女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


「キャリアアップしたい女性」って多いもの?

「専業主婦になりたい」というと、人から批判されることがあったり、働く女性と専業主婦の対立問題が話題になるなど……働く女性が“当たり前”という感覚になりつつある今。女性のキャリア観も日々大きく変わっています。そこで今回は、「キャリアアップしたい」と考えている女性はどれくらいいるものなのか? を読者の100名にアンケート調査!
今の年収から会社への不満についても、赤裸々に公開します。

今の年収は?

〜300万円 38%
300万〜500万円 40%
500万〜700万円 13%
700万円〜 9%

今の年収を聞いたところ、もっとも多いのが年収300万円〜500万円という回答に。ジェンダー・ギャップ指数2018などの調査データを確認すると、男女の賃金格差が他国に比べて大きな日本ですが、最近では男女の雇用格差を縮めようと、少しずつ改善している様子がみられます。

厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査(2019年)」を見ると、男性の所定内給与(所得税、社会保険料、組合費、購買代金等を差し引く以前の総額)は34万8,400円。それに対して女性は26万3,600円という結果になっています。差はなんと8万円以上とのこと……。

少しずつ男女格差は緩和されつつありますが、働く女性が今後も増加することを考えると、さらに女性にもしっかり「稼げる環境」を整えて行かなければなりません。

「仕事を辞めたい」と思う理由は?

人間関係:28%
給料の低さ:24%
残業時間や休日出勤などの労働条件:20%
仕事の内容ややりがいのなさ:16%
会社の将来が不安:12%

そこで働く女性100名に「仕事を辞めたいと思う理由」についてもアンケートをしてみたところ、もっとも多いのが人間関係という結果に。女性が少ない中小企業でのコミュニケーショントラブルや、逆に女性同士の対立があるのが現状のよう。

また、上記にも書いたような「給料の低さ」が気になっている方も多いことがわかりました。

<回答例>

「具体的なところに関しては理解しようとしてくれないくせに、なにか面倒なことがあると“女性だから〜”と性別のせいにされたり、仕事から外されたりする」

「女性社員が少ないので、コミュニケーションの取り方をわかっていないのか、これってハラスメントじゃないの?と思うようなことを平気で言ってくる男性社員が多い」

「同期の男性社員より多く仕事量をこなしているのに、給料は同じどころかむしろ自分の方が低くてびっくりする」

「女性社員の管理職がいなくて、ロールモデルがいないのはもちろん男性優位の会社にでき上がっている」

「女性が少ないので必然的に仲良くなる……かと思えばお局さん的な女性がいて、一番トラブルを作っている」

「キャリアアップしたい」って思う?

働く女性が増え“つつ”ある、とはいえまだ女性のキャリア進出は発展途上。
そこで気になるのが「キャリアアップしたいと思うか、思わないか」ということ。回答をみてみると、なんと7割近くの働く女性がキャリアアップしたいと「思う」と答えました。

思う:68%
別にいい:32%

<回答>

「結婚したからといって、専業主婦になれるような時代ではなくなってしまったから」

「単純にお金を稼ぎたい!稼げる女の方が格好いい」

「女性の方がマメだし、謙虚でコミュニケーション能力も高い。もっと評価されるべきだと思うから」

「働かなくていいなら働きたくないのが本音だけど、どうせ働くならきちんとお給料をもらいたい」

女性だって稼げる!が働く女性の理想

結婚した女性は家庭に入るもの。そんな固定概念が崩れている今。「キャリアアップしたい」「もっと稼ぎたい……」と思う女性は多いものです。

働く女性の希望は、男女対等に評価され、働きやすい環境をつくること。もちろん、子育て世代の場合は育児休暇が必要であるなど、これまであまり重要視されていなかった制度などに注力が必要になりますが、それは本来であれば、労働者全てに与えられる権利です。男性育休を国が進めるなど、少しずつジェンダーギャップも緩和されつつある今こそ、実際に働く女性の声を聞きながら、会社が少しでも制度に取り組み、古くから生み出されてきた当たり前の感覚を今の時代に合わせてアップデートしていってくれますように。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


調査 アンケート キャリア

関連する投稿


モチベが下がった…!資格勉強のやる気が出なくなった時の5つの対処法

モチベが下がった…!資格勉強のやる気が出なくなった時の5つの対処法

スキルアップのために資格勉強を日々頑張っているという方も多いのではないでしょうか。しかし、人間ですから「やる気がでない…」と前向きに資格勉強に取り組めない時もありますよね。 2年半ほど、資格取得に奮闘していた筆者の体験談も交えながらモチベ-ションが下がった時の対処法をご紹介します。


【ストレスを感じている人が5割も?!】新しい生活様式における健康状態の変化

【ストレスを感じている人が5割も?!】新しい生活様式における健康状態の変化

新しい生活様式を取り入れている私たちですが、体調面では何か変化があったでしょうか? 株式会社サーティフィットが全国に住む20歳から60歳の男女200名を対象に行った「新しい生活様式下(緊急事態宣言の解除後)における健康状態調査」の結果をチェックしていきましょう。


先が見えない今こそ! キャリアアップの道筋を考える「キャリアパス」とは

先が見えない今こそ! キャリアアップの道筋を考える「キャリアパス」とは

「仕事がつまらない」、「先が見えない世の中で不安」など、さまざまな思いを抱えることがあります。そんなときは、キャリアパスを考えて自分の目指すべきゴールを明確にしてみましょう。今回はキャリアパスの考え方についてご紹介します。


【元・地方OLが告白!】私が地方でフリーランスになるためにしてきた3つのこと

【元・地方OLが告白!】私が地方でフリーランスになるためにしてきた3つのこと

フリーランスって憧れる!でも地方に住んでいるから無理かなぁ…これは数年前に筆者が思っていたこと。しかし、新しい生活様式が始まった今だからこそ、地方に住んでいたっていくらでもチャンスはあります。筆者の体験談を踏まえながら3つのヒントを伝授いたします。


やりたいことがあるのになかなか一歩が踏み出せない。そんな時に試すべきこと

やりたいことがあるのになかなか一歩が踏み出せない。そんな時に試すべきこと

「いつかこれをやってみたい」思いは心のうちに秘めているのになかなか行動できない……こんな葛藤を抱えている方も多いのではないでしょうか。 最初の一歩を踏み出すにはきっときっかけが必要です。元OLの筆者の体験談も交えながら前へ進むための3つのリストをご紹介します。


最新の投稿


スキンケアの新常識!時短で保湿力抜群なナイトマスク(スリーピングマスク)

スキンケアの新常識!時短で保湿力抜群なナイトマスク(スリーピングマスク)

皆さんは保湿をするために、どんな方法を選んでいますか? もしかすると多くの場合はスペシャルケアとしてローションタイプのマスクを使用しているかもしれません。だけど、放置時間があって、普段のケアにプラスするひと手間もあって、正直面倒ですよね。そこで保湿力抜群の新たなアイテムに置き換えて、時短してラクをしちゃいましょう!


知識のシャワーを浴びて!書店に通い続けるライターが送る本屋巡りの楽しみ方

知識のシャワーを浴びて!書店に通い続けるライターが送る本屋巡りの楽しみ方

毎日、書店に通い続けていると、少しずつ感性も研ぎ澄まされていきます。今回は、本屋さん巡りの楽しみ方をご紹介します。


マスクメイクは目元に差し色を。視線を集めるカラーアイシャドウパレット|お守りコスメ

マスクメイクは目元に差し色を。視線を集めるカラーアイシャドウパレット|お守りコスメ

マスクが手放せなくなった今、目元の印象を重視している女性は多いはず。「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、日本人は目元から相手の感情を読み取ろうとするからです。そんな重要パーツ、目元を華やかに見せてくれるアイパレットを今回はお守りコスメとして紹介。プチプラで試しやすいセザンヌの新色シャドウ、ぜひお試しあれ。


「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、歯科衛生士の和田京子さん。子ども向けの歯科クリニック『キッズデンタル』で主任を務めながら、プライベートも全力で楽しんでいる素敵な女性です♡


Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

皆さんは、「マインドフルネス」が一体何なのか知っていますか? マインドフルネスとは過去や先入観、雑念にとらわれることなく、あるがままに知覚して受け入れることをいいます。今回は、Google社をはじめとして、企業でもマインドフルネスを取り入れられるようになった理由をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング