女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


「キャリアアップしたい女性」って多いもの?

「専業主婦になりたい」というと、人から批判されることがあったり、働く女性と専業主婦の対立問題が話題になるなど……働く女性が“当たり前”という感覚になりつつある今。女性のキャリア観も日々大きく変わっています。そこで今回は、「キャリアアップしたい」と考えている女性はどれくらいいるものなのか? を読者の100名にアンケート調査!
今の年収から会社への不満についても、赤裸々に公開します。

今の年収は?

〜300万円 38%
300万〜500万円 40%
500万〜700万円 13%
700万円〜 9%

今の年収を聞いたところ、もっとも多いのが年収300万円〜500万円という回答に。ジェンダー・ギャップ指数2018などの調査データを確認すると、男女の賃金格差が他国に比べて大きな日本ですが、最近では男女の雇用格差を縮めようと、少しずつ改善している様子がみられます。

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査(2019年)」を見ると、男性の所定内給与(所得税、社会保険料、組合費、購買代金等を差し引く以前の総額)は34万8,400円。それに対して女性は26万3,600円という結果になっています。差はなんと8万円以上とのこと……。

少しずつ男女格差は緩和されつつありますが、働く女性が今後も増加することを考えると、さらに女性にもしっかり「稼げる環境」を整えて行かなければなりません。

「仕事を辞めたい」と思う理由は?

人間関係:28%
給料の低さ:24%
残業時間や休日出勤などの労働条件:20%
仕事の内容ややりがいのなさ:16%
会社の将来が不安:12%

そこで働く女性100名に「仕事を辞めたいと思う理由」についてもアンケートをしてみたところ、もっとも多いのが人間関係という結果に。女性が少ない中小企業でのコミュニケーショントラブルや、逆に女性同士の対立があるのが現状のよう。

また、上記にも書いたような「給料の低さ」が気になっている方も多いことがわかりました。

<回答例>

「具体的なところに関しては理解しようとしてくれないくせに、なにか面倒なことがあると“女性だから〜”と性別のせいにされたり、仕事から外されたりする」

「女性社員が少ないので、コミュニケーションの取り方をわかっていないのか、これってハラスメントじゃないの?と思うようなことを平気で言ってくる男性社員が多い」

「同期の男性社員より多く仕事量をこなしているのに、給料は同じどころかむしろ自分の方が低くてびっくりする」

「女性社員の管理職がいなくて、ロールモデルがいないのはもちろん男性優位の会社にでき上がっている」

「女性が少ないので必然的に仲良くなる……かと思えばお局さん的な女性がいて、一番トラブルを作っている」

「キャリアアップしたい」って思う?

働く女性が増え“つつ”ある、とはいえまだ女性のキャリア進出は発展途上。
そこで気になるのが「キャリアアップしたいと思うか、思わないか」ということ。回答をみてみると、なんと7割近くの働く女性がキャリアアップしたいと「思う」と答えました。

思う:68%
別にいい:32%

<回答>

「結婚したからといって、専業主婦になれるような時代ではなくなってしまったから」

「単純にお金を稼ぎたい!稼げる女の方が格好いい」

「女性の方がマメだし、謙虚でコミュニケーション能力も高い。もっと評価されるべきだと思うから」

「働かなくていいなら働きたくないのが本音だけど、どうせ働くならきちんとお給料をもらいたい」

女性だって稼げる!が働く女性の理想

結婚した女性は家庭に入るもの。そんな固定概念が崩れている今。「キャリアアップしたい」「もっと稼ぎたい……」と思う女性は多いものです。

働く女性の希望は、男女対等に評価され、働きやすい環境をつくること。もちろん、子育て世代の場合は育児休暇が必要であるなど、これまであまり重要視されていなかった制度などに注力が必要になりますが、それは本来であれば、労働者全てに与えられる権利です。男性育休を国が進めるなど、少しずつジェンダーギャップも緩和されつつある今こそ、実際に働く女性の声を聞きながら、会社が少しでも制度に取り組み、古くから生み出されてきた当たり前の感覚を今の時代に合わせてアップデートしていってくれますように。






この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


調査 アンケート キャリア

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


最新の投稿


シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

お肌の透明感やシミ、毛穴が気になる・・・毎日のスキンケアをもっとアップデートさせたいなら、内側からお肌をケアする「飲む医薬品」がおすすめです♡ エステに通うのは難しい、でもスキンケアをしっかりしたい!そんな方は必見です!


入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

業績不振などを理由に「給与カット」「ボーナスカット」というのは実はよくある話。長年働いた会社であれば今までの信頼関係もあり、耐える事ができる局面ですが、入社後すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された場合はどうするべきなのでしょうか?


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

最近「社内ストーカー」という行為が増えているそうです。社内での付きまといや、監視、待ち伏せなど、は珍しい事例ではないようです。今回は近年増える社内ストーカーの実態や、被害にあった時のどうすればいいのかをご紹介します。


あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

不倫は職場で起こりやすいと良く聞きますが、同僚は意外と気づいている事が多いです。今回は「社内不倫している人のあるある行動」を紹介します。こんな2人を見かけたらあなたならどうする?


RANKING


>>総合人気ランキング