彼に怒られてばっかり…彼が彼女にダメ出し・お説教をしてくる理由は?



なんか最近、お説教が多くないですか?

付き合って初めのころはとても優しかったハズなのに、時間が経った今、彼氏がダメ出しばかりをしてくる。これってなんで!? と疑問を抱いているあなた。今回はそんな彼氏の男心説明書を差し上げます。どうして大切な彼女にダメ出しばかりをしてしまうのか? これを読めばそんな疑問もすっきり解決。単純だけれど、面倒臭い男心について解説していきましょう。

どうしてダメ出ししてくるの?

どうして説教ばかりしてくるんだろう……。やや女性に対して厳しい意見をもつ彼。様々なパターンがあると思うので、パターン別に解説していきます。

自分に厳しいタイプ

まずはあなたの彼氏が 「自分に厳しいタイプ」である場合。 この場合は“自分に厳しいタイプであるが故に、相手にも同じようにしてほしい気持ちが強い”ため、ダメ出しをしてくるのです。
よく「自分に厳しく、人には優しく」と言いますが、そんなことはありません。自分に厳しい人は、人にも厳しいことが多く、自分に優しい人は人にも優しいのです。彼氏が「こうした方が効率が良いし、気持ち良い」と思っていることをあなたが出来ないようであれば、「なんで出来ないの?」とダメ出ししてしまうことがあります。このタイプはプライドも高いので、言い訳をしたり「別に良いじゃん」とスルーすると、怒ってくる可能性が高いです。

理屈っぽいタイプ

次に紹介したいのは多くの男性に当てはまる「理屈っぽいタイプ」。
男性の脳は、左脳と右脳を結ぶケーブルのようなもの(脳梁)が細く、左脳と右脳の連携が弱め。それゆえ、「一度に一つのことしかできない」不器用な生き物だとも言えます。それは会話中などでも同じ。 会話に対しても、わかりやすいゴールを求めることが多いのです(オチのようなもの)。そしてその連携が弱いため、理屈でものを考えがちなのが男性の特徴。的を得ない会話や、理由をいわれるとどう解釈していいかわからずイライラ。「なんとなく」や「雰囲気で」と言われると、理屈が通っていないので理解が出来ないのです。

そして理屈っぽいので、彼女の行動に対しても「きちんとした回答」や「理屈が通る行動」 を求めます。なぜこのような行動に出たのか、なぜ出来なかったのか。これらを知りたい男性はつい口に出してしまうのです。これらが世の中の女性にはダメ出しに聞こえてしまっているのです。

支配欲が強いタイプ

最後に紹介したいパターンは「落とした獲物は従順になってくれるだろう」と思い込んでしまう、支配欲が強いタイプです。男性の闇の本性とも言えるかもしれません。
男性は、自分が落とした女性に対して、何でも言うことを聞いてくれるようになってほしいと願っているところがあります。自分好みに染まってほしいが故に、あれこれ口出しをしてしまう。この闇の本性を持っている男性は、実は多いものです。

パターンはそれぞれあるので「うわっ、男も結構面倒臭いな」とあなたが投げ出す前に対処法も伝授します。これで彼氏のお説教ともおさらば! 楽しい恋愛を取り戻しましょう。

彼氏の口出し説明書

自分に厳しいタイプの対処法

まずは自分に厳しいタイプの口出しでやってはいけないこと。
それは、口答えをすることです。彼の言葉に瞬時に言い返したり、言い訳をしてしまうと「こいつにわからせないと」と、更にダメ出しをされてしまう可能性が あります。

そこでまずは「口答えしない」ことです。例えば、あなたがデートでスニーカーを履いていったとして、 彼氏に「いやいや、スニーカーは無いでしょ。ヒールくらい履いてよ」と理不尽なダメ出しをされたとします。思わず「別にいいじゃん」と言いたい気持ちやイライラは、一旦ぐっと堪えて「そっか、デートだからヒールを履いてほしかったんだね。どんなヒールがいいかな? ちょっと見に行かない?」と彼氏の気持ちを汲みつつ、さらに彼氏に自分好みの靴を選ばせることで高揚感を与えるのが効果的。

このタイプに凄まじく効果を発揮するのが、“うまく彼氏のダメ出しを交わしつつ提案させる”ことです。彼氏の理想を叶えてあげるだけで、彼がダメ出しをしてくる回数はグッと減るはずです。なぜなら「これだけ尽くしてくれる彼女に、あんまりうるさく言う必要ないか」と思ってくれるようになるからです。心理学では『返報性の原理』というものがあり、「好意には好意を持って返そう」という心理が働くのです。

理屈っぽいタイプの対処法

次は多くの男性に当てはまる「理屈っぽいタイプ」の説明書。このタイプには言い訳をしても特に問題はないのですが、注意してほしいのが、あなたの言い訳が的を得ているかどうか。
例えば彼氏に「なんでこれをしたんだ」と言われた時に「なんとなく……」という感覚での答えを言ってしまうと、男性はその「なんとなく」の気持ちが意味不明なので対処が出来ないからです。そうすると「なんとなくってなんだよ」まるで、彼女が悪いかのごとく怒られる可能性が増します。

言い訳や理由を言うときは「○○をやったのは△△だったし、××よりも良いと思ったからだよ」ときちんと説明をしてあげること。「なぜなのか」という答えを知りたい男性にとって、きちんと的を得ている説明をされると納得もしやすいのです。
この説明を繰り返しているうちに「彼女の考え方が大体わかってきた」と納得ができるようになるので、ダメ出しの回数も次第に少なくなっていきます。

支配欲が強いタイプの対処法

最後は「落とした獲物は従順になってくれるだろう」と思いこんでいる彼の対処法です。

このタイプに有効なのはズバリ、小悪魔のような態度。
いつあなたの元からいなくなってもおかしくないんだよ? という雰囲気を醸し出しましょう。人間は、一度手に入れたものを失うことに対して恐怖を覚えます。「100万円もらえます」という幸福感よりも、「100万円失う」恐怖の方が、100万円価値が大きく感じるはずです。

それを失わないためなら、出来る限りのことをやるのが男性。それはカップルにも言えることです。 「明日にはあなたの元から離れるかもしれない」と、わざと口に出すのはいけませんが、態度やそぶりで示してみましょう。
「あんまりしつこく言い過ぎると彼女がいなくなってしまうかも……」その恐怖感に苛まれ、ダメ出しが減るはずです。

終わりに

いかがでしたか?
単純なくせに面倒臭い男性心理。理屈っぽいところや、自分に厳しいなんてところもありますが、そこはご愛嬌。男性心理を理解してうまく立ち回り、ストレスを溜めないカップル&夫婦ライフを送ってく ださいね。