モデル 朝比パメラさんがワークライフバランスを整えるために大切にしている5つのルール

モデル 朝比パメラさんがワークライフバランスを整えるために大切にしている5つのルール

モデル活動を中心に、舞台やバラエティ番組への出演、さらにはインフルエンサー業としてもマルチに活躍されている朝比パメラさん。会社員と比べてお休みが不規則で、体調管理も欠かせない彼女がワークライフバランスを整えるために大切にしている5つのルールとは一体なんでしょうか?


カナダと日本のハーフで、モデル・タレント・女優・インフルエンサー業とマルチに活躍している、朝比パメラさん。お休みが一般の会社員と比べて不規則でありながらも、体調を崩さないように自分の体にはなによりも気を使っているのだそう。体調管理の徹底と、美しいスタイルを保つために彼女が徹底している5つのルールについて、伺ってみました。

体調管理を含めた食事管理

「朝ごはんを食べない代わりに、体調管理も含めてR-1ヨーグルトを飲んでいます。最近は急に寒くなって、季節の変わり目か風邪も引きやすい時期。身体の内側から免疫力をあげていきたいなって思っています。あとは、身体を冷やさないように豚汁とか根菜のスープにしょうがをたくさん入れることを心がけています」


多忙なスケジュールに一時期は体調を崩し、病院に通うこともあったという朝比パメラさん。不調の原因に“冷え”があったことから、体をなるべく冷やさないようにとスープ中心の食生活を意識するようになったのだとか。自宅のキッチンにも、にんにくやしょうが、唐辛子といった身体を温めるものをたくさんストックしているのだそう。

空いた時間のスクワット

「一人だと恥ずかしいんですけど(笑)マネージャーとコンビニで並んでいるときとか、よくスクワットをします。待ちが多い仕事なので、控え室なんかでも常に。スクワットをするだけでも体温が上がるので、たとえ駅のホームであっても寒かったらこっそりやっています(笑)
いつも通っているestretchのトレーナーさんに、お尻が一番大きい筋肉だから代謝を上げたり体を温めるのにオススメだよとアドバイスをもらったのが理由なんですけど、お尻を鍛えておくと、パンツを履くときに綺麗に見えるし、良いことづくしです」


美スタイルをキープするためにも、毎日の隙間時間をしっかりと活用している朝比パメラさん。スクワットをするときは特にお尻を意識して行っているようで、一番ボディパーツでもこだわりのある部位なのだそう。オフの日は、ジムでのトレーニングも積極的に行なっているのだと言います。


「芸能の世界に入ってから14年になるので、オーディションに落ちた回数を数えたら1000回は超えていると思うんです。もちろん落ち込んだりするときもあるんですけど、そういう時にこそトレーニングに励みます。暴飲暴食に走っていた時もあったんですけど、次の日にニキビができたり肌荒れしちゃったらなおさら自分を否定したくなっちゃうから。トレーニングをすると気分がスッキリするし、空腹も忘れる。とにかく無心になれるので、ストレスを感じたり、落ち込んだりする日にこそトレーニングですね」

お風呂は湯船に毎日1時間浸かる

ストイックな一面を見せてくれた朝比パメラさんですが、リラックスタイムでも同様に体を温めることは徹底して意識しているのだとか。必ず決まってすることは、湯船に1時間以上浸かること。湯船に浸かっている間に、マッサージやスマホといった贅沢を楽しんでいるのだそう。
どうしてこんなに徹底した自己管理ができるのか? その理由はとてもシンプルな“好き”にありました。

「モデルになったきっかけは、スカウトでした。複数の事務所さんから名刺を貰っていて、そんなに勧めるのならやってみても良いのかな……と思って始めたのが最初です。モデルという職業にもともと興味があったわけではなくて、むしろモデル業は常に“今だけだ”と思っていました。今も、気が付いたらここまできてしまった、という感覚です。けれど、これまで続けてこれたのは、やっぱりこの仕事が好きだからなんだと思います。

先ほどのオーディションの話もなんですけど、これまでに辞めようかなって思うことも何度もありました。けど、モデルっていう職業は、よく考えると“今だけ”じゃなくて、死ぬまで続けられる仕事でもあるんですよね。年齢に合わせたジャンルで、それぞれのフィールドがある。今だけだって、制限をかけていたのは自分なんだって気づきました」

学びは欠かさない

自分にとっての“天職”を探せばキリがないけれど、これまで真剣に続けて来れたものが何かひとつでもあるのであれば、それが自分にとっての答えなのかもしれない。今は、女優というジャンルにも挑戦したいと、積極的な意思を持つ朝比パメラさん。
やりたいことや目標があるからこそ、積極的に自分からも学びを取り入れているのだそうです。


「お肌が乾燥しがちなので、毎日フェイスマスクを使って保湿をしています。ルルルンのフェイスマスクがお気に入りで、海外に行くときも必ず持っていきます。もともと美容が好きなので、エステにもよく通いますし、化粧品も色々と試します。人に見られる仕事であるからこそ、美容に関しても極めたいと思っていて、美容師免許、ネイリスト検定、エステティシャン検定の資格もとりました。自分が興味があるものに関しては積極的に学んでいきたいと思っていて、朝から晩まで寝る時間を削って勉強していたこともありました。飽き性でもあるんですけど、本気でこだわり始めるとずっと続けられる性格なんです」


実は、人一倍努力家の彼女。
他にも、ダイビングショップのコンテストでグランプリを取って、モデルとしてお仕事をしていたことをきっかけに、半年留学してダイビングインストラクターの資格を取得したことも。趣味でもある旅行でも、この資格はとても活かされているといいます。

月1回は油の多いラーメンを食べる

知識と努力で、日々のケアを徹底している彼女。
撮影前などの大事な日の前にすることは? という質問をすると、驚きの返答が返ってきました。


「肌がカサついてるなって思った時は、ラーメンを食べに行きます。乾燥しているのは油が足りていないからだと言われたので、油を多めにしてもらって、麺はあまり食べすぎないように注意しながらスープを中心に。食生活はもちろんベースとして気を使っていますが、ストイックに食事制限をするというよりも、体調の方をメインに考えています。昔はすごいガリガリで、体調を崩すことも多かったけれど、今は健康体を意識しているから、体調が良いんです」


健康と美容のバランス感覚を大切にしながら、努力と知識で毎日のライフワークバランスを心がける朝比パメラさん。話を聞けば聞くほど、ストイックな様子に驚くばかり。その努力を「努力です」とアピールすることなく、毎日の自分に落とし込んでいる姿は、プロ意識そのものでした。

撮影協力:e-stretchイーストレッチ白金台
東京都港区白金台5丁目13−31 白井ビル 1F

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はアイティオール 井上真樹さんです。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【広島建設セナリオハウス 安村さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【広島建設セナリオハウス 安村さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回は広島建設セナリオハウス 安村 美咲さんです。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【BETSUDAI Inc. TOKYO 伊藤さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【BETSUDAI Inc. TOKYO 伊藤さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はBETSUDAI Inc. TOKYO 伊藤 潤子さんです。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【ハレガケ 今西さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【ハレガケ 今西さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はハレガケ 今西 美樹さんです。


最新の投稿


飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

「寝つきが悪い」「夜中に目が覚めてしまう」「寝ているはずなのに疲れがとれない」…筆者は仕事柄いろんな方のお悩みをお聞きしますが、睡眠に関してこのようなお悩みを抱えている方がとても多くいらっしゃいます。 そこで今回は、薬膳の目線で質のいい睡眠のために取り入れてほしい習慣を3つご紹介します。


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

好意を寄せられていると思っていたら、実は彼には彼女がいた……。自分の気持ちを利用されると、さすがに腹が立ちますよね。思わせぶりな態度をとる男性には注意しましょう。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はアイティオール 井上真樹さんです。


OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

「自分らしく働きたい」先行き不安なご時世だからこそ、こう思う方も多いのではないでしょうか。しかしフリーランスになるためには何から始めたらいいの?と分からないことだらけ…という声も耳にします。そこで今回はフリーランス3年目、元OLの筆者が実際にフリーランスを志してから始めた3つのことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング