた唇を目指したい。
そんな唇に近づけるには、日々のマメなケアとちょっとしたメイク術が必要。
いつ見ても魅力的な“美唇”をつくって。

まっさらな唇に戻る専用リムーバー

シーラボ ポイントメイクリムーバー PF
120ml 2,100円(編集部調べ)

リップメイクをオフするとき、なにを使っていますか? きっと多くの人は、ファンデーションを落とすのと同じものを使っているのではないでしょうか。
でも、今のリップは技術が進み、“落ちにくいリップ”や“ティントリップ”が増えてきました。唇に色が留まり続けるキープ力が高まったぶん、オフするときは専用リムーバーでしっかり落とさないとリップが残ってしまうことがあります。専用リムーバーは、唇の細かいシワに入り込んだオフしにくいリップもちゃんと落とせるようにつくられています。もちろんティントリップや落ちにくいリップもサッと落とせるので、洗浄力は高いですが一般的なクレンジングでゴシゴシとこすってオフするよりも唇に負担はかかりません。
オフするときはリムーバーをコットンに含ませて、唇の上下半分ずつをオフします。洗浄力が高いのでモノによっては唇が乾燥することもありますが、「シーラボ」はフラーレンやプラセンタ配合で、使い終わったあとも唇がしっとり♪

落とす&与えるケアで唇が生まれ変わる

hanalei シュガーリップスクラブ 2,580円
ピュアスマイル リップパック 100円(編集部調べ)

皮脂腺や汗腺がない唇は皮脂膜が形成されないので保湿機能やバリア機能が低く、乾燥しやすいパーツ。そのかわりに、週1〜2回のリップスクラブで余分な角質をオフして、リップ専用パックで潤いのチャージを。

デリケートな唇には“シュガー”スクラブ

スクラブを選ぶときはポイントが一つあります。それは“シュガー(砂糖)”タイプを選ぶこと。“ソルト(塩)”タイプと比べると、シュガーの方が粒がマイルドで肌あたりが優しいので、デリケートな唇にはうってつけ。「hanalei」はビタミンA、C、Eも豊富に含んだククイナッツオイルもたっぷり配合しているので、唇を潤しながら余分な角質をオフできるところが優秀。

縦に入った唇のシワにちゃんとリップスクラブが入り込むよう、クルクルと小さな円を描きながらなじませるのがキモ!

最低3本! リップは用途によって使い分け

ポーラ B.A リップ バーセラム 6,800円
ウォーターインリップ 薬用UVカット オープン価格
ヒビプロ LP 1,200円(編集部調べ)

日常で使うリップは用途によって使い分けを。
「ウォーターインリップ」のようにUVカットができるものは日中用、「ポーラ」のように血色感を高めてハリを出す成分がギュッと配合されているものは、じわじわと浸透するように夜眠っている間、「ヒビプロ」のように有効成分アラントイン、パンテノールが入っているものは唇が荒れたとき用に。
少なくとも3本を用途によって使い分けられると、どんなときも健康的な唇を保てます。

セクシー♡  豊満な唇に見せるリップメイク

ふっくらと丸みのある唇はとっても色っぽい! 「元々唇が薄いから」なんて諦めなくても、ブラシを使ったリップメイクで叶姉妹みたいなセクシーな唇がつくれます♡

ポイントは、唇の上の山、下に少しオーバーぎみにラインを引くだけ。唇の端はあえて引かないほうがナチュラルに仕上がります。そのあと、ラインの中を埋めるようにリップを塗るだけ!

素の唇と、オーバーラインを引いた唇を見比べると一目瞭然! ふっくら感が1.5倍に。元の唇が薄めでもまるでヒアルロン酸を注入したかのような豊満な唇がつくれるので、ぜひお試しあれ♡

M・A・C リップスティック ブリック オラ 3,000円
ベアミネラル ダブルエンド パーフェクト フィル リップブラシ 3,500円(編集部調べ)

リップが映える唇に

他人から常に見られている唇、ケアとメイクの両刀使いで美唇に仕上げましょう♡

この記事のライター

美容家/美容ライター
#美金、#ゆいコスの提唱者。プチプラからデパコスまで、実際に試して本当に良かったコスメだけを紹介。

関連する投稿


毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「ツヤ肌のつくりかた」「ツヤ肌づくりにおすすめのコスメ」について紹介します。


首のシワにこそ年齢が表れる! 今すぐ始めたい首元ケア

首のシワにこそ年齢が表れる! 今すぐ始めたい首元ケア

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディや、ついケアが怠りがちな細かなパーツにまで手をかけている女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、年齢が表れる「首のケア」についてです。


メガネの日メイクは“下重心”を意識! リップ主役が好バランス

メガネの日メイクは“下重心”を意識! リップ主役が好バランス

時間がない朝やコンタクトが入れられない疲れ目が気になる時は、メガネの出番。メガネのフレームの色、大きさ、太さによってメイクを変えるのが正解です。メガネというオプションを上手に活かして、映えるメイクを狙いましょ♡


横顔に視線……耳美人になるケア&ピアス(イヤリング)の選び方

横顔に視線……耳美人になるケア&ピアス(イヤリング)の選び方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「耳のケア」と、耳を美しく見せる「ピアス(イヤリング)の選び方」について紹介します。


早く乾いてツヤツヤ髪に! ズボラ女子に教えたいお風呂上がりのドライヤー術

早く乾いてツヤツヤ髪に! ズボラ女子に教えたいお風呂上がりのドライヤー術

髪の毛を洗った後、乾かすのが面倒でダラダラしていませんか? 特に髪の毛が長い女性だと、お風呂上がりのドライヤーは時間がかかって大変ですよね。今回は、髪の毛を乾かすのがめんどくさいズボラ女子のために、美髪アドバイザーの寺村 優太さんに早く乾かすためのドライヤーの使い方について教えて頂きました。


最新の投稿


毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「ツヤ肌のつくりかた」「ツヤ肌づくりにおすすめのコスメ」について紹介します。


具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

風水の力も良いけれど、もっと確実に収入をアップさせる方法が知りたい!そんな時は、具体的なプランニングが必須!


【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

質の良い情報を収集する「検索力」は仕事にとって欠かせないスキル。とはいえ、時間がかかりすぎてしまっては意味がありませんよね。今回は効率よく、情報収集するためのスキルをお教えします。


お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金が貯まらない人は「浪費グセがあるからだ」と思ってはいませんか。けれど、お金が貯まらないことに理由はあれど、使うことがいけないワケではないのです。今回はお金に関するギモンについて、いくつか紹介していきたいと思います。


「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

パワハラ、セクハラ、モラハラ…。さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようす。そんな読者の悩みに答えるべく、人間関係トラブルに強い弁護士、齋藤 健博さんが答えていきます。


RANKING


>>総合人気ランキング