非常事態が日常化?! アフターコロナで私たちの生活はどう変化するのか

非常事態が日常化?! アフターコロナで私たちの生活はどう変化するのか

緊急事態宣言が発令されてから1ヶ月以上経過した今、非日常が日常化しつつあります。全ての地域で緊急事態宣言が解除されたとして、どこまでがいつも通りの日常に戻るのでしょうか? アフターコロナの世界で私たちの生活はどのように変化するのか……筆者の予想を交えながら考えていきます。


非常事態が日常に変化してきている

突然ですが皆さんは、「インキュベートの法則」をご存知でしょうか?
インキュベートの法則とは「21日間継続した事は習慣化する」というもの。何か覚えて習慣化したい事を21日間続ければ、顕在意識から潜在意識へと変わり、行動が習慣になって定着するというものです。

4月7日に非常事態宣言が発令されてからすでに1ヶ月以上経ちます。すでに解除されている地域もありますが、この緊急事態宣言が発令されたことによって、会社がテレワークを導入したり、外出を控えたりといった生活に変化があったのは事実です。1カ月以上経過しているため、もう既に「習慣化されている」という人も多いでしょう。

はじめは慣れない事態に戸惑っていても、気が付いたらお家で仕事する空間に慣れていたり、買い物も生活必需品のみを買いにささっと済ませる程度で当たり前になっていたはずです。

もしこの緊急事態宣言が、全ての地域で解除されたとしても完全には元の日常に戻るわけではありません。非日常で学んだことが日常に組み込まれていくのでは? と筆者は考えています。そんなアフターコロナの世界で私たちの生活はどのように変化するのか、今回は予想も交えながら考えていきたいと思います。

会議はオンラインが主軸に

テレワーク期間中にオンライン会議をした人もたくさんいると思いますが、アフターコロナでもこのWEB会議はスタンダードになっていくでしょう。

もともと大手企業では「週1日だけテレワークといったシステム」を既に導入している会社も多数ありましたが、中小企業でも引き続きテレワークを進める方向になっています。会議のためだけに出社したり、アポイントがあるから会社に出向く……というのは徐々に少なくなっていくでしょう。少なくとも社内の場合は、オンライン会議ができれば十分回るはずです。

住む場所に変化

通勤しなくても仕事が回る状況が続けば、働き方自体を見直す人もいるでしょう。完全テレワーク化となった場合、これまで大きなストレスとなっていた通勤もなくなるため、会社に近い都心に住む必要もなくなります。今までは金銭面で少し無理してでも、会社から通える場所を選んでいたという人も居たはずです。今後は少し郊外に家を構えて、テレワークを続ける人も増えていくでしょう。

テレワーク環境を想定した設備や、仕事で疲れた体を癒す緑の多い公園が地域が人気に……と物件選びのポイントも変わってきています。

コト消費の価値がさらに上がる

モノ消費からコト消費に変わっている……。
そんな話題をニュースでも多く見かけるようになりました。商品の所有に価値を見出す消費傾向を「モノ消費」、商品やサービスを購入したことで得られる体験に価値を見出す消費傾向を「コト消費」といいますが、アフターコロナでさらにコト消費の価値が上がります。

すぐに開催するのは難しいですが、ライブや飲み会など様々なイベント事が中止されてきたからこそ、今まで以上にお金をかけたいと思うようになった人も多いのではないでしょうか? 今こそ、リアルに体験できる価値について考えていきたいものです。

新しい時代の生活に慣れていこう

いかがでしたか?

