第二の人生をプランニング。女性のセカンドキャリアはいつ頃に考える?

第二の人生をプランニング。女性のセカンドキャリアはいつ頃に考える?

一生今の生活が続くわけじゃない。長い目で考えた第二の人生・仕事を今からプランニングしよう!


新社会人として働き始めて、早10年近く経ったころ。がむしゃらに走ってきた今の自分を振り返って、果たしてこのままで良いのかな…と、立ち止まる時期に差し掛かるアラサー女子。新しいキャリア形成を築くなら今しかないけど、本当にそれって正しい選択?今回は、女性のセカンドキャリアについてご紹介いたします。

女性のセカンドキャリアの形成は40歳頃を目安に

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

セカンドキャリアとは、一つのキャリアを形成した後にステップアップとして次のキャリアを築く、いわゆる第二の人生ならぬ、第二の職業です。例えば子育てに奔走した20代~30代を経て、子供が成人し、新たに仕事に本腰を入れ始める女性などが例に多く、個人差はありますがセカンドキャリアを始める年齢としては男女ともに40代~60代というミドルエイジクラスに集中しています。

しかし独立するわけでなく、転職をするなら当然ですが、40代より30代の方が圧倒的に有利ですよね。40代でセカンドキャリアと称して転職しても上手く行くものなのでしょうか?その答えは、これま40代までに培ってきたキャリアの重さによります。言い方を悪く言えばアナタの人材価値が高ければ高いほど、40代以降の転職は成功しやすいと言えるのではないでしょうか。ただ長く働いていれば良いというだけでなく、今働いている会社にどれだけ貢献しているか、アナタにしかできない価値ある仕事を形成していけるか30代はそうした“自分の価値“について考える必要がありそうです。

アラサーのうちから準備期間を

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

40代でセカンドキャリアを目指すなら、実は30代の今のうちからセカンドキャリアに向けた準備をしなくてはなりません。理由は先にもお伝えした通り、アナタ自身の人材価値を高める必要があるからです。

企業で属す場合も、40代で思い切って独立をする場合でも、社会で見られるのは、それまでのアナタの辿ってきたキャリア。40歳になるまでに役職がある訳でも、特別な賞与を貰った訳でもなく、ただ仕事を言われるがままこなすだけ、休日は家でゴロ寝が中心…という日常を40代まで続けている方が、いきなりセカンドキャリアを築くことはきっと難しいでしょう。

セカンドキャリアでは具体的にどんな仕事をしたいか、それを実現させるには、今どんなスキルが必要か、今の会社で働きながら学べる環境、実績を積む環境に身を置いていきましょう。いざ40代になった時には、自分から探さずとも、企業の方からオファーが来るようになれば転職に困ることもありませんし、独立もきっとスムーズに事が運ぶのではないでしょうか。

思い立ったその日から、動いてみよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今のうちからセカンドキャリアのためのプランニングをしよう!というと、少々お堅く感じるかもしれませんが、なんてことはありません。将来あなたがやりたいと思うことに、今から手をつけていけば良いのです。自分の趣味を活かした仕事をしたいならば、早いうちに趣味を人前で披露する機会を設け、それをビジネスとして成立させて行けるように試運転して行くのです。

何か具体的にやりたい事が見つからない…という方は30代のうちにやりたいことを見つけておくと良いです。時間は有限ということを忘れずに、ぜひ、ご自身の40代をプランニングして見てくださいね。

出産したら、やっぱり再就職は難しい?ママになる前に始めたいこと

https://cinq.style/articles/1471

今後のことを考えると、人ごとじゃない...!子育てが落ち着いた後の再就職って難しい?

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

仕事に追われ、家事に追われヘトヘトの毎日。気分転換に習い事には行っているけれど、ときどき深いため息をついてしまう……。なかなかエンジンをかけ直せずにいるなら、立ち止まって総点検を♩


友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

何もかもが上手くいかない…。スランプに陥ることは幾度となくやってくる。そんな時にこそ、口に出すべき魔法の言葉「おかげさまで」。人に感謝することで道が開けるエピソードをご紹介します。


楽しくて仕方なかった仕事に、急に違和感を感じるようになった #彼女が転職を選んだ理由

楽しくて仕方なかった仕事に、急に違和感を感じるようになった #彼女が転職を選んだ理由

新卒から大手不動産会社に勤務。 バリバリの営業として成果を上げ、評価がついてきたことも実感した20代半ば。出世コースも目の前に迫っていた彼女が、上司からの打診を断り、家の近くにある小さな会社に転職した理由とは?


職場で「NO」と言えない? 大人ならでは仕事の断り方

職場で「NO」と言えない? 大人ならでは仕事の断り方

やならければいけないことがあっても、仕事をお願いされるとつい引き受けてしまう。断ると嫌な人って思われそう、なんて不安を抱いている人いませんか? 時にはきちんと拒否をすることも大切。相手に嫌な思いをさせない断り方を身につけましょう。


最新の投稿


27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

27歳以上要注意!?「求められる女性像」は年齢によって変化している

昔は恋人がすぐ見つかったのに、今は気になる相手すら出来る気がしない。大人になるほど、恋愛しづらい環境になるのは何故?今回はアラサー女性に求められる“恋愛”についてご紹介!


話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

話しかけづらい…怒ってる? 周囲が不機嫌を察知してしまう勤務態度とは

友人や家族などの親しい人に「怒ってる?」と聞かれたことがある人は多いのではないでしょうか。怒っていないのに「怒ってる?」と聞かれたら、イラっときてしまうかもしれませんが、その原因はあなたにあるのかも。今回は周囲が不機嫌を察知してしまう3つの態度について紹介していきたいと思います。


2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

2019秋冬のベーシックカラーはブラウンに! 働き女子のブラウンコーデ

これまでの定番カラーであった「ブラウン」の人気を覆すほど勢いを増している「ブラウン」。みんなはどう取り入れているのでしょうか? 一歩間違えば抜け感が強すぎてカジュアルなイメージになりすぎてしまうブラウンアイテムを、上品に取り入れる働き女子のスタイリングに注目。


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


RANKING


>>総合人気ランキング