第二の人生をプランニング。女性のセカンドキャリアはいつ頃に考える?

第二の人生をプランニング。女性のセカンドキャリアはいつ頃に考える?

一生今の生活が続くわけじゃない。長い目で考えた第二の人生・仕事を今からプランニングしよう!


新社会人として働き始めて、早10年近く経ったころ。がむしゃらに走ってきた今の自分を振り返って、果たしてこのままで良いのかな…と、立ち止まる時期に差し掛かるアラサー女子。新しいキャリア形成を築くなら今しかないけど、本当にそれって正しい選択?今回は、女性のセカンドキャリアについてご紹介いたします。

女性のセカンドキャリアの形成は40歳頃を目安に

セカンドキャリアとは、一つのキャリアを形成した後にステップアップとして次のキャリアを築く、いわゆる第二の人生ならぬ、第二の職業です。例えば子育てに奔走した20代~30代を経て、子供が成人し、新たに仕事に本腰を入れ始める女性などが例に多く、個人差はありますがセカンドキャリアを始める年齢としては男女ともに40代~60代というミドルエイジクラスに集中しています。

しかし独立するわけでなく、転職をするなら当然ですが、40代より30代の方が圧倒的に有利ですよね。40代でセカンドキャリアと称して転職しても上手く行くものなのでしょうか?その答えは、これま40代までに培ってきたキャリアの重さによります。言い方を悪く言えばアナタの人材価値が高ければ高いほど、40代以降の転職は成功しやすいと言えるのではないでしょうか。ただ長く働いていれば良いというだけでなく、今働いている会社にどれだけ貢献しているか、アナタにしかできない価値ある仕事を形成していけるか30代はそうした“自分の価値“について考える必要がありそうです。

アラサーのうちから準備期間を

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

40代でセカンドキャリアを目指すなら、実は30代の今のうちからセカンドキャリアに向けた準備をしなくてはなりません。理由は先にもお伝えした通り、アナタ自身の人材価値を高める必要があるからです。

企業で属す場合も、40代で思い切って独立をする場合でも、社会で見られるのは、それまでのアナタの辿ってきたキャリア。40歳になるまでに役職がある訳でも、特別な賞与を貰った訳でもなく、ただ仕事を言われるがままこなすだけ、休日は家でゴロ寝が中心…という日常を40代まで続けている方が、いきなりセカンドキャリアを築くことはきっと難しいでしょう。

セカンドキャリアでは具体的にどんな仕事をしたいか、それを実現させるには、今どんなスキルが必要か、今の会社で働きながら学べる環境、実績を積む環境に身を置いていきましょう。いざ40代になった時には、自分から探さずとも、企業の方からオファーが来るようになれば転職に困ることもありませんし、独立もきっとスムーズに事が運ぶのではないでしょうか。

思い立ったその日から、動いてみよう

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今のうちからセカンドキャリアのためのプランニングをしよう!というと、少々お堅く感じるかもしれませんが、なんてことはありません。将来あなたがやりたいと思うことに、今から手をつけていけば良いのです。自分の趣味を活かした仕事をしたいならば、早いうちに趣味を人前で披露する機会を設け、それをビジネスとして成立させて行けるように試運転して行くのです。

何か具体的にやりたい事が見つからない…という方は30代のうちにやりたいことを見つけておくと良いです。時間は有限ということを忘れずに、ぜひ、ご自身の40代をプランニングして見てくださいね。

出産したら、やっぱり再就職は難しい?ママになる前に始めたいこと

https://cinq.style/articles/1471

今後のことを考えると、人ごとじゃない...!子育てが落ち着いた後の再就職って難しい?

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


信じ続ければ、願いは叶う。夢を叶える女性の特徴

信じ続ければ、願いは叶う。夢を叶える女性の特徴

夢は願うものではなく、叶えるもの。次々と目標を達成する女性の横顔は、みているだけで、うっとり。今回は、夢を叶える女性の特徴をご紹介します。


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯9

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第9回目は、「本当のパートナー」について。


「こだわり」だと思っていたら頑固扱い!?こだわりの境界線って一体どこ?

「こだわり」だと思っていたら頑固扱い!?こだわりの境界線って一体どこ?

自分にとってこだわりだと思っていたこと。実はそれが周りにとっては「細かい」や「頑固」といったネガティブな目線で見られることもときにはある。だからといって仕事に手を抜くことは正解なのか。今回は、こだわりが頑固に見られる境界線と対処法についてご紹介します。


最低賃金が引き上げられるタイミングに!自分の給与の見直しについて

最低賃金が引き上げられるタイミングに!自分の給与の見直しについて

年々上がり続ける最低賃金。「正社員の私には関係がない」と思っていませんか? 最低賃金は労働者であれば誰にでも当てはまること。最低賃金が引き上げになる度に、自分の給与やお金のことについて、しっかりチェックしておきましょう。


「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第57回目は、好きなことを仕事にする注意点についてです。


最新の投稿


ここまでやりきる!成果を出す人が必ず大切にしていること。

ここまでやりきる!成果を出す人が必ず大切にしていること。

与えられた仕事をやり抜く。周りからの期待に応える。簡単なようでいて、とても難しいことです。でも、これを必ず達成する人と達成できない人は如実に努力の差が分かれているのかもしれません。そこで今回は、成果を出す人が常に意識している大切なことをご紹介します。


悩んだことは「自分ノート」に書き出して!ストレスを抱え込まないための習慣

悩んだことは「自分ノート」に書き出して!ストレスを抱え込まないための習慣

ストレスフリーでいたいけど、完全にフリーにすることは難しい。だけど、ストレスと向き合って対策を考えることはできる。悩んだことは「自分ノート」に書き出す習慣をとって。ストレスを抱え込まない方法をご紹介します。


マンネリ解消裏技! ネクタイひとつで夜のバリエーション…♡|真っ赤な濡れオンナ#63

マンネリ解消裏技! ネクタイひとつで夜のバリエーション…♡|真っ赤な濡れオンナ#63

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第63回目は、ネクタイでできる刺激についてです。


働く女子の強い味方! 歩き疲れない「fitfit」の人気シューズ

働く女子の強い味方! 歩き疲れない「fitfit」の人気シューズ

ヒールは欲しいけれど、たくさん歩くから機能性も重視したい。働く女子の靴事情はとっても難しいものです。今回は、外反母趾にもやさしい『fitfit』からオススメシューズをご紹介。『DoCLASSE』のアイテムと組み合わせたコーデも合わせてチェックして。


イケメン以上に中身がブチャイク!恋愛対象外になる男の特徴

イケメン以上に中身がブチャイク!恋愛対象外になる男の特徴

イケメンだけど、それ以上に中身が最悪!男友達としてでも付き合おうか悩む男の人っていませんか?今回は、恋愛対象外になる男の特徴をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング