先が見えなくて不安!つらい時期を乗り越えるために意識したいこと

先が見えなくて不安!つらい時期を乗り越えるために意識したいこと

先が見えなくて不安。いつになったら落ち着くか分からず、涙が止まらない日もあるのでは?昔から「夜明け前は一番暗い」といいます。新しいステージに向けての準備期間だと思って、今の自分ができることを進めましょう!


「喪失」の連続で、心がヘトヘトに

「また会おうね」と言っていたのに、友人と会えなくなる。いつものお気に入りのカフェがお店を閉じることになった。仕事がまたひとつ減ってしまった。

今回の新型コロナウィルス感染症の影響はかなり大きく、すでに何度も「喪失」を経験し、先が見えなくて涙が止まらないときもあるのではないでしょうか。

今は誰もがつらい時期を迎えています。こんなときだからこそ「今ここ」に集中しましょう。

つらいときだからこそ自然に触れよう

つらい時期を迎えると、少しでも現状を抜け出したくてあくせくします。しかし、社会全体が落ち着くまであえてペースを下げてみるのもひとつの選択肢です。

外出自粛が緩和される場所も増えていますが、東京のように依然として外出自粛が続いている場所もあります。外出は制限されていますが、健康維持のための軽い運動(ウォーキングなど)は許されていますね。

きちんと3密を避けていれば自然に触れることも許されています。自然に触れるといっても、わざわざ遠出をするのではなく、あくまでも近所を散歩しながら自然を感じることが大切です。

どこからから蝶が飛んで来たら「つらい時期を乗り越えられますように」と祈ることで心が落ち着きます。大きな飛行機雲に遭遇したら、もしかしたら今はこの世にはいない大切な誰かがエールを送っているのかもしれません。

自然が送り届けてくれるメッセージを大切にしていれば、きっと今の状況を乗り越えられる日がきます。

連続的につらいことが起きていても夢や目標を諦めない

今回の新型コロナウィルス感染症はリーマンショック以上の衝撃を社会に与えているともいわれています。大きな企業でさえも赤字に転落するほどの大打撃です。

つまり私たち個人も仕事が減ったり、思うように前に進めなかったりするのは当然なのです。決して自分のせいでもなければ、誰のせいでもありません。

たとえ連続的につらい出来事が起きていても、今までずっと大切にしてきた夢や目標を諦めてはいけません。今だからこそできることを大切にしましょう。

今、ひとりで抱えている悩みに対する答えは必ずしもインターネット上に落ちているとは限りません。部屋を片付けているうちに「久しぶりに読んでみたい」と思った本の中に答えがあるかもしれないのです。

夢や目標はあくまでも諦めずに、むしろ今回の出来事をバネにしながら飛躍してみせるという気持ちが何よりも大切なんです♩

今まで以上に大切な人たちにありがとうの気持ちを

今まで当たり前のように友達と会い、お茶をしていましたが、今はそんなことさえも実現しにくい社会の状況になりました。いつになったら収束するのかも私たちには分からないことです。

友達には会えませんが、今はいくらでも友人たちとLINEでやりとりできる時代。オンラインお茶会・飲み会も実施できて、オンライン上で繋がりを維持できます。

こんなときだからこそ、久しぶりに友人に連絡をしてみるのも大切なことです。「大丈夫?」「元気にしている?」と声をかけてもらえると、それだけで疲れた心を癒すことができます。恋人や家族にも「いつもありがとう」と伝えることで絆を深められるのです。

泣きたいときは思いきり泣きながら、一日一日を積み重ねる

先が見えなくて不安なのはみんな同じ。頭の中ではそれが分かっていても、泣きたいときはあるでしょう。

涙が自然に出るときは我慢せず、波が引くのを待ちます。落ち着いてきたら、今の自分ができることを一つでも進めること。一日一日を丁寧に積み重ねていれば、いつかはつらい時期も過ぎているはず♩

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


メンタル ストレス

関連する投稿


Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

Google社も実践!自分を受け入れる「マインドフルネス」が注目される理由

皆さんは、「マインドフルネス」が一体何なのか知っていますか? マインドフルネスとは過去や先入観、雑念にとらわれることなく、あるがままに知覚して受け入れることをいいます。今回は、Google社をはじめとして、企業でもマインドフルネスを取り入れられるようになった理由をご紹介します。


【ストレスを感じている人が5割も?!】新しい生活様式における健康状態の変化

【ストレスを感じている人が5割も?!】新しい生活様式における健康状態の変化

新しい生活様式を取り入れている私たちですが、体調面では何か変化があったでしょうか? 株式会社サーティフィットが全国に住む20歳から60歳の男女200名を対象に行った「新しい生活様式下(緊急事態宣言の解除後)における健康状態調査」の結果をチェックしていきましょう。


メンタルケアにもおすすめ! ゆらいだ心を「整える」夜のひとり会議メニュー

メンタルケアにもおすすめ! ゆらいだ心を「整える」夜のひとり会議メニュー

明日が今日よりももっと素敵な一日になりますように。夜にひとり会議を行うことで、心の調子を整え直せるはずなんです。心の疲れはその日のうちに♩


【中医学】秋はナーバスになりがち…落ち込みがちなメンタルと付き合う方法

【中医学】秋はナーバスになりがち…落ち込みがちなメンタルと付き合う方法

「何かあったわけじゃないけれどなんとなく元気が出ないなぁ……」夏から秋に切り替わるタイミングもあって気分が落ち込んでいませんか? 今回は季節の変わり目で落ち込んでしまうメンタルとうまく付き合う方法について薬膳のプロがご紹介します。


夜は必ず明ける。つらいときに自分を救ってあげられる言葉

夜は必ず明ける。つらいときに自分を救ってあげられる言葉

人生は、いつも調子が良いとは限りません。良いときもあれば、悪いときもあります。大切なのは試練が訪れたときにどのように対処するか。自分を救ってあげられるのは自分自身なんです!


最新の投稿


生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理について悩む働く女性は多く、7割もの人が普段から「生理痛がある」と回答し、さらには「生理中の冷えが気になる」と回答した人は5割も。どうすれば痛みや冷えを解消できるのでしょうか? 専門家が解説します。


早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

健康や美容のために早寝早起きの習慣を身に着けたい!と思っている反面、その習慣を身につけるのが難しい…というのが本音ではないでしょうか。 そこで今回は元夜型だった筆者が早起きにシフトした経験も踏まえながら早寝早起きの習慣を身につけるための3つのアクションをご紹介します。


冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

なんだか急に肌寒い日がやってきた9月。 そろそろ温活をしておかなくては、体調不良を起こしかねません。予防のためにも体を温めておくことが得策。そこで今回は体を温めることに特化したバスソルトを3つご紹介します。


「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナを理由にプライベートにまで制限がかけられてしまった女性からの相談です。


誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

内閣府が、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたことにより「結婚すれば60万円もらえる」という情報が大きく広がっていますが、その情報だけしか知らないと大きな落とし穴にハマる危険が…! どんな制度なのか、内容を確認していきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング