環境に優しい暮らし!「エシカルライフ」を取り入れる人がやっていること

環境に優しい暮らし!「エシカルライフ」を取り入れる人がやっていること

最近環境保全にまつわる単語を聞くことが多くなっていませんか。「エシカル」「サスティナブル」など…アパレル業界などを筆頭に使われる頻度が高くなっています。そしてその配慮は私たちの暮らしにまで。環境に優しい「エシカルライフ」を目指す人は、どのようにして過ごせばいいのでしょうか?


これから求められるのは環境を意識した行動! 「エシカルな暮らし」はどう取り組めばいい?

最近「エシカルライフ」や「サスティナブル」といった、環境保全に関するワードを耳にすることが増えています。

エシカル:倫理的という意味から、環境保全や社会貢献を表す際に使われる
サスティナブル:持続可能という意味から人間・社会・地球環境の持続可能な発展を表す

けれど、それぞれの意味を知っても、パッとなにを指しているのかがわかりづらく、私たちが普段具体的にどのような行動や工夫をすればいいのか? がわかりづらいと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。アパレル業界が率先してブランドに取り入れたこともあり「おしゃれ」というイメージが先行してしまい、ハードルが高く見えている方もいるかもしれません。

けれど、実際に環境保全のことを考えた「エシカルな暮らし(エシカルライフ)」はちょっとした意識ですぐに身につけることができます。エシカルな暮らしは、「意識が高い人がすること」ではなく、すぐに始められることなのです。ぜひチェックしてみてくださいね。

必要のないものは「断る」

レジ袋が有料化になって、必要以上に袋を「もらう」ということがなくなった人も多いのではないでしょうか?

「ゴミ袋が有料になったからといって、それほどまでに環境に大きな変化をもたらすわけではない」と主張をする人もいるけれど、社会的な動きは取り入れやすいものからスタートするというのがセオリー。ゴミ袋有料化をきっかけに、環境問題について考えるきっかけを与えたり、今後の動きにもサスティナブル(持続可能なもの)な考えを少しずつ浸透させるという長期的な狙いがあって踏み切ったことでしょう。

ゴミ袋と同じく、環境を意識したエシカル思考を持った人は、不要なものは「断る」という考えが根付いています。必要以上にゴミを出さない(ゴミは燃やすとダイオキシンが発生するため環境汚染に繋がり、埋めることで土壌汚染につながります)という意識が根付いてるのです。
今後は海外と同じように、食料品は必要な分だけ買う「量り売り」や、「バラ売り」というスタイルに変化していくことでしょう。

修理して使う

使っていたものが壊れてしまったときも、すぐに新しいものに買い換えるのではなく「修理」して使うことを検討してみましょう。例えば粗大ゴミなどの大きなものを捨てる時には、処理コストというものがかかりますが、これをなるべく安くおさえるために、悪質な処理業者が使われるということも問題に挙がりました。このような業者が増えることで起こってしまったのが、不法投棄や不適正処理なのです。

日本はゴミの排出量が世界一の国。もちろん焼却炉の数も世界でもっとも多い国です。捨てるにもお金はかかっているので、壊れたものがあったとしてもすぐに消費を促すのではなく、使えるものは修理して使うようにお金の使い方を見直していきましょう。

繰り返し使う

また、ペットボトルの再利用ボックスをはじめとした、「リサイクル」にも注目していきましょう。ものを繰り返す使うことで、ゴミの量を減らすことができます。空っぽになった化粧品の容器や、古くなった洋服・下着を回収している小売店も増えてきました。

このような取り組みはすべて、国連サミットで採択されたSDGs(エス・ディージーズ)が掲げる17の目標に沿った動きです。今後も有名な企業を筆頭に、再利用を促す取り組みが増えていくでしょう。私たち個人の動きもとても重要です。捨てるものがあった時にも、「これはどこに持っていくべきか」を意識してみましょう。

形を変えて使う

不要になったアイテムも、アレンジを加えたり形を変えることによって引き続き使えるのでは? という思想をもつことが大切です。作りすぎて余ったカレーを、コロッケにしたりカレードリアにしたり…とアレンジすることと同じように、モノにもアレンジを加えて長く使うことです。
企業と一緒に取り組むリサイクルという方法を取り入れるのはもちろんですが、形を変えて使うはひとりでも進められることです。愛着のあるアイテムを別の物に変えて、さらに長く愛していきましょう。

「オシャレ」でも「意識が高い」でもない! すぐに始められるエシカルライフ

いかがでしたか?
エシカルライフとは、「意識が高い人だけが取り入れている生活習慣」でもなければ「オシャレ」なものでもありません。私たちの小さな意識の変化ですぐに行えることなのです。もちろん、エシカルという言葉が指しているのは、ゴミのことだけではありませんが(例えば、生き物の命を搾取した毛皮、革、シルク製品などを減らすといった取り組み、フェイクのもので補われたアイテムもエシカルファッションというように呼ばれます)、このように「無駄な消費を増やさない」という意味合いであれば、すぐに生活に取り入れることができると思いませんか?
今一度自分の生活や行動を見直し、環境のことを考えたアクションを行っていきましょう。今は最先端の動きのように思えるエシカルライフも、今後は当たり前のものとして定着していくはずです。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


環境 サスティナブル

関連する投稿


やる気のない部下にはどう接する?心理学が教えてくれるマネジメント法

やる気のない部下にはどう接する?心理学が教えてくれるマネジメント法

中間管理職や、部下を抱える人がストレスで会社を退社するケースがあるのをご存知ですか? それほどまでに、マネジメントに頭を悩ませる人は多いものです。放置のしすぎも、過保護も部下のためになりません。今回はマネジメントに役立つ心理学を紹介。


環境を変えるだけでは変われない! あなたがイキイキ仕事をできる方法

環境を変えるだけでは変われない! あなたがイキイキ仕事をできる方法

毎日の仕事が退屈で仕方ないのは職場環境のせいだと思い込んでいませんか? 人間関係のトラブルなどは別として、人間は環境が変わったからといって内面が変わるわけではありません。大切なのは環境と共に、意識を変えること。毎日の仕事に前向きに取り組める、心理について知っていきましょう。


【アクセス編】駅近は家賃が高くなるけど…。働く女性が住む場所はどこがイイ?|MY WORK ヒント#91

【アクセス編】駅近は家賃が高くなるけど…。働く女性が住む場所はどこがイイ?|MY WORK ヒント#91

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第91回目は、働く女性が住む場所についてです。


【設備編】女性一人暮らしであると便利な設備3選|MY WORK ヒント#88

【設備編】女性一人暮らしであると便利な設備3選|MY WORK ヒント#88

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第88回目は、女性の一人暮らしであると便利な設備をご紹介します。


職場環境が悪いと作業効率がダウン。心地よいオフィス環境を作るには

職場環境が悪いと作業効率がダウン。心地よいオフィス環境を作るには

あなたが普段過ごしている職場は、快適な環境であると堂々と言うことができますか? 1日の大半を職場で過ごす人にとって、オフィス環境の改善は常に欠かせないもの。これまでいくつものオフィスにお邪魔してきたからこそ分かる、「快適なオフィス作り」をまとめました。


最新の投稿


スキンケアの新常識!時短で保湿力抜群なナイトマスク(スリーピングマスク)

スキンケアの新常識!時短で保湿力抜群なナイトマスク(スリーピングマスク)

皆さんは保湿をするために、どんな方法を選んでいますか? もしかすると多くの場合はスペシャルケアとしてローションタイプのマスクを使用しているかもしれません。だけど、放置時間があって、普段のケアにプラスするひと手間もあって、正直面倒ですよね。そこで保湿力抜群の新たなアイテムに置き換えて、時短してラクをしちゃいましょう!


知識のシャワーを浴びて!書店に通い続けるライターが送る本屋巡りの楽しみ方

知識のシャワーを浴びて!書店に通い続けるライターが送る本屋巡りの楽しみ方

毎日、書店に通い続けていると、少しずつ感性も研ぎ澄まされていきます。今回は、本屋さん巡りの楽しみ方をご紹介します。


マスクメイクは目元に差し色を。視線を集めるカラーアイシャドウパレット|お守りコスメ

マスクメイクは目元に差し色を。視線を集めるカラーアイシャドウパレット|お守りコスメ

マスクが手放せなくなった今、目元の印象を重視している女性は多いはず。「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、日本人は目元から相手の感情を読み取ろうとするからです。そんな重要パーツ、目元を華やかに見せてくれるアイパレットを今回はお守りコスメとして紹介。プチプラで試しやすいセザンヌの新色シャドウ、ぜひお試しあれ。


「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

「人生の大きな目的は、知識ではなく行動である」ウーマンダイアローグ #44

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、歯科衛生士の和田京子さん。子ども向けの歯科クリニック『キッズデンタル』で主任を務めながら、プライベートも全力で楽しんでいる素敵な女性です♡


Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

皆さんは、「マインドフルネス」が一体何なのか知っていますか? マインドフルネスとは過去や先入観、雑念にとらわれることなく、あるがままに知覚して受け入れることをいいます。今回は、Google社をはじめとして、企業でもマインドフルネスを取り入れられるようになった理由をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング