テレワーク中は自炊と読書で心の余裕を【コロナ禍で変わったわたしの生活習慣】



新型コロナウイルスの影響によって、私たちの生活も大きく変化しました。今まで当たり前だと思っていた価値観がリセットされることにより、新しく始めたことや逆に辞めたことなど人によって変わったことがさまざまあるはずです。そこで、働く女性たちにコロナ禍で変わった生活習慣について聞いてみました!

今回教えてくれるのは、株式会社Human Investment 広報部の中井 優⾥さんです。

自粛期間から自炊と読書を始めました!

⾃粛期間に⼊ってから、週5日勤務のうちの3⽇がテレワークに切り替わりました。そのため睡眠時間など、今まで⾜りていなかった時間が補えたことにより⾃然と⽣活習慣もそれに合わせて変わっていきました。

⾃宅にいる時間が⻑くなると、いつも通り過ごしていても、どこかで暇な時間ができてしまうため、いつもやっていることにプラスでなにかできないか? と思い、始めたのが⾃炊のクオリティUPと読書です。⾃分⼀⼈で過ごす時間が増えたからこそ、⽣活習慣に変化が出たと考えています。

読書については、これまであまり読まなかったビジネス誌や⼥性のライフスタイル誌などを読むようになりました。 きっかけはどこでも⼿軽に購読できるRakutenマガジンを登録したこともありますが、 リモートワークになったことで「After・Withコロナでの働き⽅」や 「オフィス・事務所の在り⽅」など業務の効率化を考える時間が増えたことがきっかけです。

ビジネス誌や⼥性ライフスタイル誌ではオンライン化が進む⽇本の仕事事情や⼥性の働き⽅について書かれている記事を読むことが多いです。 周りの友⼈の多くが、会社全体としてリモートワークを取り⼊れていたので、 出社しないとできない業種・職種はどういう⾵にリモートワークを取り⼊れたのか、 セキュリティ⾯はどのように管理しているのかなど……⾃分の知識としてもそうですが、 これからの⾃社での働き⽅に何か活かせないかと思っていたのでとても良い習慣になりました。

仕事の合間に、料理の仕込みを。母の味を学びました

⾃宅で仕事をしているので、業務を⾏いつつスキマ時間で夜に使⽤するお⾁の解凍や下味をつける仕込みをしたりしながら、気分転換も兼ねて楽しく⾃炊をしています。

⺟がフィリピン⼈なので、フィリピン料理のレシピを教えてもらいました。「シニガン」「アドボ」という料理を作り、⺟の味を研究するのが楽しかったです。 コロナの影響で直接会うことはできなかったのですが、ビデオ通話などで会話をすることができたので、 ⾃分の幼いころのエピソードなどを聞きながら・話しながら、 ⽇本料理以外の新しい分野にチャレンジすることができました。 やはり、最初は全然⺟の作る味にならず、何度もチャレンジしました。今思うとあれほど同じものを⾷べた期間はなかったと思います。 いつか友⼈などにふるまってみたいです!

読書と料理を日常に取り入れたことで、心にゆとりができた

⼼に余裕ができました!
以前は飲みに⾏くことも多かったので、あまり貯⾦にお⾦を回せなかったのですが、 外⾷が減ったこともあり、以前より貯⾦ができるようになりました。買いたいもののために貯める貯⾦とは別で、何かあった時の備えとしての貯⾦をできるようになりました。なにか⼤きな出費が出た際の安⼼材料として、これからも続けていきたいです。

また、読書で得た知識を実践するようになりました。
例えば、テレワークの時間の使い⽅として、「普段はゆとりをもたせる期⽇設定を、1⽇前倒して設定する」 という⽅法です。 ⾃宅で仕事をするのが初めての経験だったので、最初は勤務時間をすぎてもズルズル業務を続けてしまい、オン・オフの切り替えが難しくなっていました。そこで、前倒しの設定を行おうと考え「次はアレを対応しなきゃいけないから、期⽇〇⽇前だけど今やってしまおう」という習慣を⾝に着けることに。設定した期⽇の前⽇が予備⽇になるイメージで業務を⾏うので、精神的にも余裕が生まれているのだと思います。

⾃炊をすることで健康的な生活を送れ、さらには読書で知識を増やし充実した時間をすごしている中井さん。ぜひみなさんも参考にして、新しい生活様式をみつけてみてはいかがでしょうか?