どこかに居場所は必ずある!心が繊細でもできる仕事のみつけかた



心が敏感で、仕事が続かない……。

心が人よりも繊細。敏感に反応しては、すぐに疲れちゃう。ようやくの思いで入った会社もまた長続きしない……。

そんな日々を送っているうちに心が弱い自分を責めていませんか?在宅ワーカーになってから早6年。筆者もかつては仕事が長続きしないダメ女でした。

きっと自分だからできる仕事、そして働ける場所がどこかにはあります。心が繊細だからこそできる仕事をみつけだしましょう♩

心が繊細でもできるおすすめの仕事は在宅ワーク

心が人よりも繊細、あるいはなにかしらの持病を抱えている人にとって、毎日同じ時間に起床し、出勤するその一連の流れが難しかったりしますよね。

そもそも満員電車に乗った瞬間に吐き気が強くなり、慌てて次の駅で降りる人もなかにはいるでしょう。体調不良になるたびに会社に対し「すみません休みます」「今日はごめんなさい、行けません」と言っていたら、会社側も少し困ってしまいます。

とはいえ本人も現状を改善しようと努力しているからこそ、出勤できないのがそのうちつらくなってきます。

そこでおすすめの仕事が「在宅ワーク」です。自宅が仕事場になれば、出勤というステップがなくなります。仮にパジャマのまま仕事をしていても誰も怒りません。顔を洗い忘れて目やにがついていても、誰も笑ったりしません。

体調とも相談しながら仕事量を調節したり、急遽、お休みする日を変更したりと比較的、自由にスケジュールを組めるのです。

チャレンジしながら、ずっと続けられそうな仕事をみつける

在宅ワークには、様々な仕事があります。筆者のように「Webライター」(Webサイトに記事を書くお仕事)もあれば、イラストレーターやプログラミング、データ入力、Webデザイナーなど種類は多岐にわたります。

最初から「これが天職!」と思える仕事に出会えるとは限りません。まずは興味のあるお仕事からチャレンジをすること。もともともっているスキルがあれば積極的にアピールします。

スキルを持ち合わせていなくても、ライターやデータ入力はチャレンジしやすく、絵を描くのが得意ならイラストレーターも向いているのかもしれません。

何度もチャレンジしているうちに、ある日突然カチっとなにかはまる感覚になります。「これなら続けられるかもしれない」と思ったら、あとは前に向かって突き進んでいくだけでいいんです♩

働きながら家族のサポートもできる

在宅ワークをおすすめする理由がもう一点あります。それは万が一、家族になにかが起きても在宅ワークだと非常に両立しやすいのです。

ある知り合いの在宅ワーカー(女性)は、父親のがんが判明し、最初は慌てふためいたそうです。あまりにも突然のことで病気が分かってから数日はたくさん泣いたそう。しかし、彼女はあくまでもポジティブです。

在宅ワーカー(フリーランス)ならいくらでも家族のサポートと仕事を両立できるじゃん!と。それからは仕事を前倒ししようとさらに意識するようになり、むしろ父親が病気になる前の生活よりもメリハリをつけるようになり、さらには母親との時間も大切にしたいと思ったそうです。

心が人よりも繊細な人にとって家族の病気を受け止めるというのは、もしかしたら他の人以上に苦しく、どういたらいいのか分からなくなってしまうかもしれません。

けれど、そんなときも在宅ワークなら働きながらでも家族のサポートに回れて、仕事を辞めずに済むんです。それって、ものすごく有難い環境ですよね♩

心が弱くても心配する必要はない♡

心が弱いと、少しのことでも動揺し、涙が流れてしまいます。だからこそ、自分の居場所を少しでも早くみつける必要があるんです。

心の弱さも文章やアートの分野では個性になります。武器になるのです。他のジャンルでも、心が繊細だからこそ完成できる仕事が必ずあるでしょう。

「私なんて」と思わずに、少しずつ情報を集めながら私でもできる仕事、私だからできる仕事をみつけだしましょう♩