4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

4月から義務化されている?! 自転車保険の加入義務化って一体なに…?

2020年4月から東京都では自転車の保険加入が義務化されましたのを知っていますか? 今回は自転車保険とはなにか、義務化とはどんなことか、について解説いたします。


自転車は、私たちにとって身近な乗り物です。この数年においては、健康志向やエコブームが相まって自転車が脚光を浴びるようになりました。さらにファッションの一部として自転車がブームになっています。街で見かける自転車のなかにはかっこいいモデルも多くなってきたなと思っていました。
自転車は便利な乗り物です。でも最近は自転車の乱暴な運転も気になるようになりました。車道を車の間を縫ってスイスイ進んでいく危険な運転をする自転車を見かけることも多くて、ちょっと怖いなと感じることもあります。
そんな中で、2020年4月から東京都では自転車の保険加入が義務化されました。今回は自転車保険とはなにか、義務化とはどんなことか、について解説いたします。

自動車じゃなく「自転車」! 自転車保険の加入義務化ってなに?

そもそも、自転車保険とは何でしょうか?

自転車保険には、自分のケガへの補償相手への賠償の2種類があります。
自分への補償とは、自分が自転車に乗っているときに転ぶ、衝突することでケガをしたときの治療費の補償をする「障害保険」です。
相手への賠償とは、自分の運転した自転車によって相手がケガをしたとき、相手のモノが破損したときの賠償を補償するものです。自動車保険では「対人」「対物」の補償は項目が分けられていますが、自転車保険では補償対象に両方を含んでいます。

今までは自転車保険というと、自分のケガへの補償がメインで考えられていましたが、この数年の中で加入義務が進んでいるのは、自転車の運転中に相手に負わせたケガなどへの賠償補償です。

義務化となった背景

2008年に神戸で起きた自転車事故の判決がきっかけになっています。
自転車に乗っていた小学5年生の子どもが女性に衝突し、女性は意識不明の重体となりました。この裁判の判決で、子どもの保護者に対して9500万円ほどの賠償金を支払うことを命じました。子どもへの自転車運転への指導不足と監督不行き届きとして親に責任があるという判決内容でした。

この事件以外にも自転車と歩行者、自転車同士の衝突による死亡、重体となる事故が多く発生していて、その判決で高額な賠償額の支払を命じられた事例は少なくありません。自転車による事故の原因の多くは、スピードの出しすぎや無理な横断、無灯火のほか「ながらスマホ」での運転など、運転する側のルール違反です。競技用モデルのようにブレーキのない自転車が一部の若者の中で流行っているとも聞きますが、ブレーキのない自転車に乗ることも違反です。
自転車は車両なので、事故があれば、自動車やバイクと同じように道路交通法によって責任が問われますし、加害者への賠償責任が発生します。
とはいえ、自動車と違って任意加入の自転車保険に加入している人は少ないのです。これではいけないと、地方自治体によって自転車保険加入の推進、義務化への動きがみられるようになりました。

対象地区とは。義務かは地域別に設定されるの?

神戸で起きた自転車事故を発端に、初めに自転車保険加入を義務化したのは兵庫県でした。2015年に兵庫県が自転車保険加入義務化を定めてから、全国に広まっていきました。
これは国の指針に従って、それぞれの都道府県あるいは政令指定都市が、交通安全に関わる条例で定めます。東京都は2020年4月から損害賠償保険加入が義務化となりました。

自転車保険が義務化された地域で、いったい誰が保険に入らなければいけない対象になるのでしょうか。対象は、その地域に住んでいる人ではなく、その地域で自転車を運転する人です。
・自転車通学の人
・自転車通勤をするひと
・自転車で子どもを送迎する人
は、自転車保険に入っておくべきでしょう。

保険未加入の罰則はあるの?

義務化された地域で自転車に乗っているけれど、自転車保険に加入していない場合は、罰則があるのでしょうか?

これは、今のところはありません
しかし自転車の乗っているひとは、いつ加害者になってしまうかわかりません。一方では歩行しているときに自転車で衝突されて、被害者となる可能性もあります。後遺症の残るような重大な被害を受けても、加害者が保険未加入の上支払い能力がなく、十分な賠償がされないとなると、本当に困ってしまいます。自転車に乗る上では、賠償責任に対応できるようにしておくことが最低限のマナーだろうと思います。

自動車保険、火災保険、損害保険の特約やクレジットカードの付帯保険の「個人賠償責任特約」には、自転車の運転中の賠償責任をカバーしているものもあるので、自転車保険に新しく加入する前に、ご自分が今加入している保険の補償内容をチェックしましょう。

終わりに

自転車は、電動などでない限り自分の力でペダルを漕いで進んでいくので、その危険性について私たちはすこし意識が低いのかもしれません。時速20~30キロ程度のスピードが出ますので、運転操作を間違えると自分がケガもするし、人にもケガを負わせる可能性があります。
自転車に乗るなら、まずは安全運転をすることが第一ですが、万が一のためにも保険加入をしておくと良いと思います。

この記事のライター

ファイナンシャルプランナー(CFP)。女性向け資初心者セミナーや個人相談を開催。カラー診断、スタイリスト。お金とおしゃれで応援。

関連するキーワード


保険 制度 マネー

関連する投稿


誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

内閣府が、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたことにより「結婚すれば60万円もらえる」という情報が大きく広がっていますが、その情報だけしか知らないと大きな落とし穴にハマる危険が…! どんな制度なのか、内容を確認していきましょう。


テレワークによる通勤手当の払い戻しは問題アリ?#これってハラスメントですか?!

テレワークによる通勤手当の払い戻しは問題アリ?#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回はテレワークによる通勤手当の問題についてです。


【9月からスタート】キャッシュレスでお得になるマイナポイントとは?

【9月からスタート】キャッシュレスでお得になるマイナポイントとは?

今年9月から、新しいポイント還元制度「マイナポイント」が始まります。キャッシュレス決済によってポイントが戻ってくるお得な制度……ということですが、一体どういうものなのでしょうか? マイナポイントについてわかりやすく解説いたします。


テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークを導入する企業が増えている今、自宅で過ごす時間も長くなり通信費や光熱費が今までより増えた…と気になっている方も多いのでは? そこで今回は通信費・電気代の節約にオススメな方法をご紹介します。


女性が活躍する会社に転職したい! 会社を選ぶ目安にしたい2つの制度

女性が活躍する会社に転職したい! 会社を選ぶ目安にしたい2つの制度

「転職をするなら女性が活躍する会社がいい」と考えている方もいるはず。そこで一つ基準にしておくと良いのが「えるぼし」、「くるみん」という認定制度を取り入れている企業です。これらを取り入れている企業は、私たち働く女性にとってどのようなメリットがあるのでしょうか?


最新の投稿


生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理について悩む働く女性は多く、7割もの人が普段から「生理痛がある」と回答し、さらには「生理中の冷えが気になる」と回答した人は5割も。どうすれば痛みや冷えを解消できるのでしょうか? 専門家が解説します。


早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

健康や美容のために早寝早起きの習慣を身に着けたい!と思っている反面、その習慣を身につけるのが難しい…というのが本音ではないでしょうか。 そこで今回は元夜型だった筆者が早起きにシフトした経験も踏まえながら早寝早起きの習慣を身につけるための3つのアクションをご紹介します。


冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

なんだか急に肌寒い日がやってきた9月。 そろそろ温活をしておかなくては、体調不良を起こしかねません。予防のためにも体を温めておくことが得策。そこで今回は体を温めることに特化したバスソルトを3つご紹介します。


「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナを理由にプライベートにまで制限がかけられてしまった女性からの相談です。


誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

内閣府が、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたことにより「結婚すれば60万円もらえる」という情報が大きく広がっていますが、その情報だけしか知らないと大きな落とし穴にハマる危険が…! どんな制度なのか、内容を確認していきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング