多分、大丈夫はキケン。キャリア形成に影響を与える「正常化バイアス」とは

多分、大丈夫はキケン。キャリア形成に影響を与える「正常化バイアス」とは

なんの保証もないのに、なぜか「自分は大丈夫」と思ってしまうこと、ありますよね。これを正常性バイアスと言います。バイアスとは、自分の考えの“偏り”のこと。けれど、キャリア形成をしていく上でのバイアスは厄介なものです。自分だけは大丈夫と思い込むのではなく、自分のキャリアに責任を持てるよう考え方を変えていきましょう。


おはようございます。キャリアアドバイザーAです。

2019年がもうすぐ終わります。
Cinqの読者の皆様にとって今年はどんな年でしたか?
私にとっての2019年は、働き方が大きく変わったこと、このCinq上での連載が始まったこと、そして父を急に亡くしたこと、という、公私ともに変化の激しい年でした。恐らく、後年振り返った時にかなりのターニングポイントになる年だったと記憶される年だったと感じています。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして、今年もかなり自然災害の多い年でしたね。各地で「想定外」かつ「100年に一度、50年に一度」の災害のニュースが流れていましたが、大雨で地元の町に流れる川が氾濫危険水位を超えたと聞いた時の驚きといったら…。普段は「小川」という風情で、なぜ一級河川なのか? と思うくらいの川です。一人で暮らしている母に「避難の準備をしているか」と急いで電話し、ご近所が避難するときには必ず声を掛けてもらうようお願いするように言いました。

母はのんきなものでした。「心配性ねぇ、こんなところまで水が来るようになるなら、日本中が沈没するわよ」と。ただ、二度目に私が電話をしたときには、「一応ご近所にハザードマップを確認した人がいて、まだしばらくここは大丈夫だって言ってた」と。危機管理のための行動を起こす気力があることに少し安心したものです。

生き残るための最大の敵は、「自分はまだ大丈夫」と過信すること。自治体がいくら予算をかけて頑丈な堤防をつくろうと、その堤防が決壊しそうだと警報を流そうと、危険を感じ取らない・感じ取りたくない個々人の心の在り方。「自分は大丈夫」「まだこのあたりは大丈夫」と思って避難行動を起こさないでいるうちに、既に避難ができない状況に飲み込まれて犠牲になられた方がかなりいらっしゃったことは、Cinqの読者の皆様も記憶されているのではないかと思います。

「自分は大丈夫」という考え方が【正常性バイアス】に

うすうす危機が迫っていることを感じていても、人はなぜ「自分は大丈夫」と思ってしまうのでしょう。
人は「自分にとって都合の悪い情報を無視しようとしたり、過小評価してしまうものだから」です。このような現象を【正常性バイアス】といいます。Cinq読者の皆様も何度かこの言葉、お聞きになったことと思います。

キャリアの危機管理も同じです。

変化の激しい時代と言われて久しいです。去年まで売れていたものが市場からあっさり姿を消します。新しいテクノロジーのおかげで古いものは淘汰されていきます。私が新卒で入社した会社は大手メーカーの携帯電話製造部門を担っていましたが、スマートフォン(敢えてiPhoneだったと言いましょう)の登場のおかげで今は影も形もなくなりました。
こういった状況は企業の危機管理の問題であり、本来経営者がまずは会社の舵をどのように切っていくか考えるべき事ですが、実際は個人が大きく影響を受けてしまいます。

事業縮小の影響を受けるのは従業員

事業縮小すれば、希望退職募集や職種変換等が発生します。
派遣社員として二社目に勤務した会社も超大手メーカーでした。当時ある地方の部門が閉鎖され、数十年製造ラインで課長・主任として頑張っていた40代、50代にパソコン操作(Excel,Wordの基礎です)を教えるのが、私に任された仕事でした。彼らはパソコン操作に慣れたのちに営業職に配置転換される予定で、いかにも慣れない手つきの彼らの様子に心が痛みました。
(1年もしないうちに、当時の私も「構造改革」の名のもとにあっという間に【派遣切り】に遭うのですが…)

今思えば、ああいった対応(半年以上PCを教えたり、営業職に配置展開する余裕があったと言えます)はまだ企業に体力があったからこそ出来たこと。当時よりも環境の厳しい現在は、もっと急激に退職を迫らざるを得ない会社も存在するのではないかと思います。

自分のキャリアはこのままではまずいかなと思っていても、何かアクションを起こすにはかなりのエネルギーを要します。自然災害のときと思考は同じで「自分は大丈夫」または「まだ大丈夫、しばらく危機は来ないだろう」と考えてしまうからです。この判断のほうが楽だから。今所属している会社で良好な人間関係を築いていれば余計そうです。

自分のキャリアは自己責任で

現に、このコラムでも「転職しなくても転職“活動“はしてみたほうが良い」「職務経歴書をつくってみるためのアドバイス」「キャリアの棚卸の重要性について」等など書かせていただきましたが、実際に行動に起こしてみた方はそれほど多くないのではないでしょうか。【正常化バイアス】がいかに正しいか、証明された形ですよね。

