上司や取引先の人と鉢合わせした時は? 意外と知らないエレベーターマナー

上司や取引先の人と鉢合わせした時は? 意外と知らないエレベーターマナー

会社の出入りで利用するエレベーター。みなさんきっと、毎日使っているかと思いますが、そこで気になるのがマナーです。上司や取引先の人と鉢合わせした時、皆さんならどのようにしていますか? 上司や取引相手に失礼な印象を与えないように、この機会にチェックしていきましょう。


会社の出入りをする時にエレベーターに乗ることがあります。
そこで気になるのがエレベーターでのマナー。上司や取引先の人と鉢合わせした時、なんだか気まずい思いをしたことはありませんか? 高層ビルにオフィスを構えている企業も増えた今こそ、上司や取引相手に失礼な印象を与えないよう、エレベーターでのマナーをチェックしていきましょう。

来客者や上司よりも自分が先に乗ってもいい?

エレベーターのマナーで迷ってしまうのが、自分が待っていたところに、後ろから上司など目上の人が並んできたときです。このとき、「先に乗るか」、それとも「後に乗るのか」をか迷ったことはありませんか?

実は、エレベーターに誰も乗っている人がいない場合は、マナーにも諸説あります。これが正解! と決まったものはないので、状況を見て来客者や上司に対して失礼がないよう判断するのがベターです。

自分が先に乗る」場合は、エレベーターの開ボタンを押しながら扉を押さえ、後から乗ってもらいましょう。先にエレベーターに乗り込む時に、「お先に失礼いたします」と一声かければさらに印象が良くなります。そうすれば、来客者も乗る順番を認識できるため、その場で戸惑わずに済みます。

すでに人が乗っていた場合は、エレベーターホール側のボタンを押し、来客者に先に乗ってもらい、自分は最後に乗り込むとスマートな印象に。

乗り込んだとき、どこに立つのが正解?

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

次はエレベーターに乗り込んだときです。エレベーターにも上座と下座といったものがあるので、立ち位置にも注意していきましょう。

エレベーター内の上座と下座はボタンの位置によって変わってきます。例えばボタンが右側についている場合は、右側についているボタンの前が下座となり、左側についている時は左側が下座になります。
また、左右どちらもボタンがついている時は通路側から見て右側が「下座」となります。また、上座はエレベーターの奥側にあたり、4人以上で乗車する場合には、下座の真後ろが上座となります。

すでにエレベーターに乗っている人がいる場合は、できるだけ来客者や上司が上座に乗る事ができるように場所を誘導しましょう。

降りるときは、上司・来客者が先

降りる時は、上司・来客者が先に降ろすのがマナーです。扉が開くと同時に操作ボタンで「開」を押し続けて「お先にどうぞ」と声をかけましょう。さらに扉を手でおさえておくと、より丁寧な動作になります。エレベーター内が他の人で混雑している場合には必ずしも上記の順序で降りる必要はありません。状況をみて対応しましょう。

エレベーターに乗っている間、会話はすべき?

出社時や、退社時間の直後は同じ会社の人とばったりと顔を合わせる機会も多いですよね。複数の会社が入っているビルの場合、いつも大勢の人が乗るのであまり気にはなりませんが、小さなビルの場合は上司と遭遇して2人きりになることもよくあります。和やかに会話ができれば良いですが、気まづい状況でシーンとしている光景もよくあるはずです。
たった30秒~1分ほどの時間ですが、妙に長く感じてしまい何か話さなければ焦ってしまうことも。

マナーとは少し違いますが、エレベーターで挨拶したあとは基本無言でも問題ありません。エレベーターに乗っている時間くらい沈黙していたとしても上司は特に気にしないはずです。情報漏えいを防ぐため、エレベーターでの会話を禁止している会社もあるくらいなので、沈黙することは悪いことではないと覚えておいてくださいね。
どうしても話さなきゃという場合は天気や気温の話、「これから外出ですか?」など気軽な話をしてみるのが良いでしょう。

エレベーターに乗って、降りるだけの簡単でシンプルな動作だからこそ、行動に目が行きやすいもの。正しいマナーが出来ていれば印象が大きく変わることもあるかもしれません。エレベーターマナーを意識して、スマートな社会人を目指しましょう。




この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


マナー オフィス 職場

関連する投稿


育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけじゃない、ワーママを悩ませる人間関係について

育児と仕事の両立だけで、毎日いっぱいいっぱいになっているワーキングマザーたち。だけど、そんな彼女たちをさらに悩ませるのがどうやら人間関係だそうで。今回は実際にワーママとして頑張る女性たちにリアルな悩みを聞いてみました。


【理想の働き方について考える】目標にするべき「ロールモデル」の3タイプ

【理想の働き方について考える】目標にするべき「ロールモデル」の3タイプ

自身の目指す方向性を明確にするために必要だと言われているロールモデルですが、周りにその存在がなくて悩んでいる人も多いはず。理想の働き方に合ったロールモデルのタイプを決めて、ロールモデルを自分で作り出す方法があります。自分がどういった人を目指すのか、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


その行為、「騒音」だと思われている!? 意外と知られていない音のマナー

その行為、「騒音」だと思われている!? 意外と知られていない音のマナー

怒っているワケでもないのに、やたらとオフィス内で音を立てて、周囲に不快な思いをさせていませんか? 自分が立てる音には気がつかなくても、他人はとても気になっています。そんな行為だからこそ、自分もやっていないか、今この機会に見直してみましょう。


大人になると字が下手になる? 美文字が書けるようになるコツ

大人になると字が下手になる? 美文字が書けるようになるコツ

久しぶりに文字を書くと「私、こんなに字が下手っだっけ?!」と自分の字の汚さに驚くことがあります。実は大人になるにつれ、字を書くのが下手になっていくものなのです。大人女子としては、綺麗に文字を書けるようになりたいものですよね。美文字を書けるようになるコツをご紹介します。


職場でのいじめにはどう対処すればいい? 働く女性が悩む人間関係について

職場でのいじめにはどう対処すればいい? 働く女性が悩む人間関係について

ハラスメントが話題になることの多い昨今ですが、職場での「いじめ」は一体どんなところで起こるのでしょうか。働く女性が悩みを抱えることの多い人間関係問題の中から、退職のきっかけやウツ病の原因にもなってしまう「いじめ」について考えていきます。


最新の投稿


【仕事と生活を変える小さなライフハック!】家事はルーティン化で手間を減らして

【仕事と生活を変える小さなライフハック!】家事はルーティン化で手間を減らして

仕事が忙しすぎて、部屋どんどん汚くなってしまう…。働く女性の悩みといえば、仕事と家事の両立。家事に手を抜いているとなんだか罪悪感すら湧いてしまう…。そんなあなたにちょっとしたライフハックを提案。


イチナナキログラム 野津彩花さんが複数ある仕事をこなすための5つのルールとは

イチナナキログラム 野津彩花さんが複数ある仕事をこなすための5つのルールとは

株式会社イチナナキログラムに入社してから2ヶ月というスピードで、ブランドオーナーになり、新規ブランドの立ち上げや全体の統括など幅広い業務をこなしている野津彩花さん。そんな彼女が、数ある仕事こなすために意識している5つのルールとは?


「上司が私のSNSをチェックしてきます」#これってハラスメントですか?!

「上司が私のSNSをチェックしてきます」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。「上司が私のSNSをチェックしてくる」これはハラスメントに入る?


読者100人に聞きました!会社からの給与以外にコッソリ副業をしたことは?

読者100人に聞きました!会社からの給与以外にコッソリ副業をしたことは?

会社で働きながらも、実はこっそりお小遣い稼ぎに副業をしたことがある…なんて女性は多いのではないでしょうか。今回は、会社からの給与以外に副収入を得たことある人はどれくらいいるのか? アンケート調査を実施してみました。


あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

あなたは大丈夫?ストレスが負担になりやすい人ってこんな人

日々、さまざまなストレスにさらされて生きている私たち。 そんな中で、ストレスが負担になりやすい人にはある特徴があるのをご存知でしたか?そこで今回は、ストレスが負担になりやすい人の特徴を3つご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング