#ものをつくるということ 【Dorry Dollデザイナー「毛利 淳子」】

#ものをつくるということ 【Dorry Dollデザイナー「毛利 淳子」】

女性らしさを最大限に演出をしてくれる「Dorry Doll」は上品でクラシカルなイメージを基調に、普段着にもパーティにも使えるワンピースドレスを提案。そんな女性たちの心を射止めるドレスたちの作り手である、毛利淳子さんへ直接インタビュー。


"清楚で気品あふれる華やかさの中に、どこか憂いのある美"をコンセプトに、パーティードレスやワンピース、ボレロ、バッグ、シューズでトータルコーディネートを叶える「Dorry Doll」。そんなブランドのデザイナーである、毛利 淳子さんに普段のお仕事やこだわり、ライフスタイルについてのお話を伺いました。

提案力を大切にしたいという「Dorry Doll」では、年に8回もの展示会を行なっているのだとか。デザイナーという仕事が意外と地味だと話す毛利さん。そんな彼女の一日とは?

"提案力"を大切にデザインの質・量・幅を増やす

1日の流れを教えてください。

7時半には起きて、朝食をとって身なりを整えて、8時半には会社に到着するようにしています。会社についてからはメールチェック、SNS、あとは問い合わせの対応などから入ります。「Dorry Doll」は企画・生産・納品までの流れをデザイナーが全て自分で管理します。コスト交渉も全て自分。『自分の商品は自分で』という仕組みになっているんです。卸業務、修正、サンプルチェックももちろん。

作るドレスの数は自分次第。だからこそ、デザインしたドレスが多ければ多いほど、忙しくなります。私の場合は21時半〜22時頃に帰宅することが多いですね。作る量にノルマはないので、やりたけれなやればいい、やらなくてもいいんです。現在は5名のデザイナーさんが居るのですが、作るペースや量に関しても特に指示出しはしません。その代わり跳ね返って来るものは必ずあると思っています。厳しく思えるかもしれないけれど、良い"モノ"を作りたいからでもあります。

ドレスを作るときの工夫は?

私はとにかく"女の子が可愛く綺麗に、モチベーションが上がるようなデザイン作り"を意識しています。

ドレスアップした姿を見て、「今日の私、スペシャルにかわいい!」と思ってもらえるようなモノを作りたいから、スタイルが良く見える設計だったり、顔色がパッと明るく見えるような色だったり。そんな落としどころを見つけるのにこだわります。だけど「かわいい」の感覚ってみんなそれぞれ違いますよね。だからこそ、できるだけ多く、一人一人のニーズに合わせられるような"提案力"が大切になります。ドレスを作るときにも一種のエンターテイメント性が必要になると思っています。

エンターメント性って?

とにかくありとあらゆる生地を使って、商品の提案をします。例えば年に8回の展示会にしても、毎回似た商品が並んでいたら飽きを感じますよね。パーティードレスの場合は、形が決まっているものも多いので、とにかく素材や柄に幅を持たせることを意識しています。今回は、季節感(A/W)を意識してヴェルヴェット素材をたくさん取り入れました。流行に関してのトレンドセミナーも毎シーズン行きます。

デザイナーになるための行動力・好奇心

デザイナーになろうと思ったのはいつ?

高校の時からファッションやイラストを描くのが好きで、そのままファッションの短期大学へ進学しました。21〜25歳の間ではイギリスのファッション学校へ留学。当時はコスチュームデザイナーになりたいと思っていたのですが、具体的な就職先のことなどを考えてプレタポルテ(高級注文服、高級オーダーメイド服)と呼ばれるような、服を学ぶことに切り替えました。

日本に帰ってきてからは、繋がりも何もなかったので、アパレル企業年鑑のあいうえお順に、アパレルの会社へ直接電話をしました。幸いにも就職先は早め採用が決まって、そこから8年間働いたあと、商社へ転職をしました。

転職をしたのにはどんな理由が?

カットソーが得意な会社があれば、ブラウスが得意な会社があるように、それぞれの会社によって得意なものや特徴があるんです。だからこそ、同じ会社にずっといると、その服しか作れなくなるかもしれない、と思ったのがきっかけでした。最初に入社した会社では、パンツを作ることや染色を学びました。そして商社に入ってからは、ブランドとして商品を企画することではなく、クライアント(ブランド)に向けて自分たちが作ったモノを売り込む、といったことをしていました。作って並べる、ではなく卸先を見つける、といった感じです。アパレル会社によって業態が異なるので、色々なジャンルでの経験と仕事がしてみたい、と思っていました。

そのあとは今の上司でもある人に声をかけてもらったことがきっかけで、株式会社アサクラに入社、「Dorry Doll」のデザイナーになりました。

不安はなかった?

今までドレスを作ったことはなかったので、もちろん不安もありました。だけど「学びたい」と思う気持ちの方が圧倒的に強かったです。煌びやかで美しいものを作りたいという気持ちは持っていたので、「Dorry Doll」の雰囲気と、もともと自分の中にあるテイストが合っていたのだと思います。

シンプルなライフスタイル

モチベーションを保つコツは?

仕事のモチベーションを保つ秘訣は、健康であることだと思っています。体が健康じゃないと、モチベーションは保てませんよね。だからこそ、東洋人のルーツを活かした食生活で、内臓を健康にする生活を意識しています。発酵食品をたくさん食べるようにして、甘酒や塩麹を自分で作ったり。ヘルシーな食生活を維持しつつ、ストレッチやヨガも毎日。無理をしないことがいちばんじゃないでしょうか。

他に日課にしていることは?