アメリカと中国の対立、韓国との関係悪化、香港情勢等、経済的にマイナスに振れる事象が毎日報道される中、2020年の東京オリンピック後景気はガクッと冷え込んでいくと予想している人は多いですが、自分事に落とし込んで行動を始めている人はそれほど多くないと感じます。

自己責任という単語自体、私は本来あまり好きではないのですが、ことキャリアについては「自分のキャリアは自己責任」と強く意識することが大切だと感じます。会社に自分の将来をゆだねきった結果、変化に飲まれて会社を恨んでもどうにもなりません。結婚し、家庭を持っていれば辛いのは自分だけではなく、家族も巻き込むことになります。

常に、「明日会社がなくなったら自分のキャリアはどこに“売れる”か」「自分のキャリアの価値がどこにあるか」という視点を持ってキャリア形成について考えていきましょう。
そして考えるだけでなく、今度の週末に「2019年度のキャリアの棚卸」をぜひ実行してみてくださいね。

それでは、またお会いしましょう!

キャリアアドバイザーA

相談フォーム

Cinq(サンク)では、キャリア、恋愛、美容などについてのお悩みに専門家が答えるためのフォームを設置しています。
※フォームで受け付けた内容は、記事内で返答をつけて公開・または記入いただいたメールアドレスへご連絡させていただきます。お悩みがある方や質問がある方はお気軽にご入力ください。

相談フォーム

この記事のライター

関連する投稿


急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

環境の変化により、突然会社を辞めなくならなくなってしまったり、転職活動が必要になることもあります。そこで今回は転職活動の基礎となる「履歴書と職務経歴書の書き方」をおさらい。


いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

「今の仕事をいつまで続けよう……」なんて悩んでいませんか?職場環境や仕事へのやりがい、ライフイベントなど、その原因はさまざまです。そこで今回は、退職を考えるタイミングと転職率から、働く女性は今の仕事をいつまで続けるべきなのかを解説します。


会社の業績は? 転職に迷った時の判断材料にもなる「決算書」の読み方

会社の業績は? 転職に迷った時の判断材料にもなる「決算書」の読み方

自分の会社の業績についてチェックしたことはありますか? 今の会社や転職先の企業には、リストラや倒産の可能性がないか知っておくことはとても大事です。今回は最低限知っておきたい、決算書の読み方について紹介します。


AIの発展は、今後キャリアにどう影響する? シンギュラリティはあるのか

AIの発展は、今後キャリアにどう影響する? シンギュラリティはあるのか

前回は「AIに代替されにくいスキル」について紹介をしましたが、今回はそれに引き続き、AIはどこまで発展するのか、「シンギュラリティはあるか?」というテーマについて考察していきたいと思います。


長く働くには何が必要? 「AIに代替されにくいスキル」について考える

長く働くには何が必要? 「AIに代替されにくいスキル」について考える

前回、黒字リストラについての記事を紹介しましたが、今回は長く続けられる仕事を見つけるために、「AIに代替されにくいスキル」を紹介します。


最新の投稿


婚活は焦る必要ナシ!自分にあったパートナーを選ぶコツ

婚活は焦る必要ナシ!自分にあったパートナーを選ぶコツ

恋活・婚活・妊活、現代女性は公私共に求められるものが多いですね。だからといって何事にも焦りは禁物。ご自身の婚活に迷いが生じた時こそぜひ考えて欲しい、自分にあったパートナー選びのコツをご紹介します。


心理学が解説! マンネリや喧嘩の繰り返し…夫婦の結婚生活がうまくいく方法

心理学が解説! マンネリや喧嘩の繰り返し…夫婦の結婚生活がうまくいく方法

「小さなことでケンカしてしまう」「マンネリしてしまってドキドキも変化もない」結婚生活というものはなかなかうまくいかない場合があります。そこで今回は結婚生活がうまくいく方法について紹介。心理学できちんと証明された実験を通して、あなたの結婚生活の満足度を高めます。


急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

急な環境変化にも。キャリアの鍛え方がわかる「履歴書の書き方」をおさらい

環境の変化により、突然会社を辞めなくならなくなってしまったり、転職活動が必要になることもあります。そこで今回は転職活動の基礎となる「履歴書と職務経歴書の書き方」をおさらい。


覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

覚えておいて損はナシ!人間関係をスムーズにさせる断り方

友達や知人からやってきた乗り気でないお誘い、仕事の急な依頼、興味のない人からのアプローチ。私たちには時にこうした、即イエス!とは言い難い場面に遭遇します。うまく乗り切れれば良いのですが不器用な方だと、ちょっとした言い回しや断り方で余計に相手との関係に亀裂が生じることも……。


いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

いつまで続けるか悩む…。働く女性が仕事を「辞める」決心がつく時は

「今の仕事をいつまで続けよう……」なんて悩んでいませんか?職場環境や仕事へのやりがい、ライフイベントなど、その原因はさまざまです。そこで今回は、退職を考えるタイミングと転職率から、働く女性は今の仕事をいつまで続けるべきなのかを解説します。


RANKING


>>総合人気ランキング