事態が落ち着いたとしても世界危機であることには変わりありません。「今まで通りの生活に戻る」という考え方ではなく、「次に進む」という前向きな思考を大切にしながら、暮らしていきたいものです。
今回ご紹介したことが全てが現実になるとは言い切れませんが、少しずつ新しい時代にシフトしつつあります。

みなさんはそんな未来を受け入れることができますか? どんな生活ができると良いと思いますか? アフターコロナの世界の暮らし方について、考えるきっかけになれば嬉しいです。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


家事を簡略化する、お家快適化計画!【コロナ禍で変わったわたしの生活習慣】

家事を簡略化する、お家快適化計画!【コロナ禍で変わったわたしの生活習慣】

新型コロナウイルスの影響によって、私たちの生活も大きく変化しました。そこで今回は、働く女性にコロナ禍で変わった生活習慣について聞いてみました! 今回教えてくれるのは株式会社ビジネスウォリアーズの中村 まいさんです。


仕事も生活もどちらも諦めない。第3の働き方「フルキャリ」という考え方

仕事も生活もどちらも諦めない。第3の働き方「フルキャリ」という考え方

キャリア重視の「バリキャリ」か、生活重視の「ゆるキャリ」のどちらかで捉えられる傾向がありましたが最近は新しい考え方として「フルキャリ」を望む女性も増えてきています。一体どんな働き方なのでしょうか?


「家事は無理せず効率的に」が新ルールに。ミレニアル世代の生活実態の変化

「家事は無理せず効率的に」が新ルールに。ミレニアル世代の生活実態の変化

20代後半~30代の『ミレニアル世代』の既婚女性たちはどのような生活を送っていて、昔と比べてどのように変化をしていったのでしょうか? 花王株式会社「生活者研究センター」が20代後半~30代の既婚女性に、日頃の家事について調査を実施。その結果を見ていきましょう。


テレワーク中は自炊と読書で心の余裕を【コロナ禍で変わったわたしの生活習慣】

テレワーク中は自炊と読書で心の余裕を【コロナ禍で変わったわたしの生活習慣】

新型コロナウイルスの影響によって、私たちの生活も大きく変化しました。そこで今回は、働く女性にコロナ禍で変わった生活習慣について聞いてみました! 今回教えてくれるのは株式会社Human Investmentの中井 優⾥さんです。


ネットスーパーの活用で時間もお金も節約!【コロナ禍で変わったわたしの生活習慣】

ネットスーパーの活用で時間もお金も節約!【コロナ禍で変わったわたしの生活習慣】

新型コロナウイルスの影響によって、私たちの生活も大きく変化しました。そこで今回は、働く女性にコロナ禍で変わった生活習慣について聞いてみました!今回教えてくれるのは株式会社Surpass SMソリューション事業部の寺嶋 夏蓮さんです。


最新の投稿


旅行で相性が分かる⁈ 旅を楽しめる女友達と楽しめない女友達の違いって

旅行で相性が分かる⁈ 旅を楽しめる女友達と楽しめない女友達の違いって

旅行は友達との本当の相性が分かるイベントでもあります。親友だと思っていた友人と旅行に行ったのに、なかなか意見が合わず結果的に喧嘩別れ……。一緒に旅行を楽しめる女友達と、楽しめない女友達は何が違うのでしょう?


「チャンスは鳥のようなものだ 飛び去らないうちに捕らえよ」ウーマンダイアローグ #46

「チャンスは鳥のようなものだ 飛び去らないうちに捕らえよ」ウーマンダイアローグ #46

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはプレスラボの池田園子さん。2020年に代表取締役に就任されたばかりですが、どのような背景があったのでしょうか?ライター駆け出し時代からコロナ禍の現状まで、たくさんのお話しを伺いました。


【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

下半期もあっという間に過ぎていく中でも、マスク生活がスタンダードに。目元や唇のケアが大切になってきます。肌に少しでも負担がかかりにくいオーガニックコスメは、いま注目すべきアイテムです。そこで筆者がオーガニックメイクアップコスメを厳選。まだチェックしていないという人は、ぜひこの機会にチェックしてみて。


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

美容は一朝一夕で手に入るものではなく、毎日のお手入れの積み重ねから美容貯金となり、未来に表れるものです。とはいえ全てのパーツのケアを毎日入念に行うのは大変なこと。そこで「20代のうちにやっておくべき美容法」に優先度の高いものをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング