6割を予定していた休業補償がなくなり、さらには退職…これってハラスメントですか?!

6割を予定していた休業補償がなくなり、さらには退職…これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、予定されていた休業補償がなくなり、退職まで迫られている女性の話です。


Q. 6割を予定していた休業補償がなくなり、さらには退職まで…

コロナの関係で4月からお店が休業中です。
はじめは休業補償を6割払うと言われていたのですが、給料日間近になって「休業中は支払わない」といった連絡と合わせて書類が届きました。

内容を確認すると、無給であることに同意を得られないのであれば、退職希望者として手続きを行うといった内容でした。最悪給料が支払われないのは理解できるとしても、退職を勧めることはパワハラのように思います。このような厳しい状況下では仕方のないことなのでしょうか…?(YUI/25歳/サービス業)

A. 退職勧奨を超えた、退職の強要の可能性も!

YUIさんのサービス業は、とくに今回のコロナの関係で打撃を受けてしまった業界だと思います。4月からお店が休業中になり、この間の従業員への福利厚生は、実は流動的なところがあります。
理由は、その後店側が倒産などに至ることは共倒れになってしまい、長期的なスパンで考えなければならないからです。YUIさんに、はじめは休業補償を6割払うと言われていたのですが、給料日間近になって「休業中は支払わない」といった連絡と合わせて書類が届いたのであれば、その記載内容が特に問題になります。

記載内容は、無給であることに同意を得られないのであれば、退職希望者として手続きを行うといった内容であれば、これは退職勧奨を超えた、退職の強要に至っている局面です。そうすると、これは明確なパワハラに思います。どうしても経営上やむを得ない状況などが記されているのであれば別に考えることはできましょうが、ご指摘のように、通知の記載内容だけの事実をもってして退職を勧めることはパワハラが成立します。諦めないでください。

回答者:弁護士 齋藤 健博

自身のLINEIDを公開しており、初回相談はLINEで無料で行うことが可能な弁護士。ハラスメント問題や浮気・不倫問題の解決に定評があり、過去には弁護士ドットコムのランキングトップに名を連ねた経験も。YouTubeではセクハラ時の対応に関する動画なども公開している。多くの被害者の悩みである「セクハラの線引き」や、「残すべき証拠」などを動画で分かりやすく伝えている。
YouTube動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=gd8rwOXDKp0

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連する投稿


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

私が感じた、「尊敬される人」に備わっている共通点

恋愛や仕事はもちろん、友情においても、相手を尊敬し敬う気持ちがないと長くは付き合えないもの。今回は私が出会った人達の、尊敬できる共通点についてお話します。


みなし残業は早く切り上げてはいけないの? #これってハラスメントですか?!

みなし残業は早く切り上げてはいけないの? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は「みなし残業」にまつわるこんなご相談。


「色気がない」という言葉に傷つかないで! お仕事ウーマンへの教え

「色気がない」という言葉に傷つかないで! お仕事ウーマンへの教え

「お前には色気がないなあ」と言われて、イラッとした経験のある女性も多いのでは? 今回は、お仕事ウーマンが知っておきたいことについてご紹介します。


事務職のはずが営業まで…業務範囲外の仕事はパワハラに入る? #これってハラスメントですか?!

事務職のはずが営業まで…業務範囲外の仕事はパワハラに入る? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、事務員として入社したにも関わらず営業までさせられている人のお話です。


最新の投稿


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

転職活動を始めたはいいものの、思うように進まない…なんて悩みに直面した方も多いのではないでしょうか? 自分が思ったように物事が進まないと、ついやる気も失せてしまいます。けれど、転職活動がうまくいかないときにも必ず理由があるもの。キャリアアドバイザーが転職活動が思うように進まない時の対処をお教えします。


お仕事モードON! 女性が仕事前に気分を切り替える瞬間って

お仕事モードON! 女性が仕事前に気分を切り替える瞬間って

毎日にメリハリをつけるためには、オンとオフの切り替えが必要。ビジネスウーマンの私たちは、毎朝どんな行動をきっかけに仕事モードをオンにしているのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング