【医師監修】これって正常? 働く女性と「生理」に関するQ&A



オープンに話しづらい生理の悩み

仕事の日にくる生理は何かとトラブルも多く、お悩みの方も多いのでは? 

生理用品の『エリス コンパクトガード』を販売している大王製紙株式会社は、2019年12月に16歳以上の男女624名を対象に「生理に関する意識調査」を行いました。

その中で女性を対象にしておこなった質問、「生理について周囲に言えなかったことで、困ったことや悩んだことはありますか?」では、非常にある/あると答えた人が39.1%という結果に。

さらに、男女を対象にした「生理について、メディアやSNSで話題になるのは良い傾向だと思いますか?」という質問では、非常にそう思う/やや思うとポジティブな回答をした人は、10代〜20代では平均51%以上と半数を超え、年代が上がった40代〜60代は平均39%ほどにとどまり、年齢によって12%の差が開くという結果に。

「これって正常?」働く女子による生理のギモン

生理に関する映画が上映されたり、生理休暇が導入される企業があったりと、少しずつ「生理」の話題はオープンになってきたように感じますが、まだまだ性差や年齢によって抵抗がある話題であるということがわかります。

生理による体調不良を訴えるべきか、訴えずに我慢するべきか、悩んでいる人も多いことでしょう。そこで今回は、ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~ 院長 清水なほみ先生に、働く女性と「生理」の正しい向き合い方について教えてもらいました。

【清水なほみ】
ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~ 院長

2001 年広島大学医学部医学科卒業。広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・
ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010 年9 月「ポートサイ
ド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業。日本産科婦人科学会専門医。日本不妊カウンセ
リング学会認定カウンセラー。

Q. 年々生理が重くなっている気がする…

年々生理痛がひどくなっているように感じるのですが、これはなぜなのでしょうか?(28歳/SE)

A. 生理痛がひどくなる場合は、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜症などの疾患が関係している場合も

年齢とともにひどくなる月経痛の場合は、子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜症などの器質的疾患が隠れていることがあるので注意が必要です。

ですが、これらの病気がなくても、冷えや血行不良、内膜増殖の影響で月経痛がひどくなることはあります。また、現時点で内膜症がなくても、ひどい月経痛は「内膜症予備軍」のサインであることが多いので、鎮痛剤が必要な痛みがあれば婦人科を受診した方が安心です。

生理痛がひどいと鎮痛剤を服用する人も多く、「いつかは痛みに効かなくなってしまうのではないか?」―と不安に思う人もいますが、鎮痛剤が効かなくなっていくことはありません。効きが悪くなってきたのであれば、それは月経痛がひどくなっているというサインです。

Q. 生理が重い人もいれば、軽い人も。この差は?

生理の日は体調がとにかく悪くなってしまうのですが、会社の先輩(女性)は生理が軽いらしく、私のつらさを理解してもらえません。(26歳/営業職)

A. 生理の「重さ」は人によって違う、経血の量もチェックして

子宮の形・大きさ・血の巡り・体温・ストレス状況・内膜症などの基礎疾患の有無・分娩歴の有無・女性性の受け入れの程度などなど、いずれも個人差が大きいので当然痛い人もいれば痛くない人もいます。

正常な出血量は40~120mlとなっていて、目安としては1日3~4回はナプキンを取り換えるような出血が3~5日ほどありますが、多い日でもナプキンを2時間は変えなくても問題ない量が「だいたい普通」といえます。出血が1~2日で終わったり、1日中ナプキンを変えなくても済んでしまうようであれば軽すぎますし、ナプキンが2時間もたず、タンポンとナプキンの併用が必要であったり、昼でも夜用が必要であったり、健診で貧血を指摘される、などの場合は多すぎるので、超音波検査が必要になります。また正常な出血期間は3〜7日となります。

Q. 生理中にしてはいけないことは?

生理中にやってはいけないことは? 生理中のセックスは危険ですか?(25歳/営業事務)

A. 生理中の性交渉には注意を

生理中の性行為は感染症や子宮内膜症の原因になるリスクなど女性の体にさまざまな危険をもたらします。

望まない妊娠や、感染症、病気などを引き起こさないためにも、こうしたリスクをきちんと知っておきましょう。月経を理由に性交を断ったら嫌われるような関係は、そもそも自分にとって必要のない関係であるということです。また、パートナーにもお互いのリスクをよく理解してもらうことも大切です。

また、温泉やプールは衛生面が気になりますが医学的に「ダメ」とは言えません。ですが、他人への配慮の面で避けた方がベターです。

Q. PMSのカラダの症状とココロの症状。それぞれの対処法は?

腹痛や腰痛はもちろんですが、生理前はイライラしたと思ったら急に悲しくなったりと、とにかく感情の起伏が激しいのをどうにかしたいです。(29歳/事務職)

A. 精神的なものや栄養の偏りが原因にあることも。つらいと感じた場合は我慢せず病院に

ココロとカラダ、どちらにも共通して言えますが、ストレスや栄養の偏りはPMSを悪化させますので、できるだけ自分のペースで仕事を調整してストレスをためないことが最も大事です。

ハーブティーやアロマなど、自分なりのリラックスアイテムを生活の中に取り入れて、気軽に気分転換できるものを用意しましょう。お勧めのハーブティーは、ローズヒップやハイビスカスなどビタミンCが豊富なもの。むくみが気になる人はダンデライオン(タンポポ)など利尿効果のあるハーブティーを飲むといいでしょう。

PMSの症状は本当に様々です。人によっては「え!そんな症状が出るの?」と驚いてしまう症状を訴えるも人もいます。精神的な症状がメインのことも多いので、「こんなことで病院に行くなんて」「自分の我慢が足りないだけなのではないだろうか」と受診をためらってしまう人も多いのですが、少なくとも自分でつらいと感じる症状があったり、日常生活に支障が出ているようであれば、早めに婦人科で相談した方がいいでしょう。漢方やピルでかなりの改善が期待できますので、我慢せず一度受診してみてください。

【PMSチェックシート】3つ以上当てはまったらすぐに受診を!

PMSを自己管理するには、まず自身が認識すること。
そして、健康な女性なら誰にでも起こりうるものだとポジティブに捉えることが大切です。そのためには、記録して症状を把握すると対処しやすくなります。チェックシートを参考にしてください。

下記の症状が、月経1~2週間前から次の月経までの間に出ていないかどうかをチェックします。

3つ以上当てはまるか、当てはまる項目が1つでも、そのせいで日常生活が「いつも通り」に送れないようであれば受診を急ぎましょう。また、その症状によって「生理が嫌になる」「女性であることが嫌になる」という状態が少しでもあれば改善しておいた方が良いでしょう。

PMSは月経が来たとたんにケロッと治ってしまうのが特徴なので、基礎体温をつけながら体調の変化を記録することで、自分でもPMSなのか見当をつけやすくなります。

※本文に記載の医師の見解は全ての方の症状に該当するものではないため、ご自身の症状にあわせて受診されることをおすすめします。

生理を「病気じゃないから大丈夫」と決めつけないで

一般的な周知に関してももちろんですが、毎月生理を体験している本人でさえ、生理のことを詳しくは理解できていないでしょう。生理のことを人に話すか、話さないかなどは個人の自由ですが、それは二の次。

まずは自分自身で生理に対する理解を深めることです。
よく「生理は病気じゃない」、「生理痛が理由で会社を休むのは罪悪感がある」という声を耳にしますが、自分で判断して我慢をつらぬくのではなく、つらいと感じた時は素直に医師に相談してみてください。

イラスト:fujii miho