アラサー必見! 育児、出産後に再就職へチャレンジするための心構え

アラサー必見! 育児、出産後に再就職へチャレンジするための心構え

結婚を機に退職した女性が、社会復帰する際に、立ちふさがる壁とは何なのでしょうか? 「これまで家事・育児に専念してきたけれど、もうそろそろ働きたいなぁ」と思うアラサー女性が再就職する時に取るべき対策についてまとめました。


「子供も手がかからなくなってきたし、これから学費や出費がさらに増えるし…。」「旦那のお給料に加えて私も働けば、家計の足しになるし…。」と仕事を始めることに前向きになっている女性は多いのではないでしょうか?

育児期の女性が社会復帰を考える場合、時間の融通がきくアルバイトやパートをする人がいる一方で、子供への負担が減るタイミングで、正社員としての再就職にチャレンジする人もいますよね。

結婚や出産にかかわらず、「会社は辞めずに、仕事を継続したい」「社会との接点を持ち続けたい」「キャリアウーマンとしてバリバリ働きたい」といった家事と仕事の両立を志す女性も最近では増えています。

そうはいっても、結婚・出産は一大事ですから、ライフサイクル、生活習慣も大きく変わってしまうので、いったんは退職して家事・出産・育児に専念し、ある程度落ち着いてから、再就職を考えるパターンの方が圧倒的に多いのが現実なのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女性のワークスタイルの傾向

女性のワークスタイルとして、再就職を希望する割合は1987年の34%から2002年には39%と増加しているという内閣府の調査結果があります。

女性が再就職したい理由としては、「収入を得る必要が生じたため」いう回答が45.3%も占めています。

つまり、経済的な理由の人が多いのが現実ですね。

一方で、社会進出する女性も増えていますので、「私はキャリア志向」といった考えた方の人も少なくありません。

参考データ
『女性の再就職を妨げる壁』
女性のライフサイクルと就業
出典:国民生活白書 平成18年版 内閣府

再就職したい女性の就職活動の実態

出産・育児がきっかけで、仕事を辞めざるをえなくなった女性の多くが、再就職を希望しているにもかかわらず、実際に就職活動できている人は、あまり多くはないといったデータもあります。

働きたい気持ちはあるけれど、やはり子育て、家事の両立の忙しさ、大変さを考えると、なかなか踏み出せないが現実のようですね。

出産という人生の一大イベントがあるのは、女性のみです。
もちろん、夫も関わりはあるのですが、実際に子供を生むことができるのは女性ですから、出産・育児と仕事の両立については、女性特有の悩みなのです。

これは男性には理解したくても、なかなかできないのが現状ではないでしょうか?

とはいえ、男性の協力は必須ですよね!汗(著者談)

女性が再就職する際のマインドセットとは

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

家事・育児をしながらの再就職を目指すアラサー女性に立ちはだかる壁は確かにありますが、それを理由にチャレンジすることを諦めてしまうのは、とてももったいないと思います。

ですから、働きたいという強い気持ちがあるのであれば、どうすれば実現できるのかを考えましょう。

ここでは、あなたがその壁をどう乗り越え、新しい職場を見つければいいのかの基本的なマインドセットの仕方をお伝えしますね!

女性の再就職に限らず、新しい職場を探す時に共通するとても重要な考え方があるのです。

あなたは、それが何だと思いますか?

まずお伝えしたいこと、それは、あなたの理想とするライフスタイルが何であるかです。結婚し、子宝にも恵まれ、今あなたは家族の一員として、妻として、親としてのいくつかも役割を担っているわけです。

結婚、出産という一大イベントを経て、あなたは家事、子育てといったステージにいるのです。
このステージというのは、今までに経験したことのない忙しさ、大変さが身にしみる時期かもしれません。そして忙しい日々の繰り返しの中では、将来の夢を描くことや周りの風景をゆっくりと見渡すことなどできないかもしれません。

ですが、そこに埋没せずに、あなたの自己実現とは何かを考えてみましょう。

結婚しても、あなたはあなたらしくを目指す

「多くの女性が結婚をすると、家族のため、子供のためといった形で家を守ることがとても重んじられます。」

という考え方は、もうひと昔前の話です。

日本という国は、世界に比べ女性の社会進出といった意味では、遅れを取っている印象もあるでしょう。ですが国の制度が整っていないからといったことを理由に"仕方がない"で済ませるのは勿体無いですよね。

日本は成長社会を終え、急激に成熟社会になりつつあります。企業の終身雇用もままならない現状、男だから、女だからとか、といったようなことは通用しなくなってくるのです。だからこそ、あなたが40歳になろうが、50歳になろうが、常に輝ける人生を送るためには、何が必要なのかを考えるべきなのです。

歳にかかわらず、あなたが魅力的に生きていくためのロードマップを作りましょう!

そのロードマップの作り方は、別の記事にてご紹介しますね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

紡人(つむぎびと)、孤高の歌うたい

関連する投稿


リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

華やかさと厳しさをあわせもつ、アパレル業界。撮影現場から学んだ、仕事をつくる意味とは。


愛され女子の、マストハブな秋冬アイテム3つ

愛され女子の、マストハブな秋冬アイテム3つ

季節に合わせたトレンドを上手く取り入れるだけで、洗練さがクラスアップ♡愛され系OLさんにかかせないマストハブ秋冬アイテムをご紹介!


嫌いな人こそ仲良くするべき? 苦手な上司との付き合いを見直したい

嫌いな人こそ仲良くするべき? 苦手な上司との付き合いを見直したい

あなたの近くにいる嫌いな上司。ほんとは絡みたくないけれど、仕事をしている以上は関わらないわけにはいきません。大人ならではの対処法ってないのでしょうか。


悩みや不満、同期の成長が気になる。入社2年目の孤独について

悩みや不満、同期の成長が気になる。入社2年目の孤独について

なんとか乗り越えた入社1年目。きっと2年目も順調に成長していくだろうと思っていたら急につまずきがやってきます。実はこれ「2年目の孤独」によるもの。なぜこのような言葉が生まれるほど、2年目は不安定になりやすいのでしょうか。


同じ速さだったはずなのに。彼を超えてしまったときに気をつけること

同じ速さだったはずなのに。彼を超えてしまったときに気をつけること

一緒にいるのが最近は苦痛にしか思えない…。彼よりも成長してしまったその先に待っているのは、やっぱり孤独…?


最新の投稿


元テラハメンバー、ローレン・サイがアート空間を! 注目のスタバ新作もチェックして♡

元テラハメンバー、ローレン・サイがアート空間を! 注目のスタバ新作もチェックして♡

表参道B-SIDEに、モデル兼アーティストとして活動するローラン・サイが登場。世界レベル美女と話題になった彼女がつくったアート空間と、スターバックスコーヒーからホリデーシーズン限定で発売される新作を一気にのぞき見しちゃいます!


私は私の道を生きる。生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいこと

私は私の道を生きる。生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいこと

やりたいことがあったり、自由に過ごしていたかったり。結婚だけが、女性の生きるべき道ではないのかも…。今回は、生涯独身を貫くために若いうちから考えておきたいことをご紹介します。


リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

リアル「プラダを着た悪魔」?アパレル業界の厳しい掟に学ぶ仕事力

華やかさと厳しさをあわせもつ、アパレル業界。撮影現場から学んだ、仕事をつくる意味とは。


無駄な会議・打ち合わせばかり重ねてない? ファシリテーション能力の鍛え方

無駄な会議・打ち合わせばかり重ねてない? ファシリテーション能力の鍛え方

人数を集めて大掛かりな会議や打ち合わせを重ねているけれど、結局なんの意見もまとまらずにダラダラと時間だけを使ってしまった…。なんてことはありませんか? それぞれのファシリテーション能力というものは違っています。では、どうすればその能力は身に付くのでしょうか?


自信がないのは、過去のトラウマ。未来記憶をたくさん吸収しよう|MY WORK ヒント#15

自信がないのは、過去のトラウマ。未来記憶をたくさん吸収しよう|MY WORK ヒント#15

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第15回目は、新しいことを始めようとした時に、自信が出ない理由について考えます。


RANKING


>>総合人気ランキング