恋も仕事も友情も結局はここ。結びつきを強くする「信頼」の築き方

恋も仕事も友情も結局はここ。結びつきを強くする「信頼」の築き方

好きな人を大事にしたい気持ちが強くなると、関係性が窮屈になりがち。でも、実は本当にすべきなのは期待や心配をかけるより相手を「信頼する」ことです。今回は、人を信頼する大切さについてご紹介。


好きだから、干渉したい。それって本当の愛情?

友達や恋人、家族。
自分にとって大切な人ほど、密な関係性を築きたいと思うのはごく自然な感情です。それに互いの境界線がなくなるほどに混じり合い、干渉しあえることを良しとする間柄って、それだけでなんだか特別なものに感じますよね。

しかし、本当に良い関係というのはベタベタにくっつくような距離感ではなく、半径1.5mくらいの隙間があるような関係なのかもしれません。相手を信頼するというのは、そうした心のソーシャルディスタンスを適切にはかり合うことではないでしょうか。今回は、好きな相手だからこそ大切にしたい信頼関係の築き方についてご紹介いたします。

信頼とは、相手の「人間性」と「自由意志」を認めること

信頼とは読んで字のごとく「信じて頼ること」ですが、それだけではありません。とくに人間関係においての信頼というのは、相手の人間性を認めることであり、相手の自由な選択と生き方を認めることです。

両親が子どもの進学や進路を心配するあまり色々と口を出したり、行動を制限するのは「信頼」ではなく「束縛」です。恋人が自分の知らないところで何をしているのか心配になって、電話をしたり追求したりするのも信頼ではなく、束縛。

私たちは相手を愛するあまり、自分の元を離れて欲しくなくて心配という名の過剰な愛情で相手を縛ろうとしてしまうことがあります。しかし、信頼はその反対で「アナタならきっと大丈夫」と相手の人間性を認め、相手の人生の選択を適度な距離から見守ることです。これは束縛するよりももっと難しく、深い愛情がないとなかなか出来ることではありません。

無条件に人を信頼するには、自己肯定感が必須

人を信頼することの何が難しいかというと、それは裏切られる可能性があるという点ではないでしょうか。というのも、自分が信じた相手が必ずしも自分にとって都合の良い選択をするとは限らないからです。

先の例で言えば、親が子どもを信頼して進路を任せたものの、親の思う通りの進路を選んでくれなかった場合。それは親にとってある種、「裏切られた」と感じるような結果になり得るでしょう。恋人を信じて自由を与えて結果、浮気をしてしまった場合も同じです。信じた分、裏切られたダメージは相当大きくなるので、人を信頼するというのは決して簡単ではありません。

手放しで相手を信頼することができる唯一の方法は、高い自己肯定感を持つことです。自己肯定感とは自分の良い部分も悪い部分も、そのまま認め愛することのできる力です。

この自己肯定感があれば、相手を信頼する時も「私が信頼できると思えるのだから、この人は絶対に大丈夫!」と根拠はないものの確かな充足感で相手を信じられるようになります。

誰も彼もを信用し、信頼する必要はない

良好な人間関係を築くには、相手の人間性を信じ、相手の自由な意志を尊重することにあります。これができる人は、間違いなく信頼した相手からも強い愛情と信頼を勝ち得ます。

だって想像もしてみてください。
あなたが選んだ人生の全てを肯定し、屈託のない気持ちであなたの全てを認め受け入れてくれるような相手をどうして裏切ることができるでしょうか。そんな深い愛情を向けてくれた相手を大事にしたいと思わずにはいられませんよね。相手からのそのような愛情が欲しければ、まずご自身が相手に深い愛情を信頼という形で表現しましょう。

もちろん、誰も彼もを信頼する必要はありません。信頼するというのは、あなたの大事な心を相手に渡すのですから、あなたが本当に深く大切にしたいと思う人に対してのみで良いのです。出会う全ての人を信頼できるのは、素晴らしいことかもしれません。

しかし、そんなマザーテレサのような行ないは一挙手一投足できるような芸当ではないのです。まずはご自身の自分を信頼する力を養い、信頼に値する人を一人ひとり大切にし、少しずつ信頼できる人を増やしていくことから始めてみましょう。ぜひ、参考になさってみてくださいね。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


関係性を壊さずに断る! 相手に要望を伝えるための「DESC法」って

関係性を壊さずに断る! 相手に要望を伝えるための「DESC法」って

イヤな仕事を頼まれた時や、仕事に関してのモヤモヤが募っている時。面倒ではありますが、その状況や環境を改善するためには、自分の意見を伝えなければなりません。今回は、関係性を壊さずに、自分の要望を相手に伝えるためのコミュニケーション術をご紹介。


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


みなし残業は早く切り上げてはいけないの? #これってハラスメントですか?!

みなし残業は早く切り上げてはいけないの? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は「みなし残業」にまつわるこんなご相談。


こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

この人、なんだかいいひとかも…? なんて判断するにはまだ早いかも。その彼と付き合う前に、結婚を考える前に、まずはチェックするところがあるはずです。ダメンズに引っかかる前に、注意すべき点をお教えします。


最新の投稿


用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

レジ袋有料化に伴って、買い物の際に必要不可欠なアイテムとなった「エコバッグ」。手に入れようと探してみても、意外と機能性の幅が広く、どれを使えばいいのか悩んでいる人も多いのでは? そこで今回は、用途別にどんなエコバックを使えばいいのかご紹介します。


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

転職活動を始めたはいいものの、思うように進まない…なんて悩みに直面した方も多いのではないでしょうか? 自分が思ったように物事が進まないと、ついやる気も失せてしまいます。けれど、転職活動がうまくいかないときにも必ず理由があるもの。キャリアアドバイザーが転職活動が思うように進まない時の対処をお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング