この冬履き回したいのはコレ! 働き女子の冬用シューズ4選



ラクをしたい日にはフラットシューズ

カジュアルイメージがつきやすいフラットシューズはひとクセあるデザインや柄を選ぶのがオススメ。通常のヒールであればなかなか選べない派手なデザインや柄も、フラットシューズであれば挑戦しやすくなります。注目したいのはフラットシューズの先っぽの形。
足先が細くなっているタイプのフラットシューズであれば、ヒールがなくても足長効果があり、綺麗見えするからビジネスシーンでも対応可能。逆に、足先が丸くなっているタイプのフラットシューズはさらに親しみやすい印象がつくのでパンツスタイルなどで抜け感を作りたいときに。

カジュアルにもきれいめにも! ローファー

マニッシュで男性的な印象がつくローファーを選べば、ヒールがなくてもキチンと感が倍増。本来ローファーは正装ではないとの意見もありますが、実際に今現在ローファーを仕事靴として活用しているビジネス層もとても多く、幅広い年齢層で使いやすいことから、相手に不快感を与えることもありません。ジャケットとパンツに合わせたスーツスタイルとの相性はもちろんロングスカートなどとも上品に馴染みます。

冬欠かせないショートブーツ

おしゃれな印象もあるのに、防寒もバッチリ。冬に欠かせないショートブーツは、足首が隠れるくらいのやや長めのショート丈が万能に使えます。カラバリも豊富になってきましたが、結局合わせやすさを重視すると、ダークカラーのブラックが無難。ツヤや光沢感のあるショートブーツを選ぶことで、品の良さもアップします。スエードなど柔らかい素材のショートブーツはカジュアルな印象になるので、オフの日に活用して。

通勤&デートの定番パンプス

女らしさを効かせたいときのパンプスは、とにかく形を重視して。柄や装飾ではなく、カラーとラインがキモになります。パステルなどフェミニンカラーのパンプスは、コートと合わせると華奢すぎてアンバランスに見えることもあるので、ヒールの太さでカバーするのがオススメ。
使いやすいのは程よく足元に重さをくれるブラックやネイビー、グレージュなどの深みカラー。主張があるカラーのパンプスを選んでおくと、マフラーやコートで上半身重視のバランスを下げてまとまりよく収めることができます。

コートとのバランスを見ながら、足元コーデを

家を出る前に必ずチェックしておきたいのが全体のバランス。冬はとくに、ほとんどがコートで覆われてしまうので、シューズとの相性が欠かせません。インナーとの相性ではなくとにかくコートとのバランスを重視して。合わせやすいレギュラーシューズを持っておくと、インナーとの調和も取れて毎日のコーデ組みに悩まなくなります。季節に合わせて、使うものを選んでいきましょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。