仕事が終わってから家に帰ると、お風呂で本を読んでリラックスします。活字が好きなので、小説を読むのも毎日、漫画を読むこともあります。
あとは、WBS(ワールドビジネスサテライト)という経済ニュースが好きなので、テレビ鑑賞をしつつ、翌日のお弁当を作ることが多いです。輸入業でもあるので、為替のチェックももちろん、世界情勢や日本の動きなどの情報収集をしています。小物なども自分たちで作っているのですが、とくに細かいパーツは中国・韓国からの輸入が多いので、中国の動向は特に気にしていないといけないし、コストにも変化が出てきてしまいますからね。仕事との関係でもありますが、単純に楽しいです。

オンとオフは分ける?

休日は基本的にオフモード、オン/オフはしっかり分けています。ファッション関連ではない友達と会うことが多いので、基本的に仕事の話はしません。外へ出て、映画鑑賞や美術鑑賞をしたり、行ったことのない場所を散歩することも好きです。知らないことを知ることが好きなんですよね。友達にも好奇心旺盛だと良く言われます。メリハリをつけて毎日を楽しく過ごしています。

ライターまとめ

「"どうしたら仕事を楽しめるか"を意識をしたことはないけれど、仕事が嫌いだったらこうして続いてないと思う。だからお休み以外は基本全力です。」という毛利さんの言葉は、まるで模範回答を聞いたかのよう。心から仕事を楽しんでいる人の答えでした。仕事に対する姿勢はもちろんですが、プライベートにも自分なりのマイルールを作り、毎日を楽しむことを日常・習慣化しているように思えます。

"普段着る機会が少ないからこそ、より華々しく見えるようなドレスを作りたい"

そんな気持ちがこもった「Dorry Doll」のドレスは、毎日を生き生きと楽しみたい女性にぴったり。きっとあなたにとって最大の「かわいい」を引き出してくれることでしょう。毎日慌ただしく過ごしている方も、とっておきの日にはとっておきの一着でお出かけしてみてくださいね。

Dorry Doll - ドリードール

http://dorrydoll.com/

Dorry Doll(ドリードール)のパーティードレスやワンピース、ボレロ、バッグ、シューズでトータルコーディネート。「オードリーヘップバーンのような、清楚で気品あふれる華やかさの中に、どこか憂いのある美」をコンセプトに、女性らしさを最大限に演出するドレススタイルを提案します

Dorry Doll (@dorry_doll_official) • Instagram

https://www.instagram.com/dorry_doll_official/

512 Followers, 52 Following, 333 Posts - See Instagram photos and videos from Dorry Doll (@dorry_doll_official)

Cinq編集部 写真−松本 唯: 文−古河 莉奈

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


インタビュー デザイナー

関連する投稿


「生きづらさが原動力という私らしさに気づいて」Webライター山口 恵理香 #フリーランスに生きる

「生きづらさが原動力という私らしさに気づいて」Webライター山口 恵理香 #フリーランスに生きる

『不登校だった私が売れっ子Webライターになれた仕事術』を出版した、フリーランスのWebライター、山口恵理香さん。14歳の頃に経験した不登校と適応障害という過去を全てさらけ出し、「生きづらさ」を原動力としてきた、彼女のこれまでに迫ります。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


「夢に向かう過程を楽しむ」#つくるを選ぶ【ファッションプロデューサー Taiyou】

「夢に向かう過程を楽しむ」#つくるを選ぶ【ファッションプロデューサー Taiyou】

InstagramやWEARで“誰でもオシャレになれるコーデ”を紹介している人気インフルエンサーのTaiyouさん。先月には自身がプロデュースするアパレルブランド『Suntial』を立ち上げました。シングルマザーである彼女が大切にする、家庭と仕事の両立について、お話を伺います。


「壁というのは、できる人にしかやってこない」ウーマンダイアローグ #25

「壁というのは、できる人にしかやってこない」ウーマンダイアローグ #25

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、テックファーム株式会社の廣瀬七海さん。仕事もプライベートもバリバリの営業女子です。3年目の壁を乗り越えたからこそ、今の素敵な景色を見ることができたと笑顔で語ってくださいました。


人生設計をすり合わせる。長期的に働く女性を増やすライフプランミーティング

人生設計をすり合わせる。長期的に働く女性を増やすライフプランミーティング

女性は結婚や出産、子育てが転機になることが多く、長期的なキャリアを描きづらい生き物です。株式会社FCE Holdingsでは、ライフプランを上司とすり合わせる「ライフプランミーティング」により、長期的に働く女性が増えたと言います。一体どんな制度なのでしょうか?


最新の投稿


忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しくても頑張りすぎない。今こそ見直したい、ていねいに生きるということ

忙しい日々を送る毎日。常にやることが頭の中にあるとストレスが溜まってしまいますよね。だけど頑張りすぎてしまうと、モチベーションも下がり、体も疲労してしまって逆効果かもしれません。そんな時は、自然の力を利用して生活を見直してみてはいかが?


【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

【#もちこのパンイチ 22】缶詰を使ったお手軽な食パンアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は缶詰を使ったレシピです!すでに調理済みなありがたい缶詰にちょい足しで簡単おいしいラインナップになりました♪


もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

もうくすみに悩まない!「肌」「目」「歯」をとことん白くする透明感コスメ

美人度を上げる一つの方法は、パーツの「白」を際立たせること。年齢を重ねるにつれてくすみがちな肌、目、歯が白ければ、それだけで透明感が出て、“丁寧にケアをしている人”という印象を与えることができるから。 今回は「肌」「目」「歯」の3点を白くする方法を、おすすめコスメと一緒に紹介します。


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング