テレワークになって気づいた! これまでの仕事で必要のなかったコト

テレワークになって気づいた! これまでの仕事で必要のなかったコト

歴史に残るような長期的な自粛、そして経済危機…。2020年は私たちの働き方も意識もとても大きく変わるきっかけになりました。そこで今回は、テレワークになって気づいた「これまでの仕事で必要のなかったこと」についてアンケート。今後の働き方はどう変わるのでしょうか?


先日、Cinq読者100名にアンケートを実施。テレワーク経験者に「テレワークになって実際どうだった?」を聞いてみました。その結果、自宅を仕事をしていても問題なかった/意外と大丈夫かも! と答えた人はなんと全体の87.5%という結果に。

Q1.リモートワークになって

とても困った12.5%
意外と大丈夫かも! 40%
問題なかった 47.5%

これまでは毎日オフィスに通って仕事をするのが当たり前となっていましたが、今後も継続してテレワーク(+通勤)を希望している人が多いこともわかりました。

Q2.今後の働き方は

オフィスで仕事したい 3.5%
リモート+オフィス出勤が理想 70%
完全リモートワーク希望 26.5%

そこで今回は、自宅で仕事をしていて気づいた「これまで無駄だったこと」について紹介。過去になかった自粛期間の経験により、今後の働き方や、仕事への姿勢にも多様化が進んでいます。これまでの“当たり前”について考える時かもしれません。

オフィスに通って仕事をこなすこと

オフィス以外で仕事ができるような環境になって、メリットだと思ったことをきくと、「通勤がなくなった」「満員電車に乗らなくて良い」と答える人が非常に多くなりました。

往復1時間ずつ通勤に費やしているとすると、1日で2時間の時間を通勤時間に当てていることになります。それがなくなったことにより睡眠時間が増えたり、プライベートが充実するといった実感を持っている人が多いことがわかりました。

みんなの意見

「通勤時間がないことが本当に嬉しい。1時間ゆっくり寝られるようになりました」

「これまでは電車の遅延や乗り継ぎなどを見越して必要以上に早く出社する日々が続いていましたが、それがいかに必要のなかった努力なのか…と感じます」

「満員電車で痴漢に遭うこともないし、暴言を言うような人と出会うこともないので、朝のストレスがとにかく減りました!」

無駄な会議が多かったこと

また、会社での会議やミーティングなど、必要以上に予定を増やしていたのではないか? という声もありました。社内の多くの人に意見をもらおうとすることはもちろん悪いことではありませんが「これって私が参加する意味あるの?」というような打ち合わせに付き合っていたことがなくなり、より仕事がスムーズに進むようになったという意見も。

みんなの意見

「共有を省くために打ち合わせや会議で必要以上の参加人数を募っていたのではないか? と思いました。オンラインでのミーティングになってからは、各々が大事なポイントをメモしているので、議事録係も必要なくなり、事前に印刷しておかなければいけない資料などもなくなりました」

「本当に必要なものに関してはオンラインで参加し、それ以外のものは断るようになりました。また、通話は繋ぐけれど、こちらの設定はミュートにして“ながら聞き”しながら他の仕事を進めることもあります。優先順位がつけられるのは良いですね」

取引先への訪問回数や移動時間

また、営業職の場合、よく取引先の会社に訪問に行くことがありますが、それらが減ったことで時間が短縮できるようになったと答えた営業女子も。直接のコミュニケーションはもちろん効果的ではありますが、必要以上に外出することがなくなった今、遠隔でのやり取りでこまめにカバーするといった工夫をしている人も。

みんなの意見

「距離が近い取引先になると、何かあるたびに呼び出される・こちらからも直接伺いますというような返答が増えてしまうんですよね。だけど、遠隔でのやり取りが主流になっていた時は、緊急性の低いものはチャットやメールでやり取りをするようになりました。とにかくラクだなと思います」

「営業女子です。これまではPCや資料を持って外出するのが当たり前で足や肩が痛くなることもありました。けれどオンラインでのやりとりがあるとわかってから、体への負担が減りました」

「基本的にクライアントともチャットで話すようになりました。もちろんコミュニケーションは減ってしまうので、その分こまめにやり取りは必要だなと思いますが……訪問する時間を考えると、全然良いなと思います」

資料の印刷

また、直接のやり取りになると必ず資料が必要になりますが、人数分の資料の印刷がなくなったこともメリットになっていると言います。
印刷までの時間やコストの削減、さらには無駄な資源を使うことが減ってストレスフリーに過ごせるといった意見もありました。

みんなの意見

「広告代理店で働いていると、50ページ近い資料を10名分印刷する…ことも少なくはありません。今となってはオンラインで画面を共有しながら話して、資料はデータで管理が当たり前になったので、とにかく準備時間の短縮になります。環境にとっても嬉しいですね」

「会議のたびに大量に印刷していた資料が今は必要ありません。これ印刷しておいて、と急に話しかけられることもないのでストレスが減りました」

私たちの働き方、これからはどう変わる?

急遽テレワークが推し進められた今、これを機に本格的に働き方改革に乗り出している企業も少なくはないはずです。けれど、もちろん従来の働き方に戻る…といった企業もあるでしょう。

今後このような「必要のなかったこと」はどう変わっていくのでしょうか? 会社にいる上層部の方々が決めなければどうにもならないこともあれば、取引先との外出の頻度など、互いの認識によって今後変えられるような点もいくつもあるはずです。あなたは今度、一つ一つの選択をどうするのでしょうか。通常の生活が戻って来そうなこのタイミングに、自分がどうするべきか? を考えてみるのも良いかもしれませんね。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


テレワーク リモートワーク

関連する投稿


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【BETSUDAI Inc. TOKYO 伊藤さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【BETSUDAI Inc. TOKYO 伊藤さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はBETSUDAI Inc. TOKYO 伊藤 潤子さんです。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【ハレガケ 今西さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【ハレガケ 今西さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はハレガケ 今西 美樹さんです。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【トヨコー 菊川さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【トヨコー 菊川さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回は株式会社トヨコーに務める菊川 春佳さんです。


ポイントさえ押さえればOK?! オンライン映え間違いなしのテクニック3つ

ポイントさえ押さえればOK?! オンライン映え間違いなしのテクニック3つ

まだまだ世の中の不安は続くなか、リモートワークやオンライン飲み会などを活用している人もいるのでは? 部屋ではいつも部屋着だったり薄いメイクだけど、オンライン会議や飲み会がある時だけは着飾って見せたいもの。そんな時こそ活用してほしい3つのポイントをご紹介します。


最新の投稿


用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

レジ袋有料化に伴って、買い物の際に必要不可欠なアイテムとなった「エコバッグ」。手に入れようと探してみても、意外と機能性の幅が広く、どれを使えばいいのか悩んでいる人も多いのでは? そこで今回は、用途別にどんなエコバックを使えばいいのかご紹介します。


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

転職活動を始めたはいいものの、思うように進まない…なんて悩みに直面した方も多いのではないでしょうか? 自分が思ったように物事が進まないと、ついやる気も失せてしまいます。けれど、転職活動がうまくいかないときにも必ず理由があるもの。キャリアアドバイザーが転職活動が思うように進まない時の対処をお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング