「ついポチってしまう!」 ネットショッピングで買いすぎを防ぐ3つのルール



おうち時間は通販が捗りがちに

おうち時間が増えたことにより、お店で買い物をするのではなくネットショッピングを利用している人が急増しましたが、つい買いすぎてしまったり、一度も使ってないものが家に散らかっていたり……と散財していませんか?

手軽で便利だからこそ、買いすぎには注意したいもの。大切なのはネットショッピングでのルールを作り、その中で楽しむことです。無駄遣いを防ぐためにはどんなルールを設定しておけばいいのでじょうか?

通販をする日や時間を決めておく

みなさんがネットショッピングをする頻度はどれくらいですか?
毎日ちまちまと空き時間にショッピングサイトを開いて、欲しいものが無かったら閉じ、また開く……このような行動を繰り返していると自分が月にどれくらいのものをいくつ買ったのか? を把握できず、気が付かないうちに「今月買いすぎた!」と後悔することも。

お休みの日やセールや新商品が追加される曜日に合わせてお買い物をするなど、ネットショッピングする日や時間を決めておくことでダラダラ買いを防ぐことができます。

また、決めた日に欲しい物がなかった場合は無理に買おうとはせず、次の機会に持ち越すことも忘れないようにしましょう。

カートに入れてしばらく放置をする

ネットショッピングの場合、店舗に行って買い物をするよりも「即決」で購入してしまうことが多いです。それを防ぐため、欲しい商品をカートに入れたらすぐに購入ボタンを押さずに、数日間そのまま放置してみましょう。時間が経ってからカートを見直してみると、「やっぱりいらないかも…」と気持ちが変わることが多くあります。衝動買いに任せるのではなく、本当に今必要なものかどうか考えてから買うようにしましょう。

また、カートに欲しいものを入れると買った気持ちにもなり、ストレス発散にもなります。もちろん買わない場合はカートの中身を空にするのを忘れずに!

送料無料・今だけオトクに惑わされない

一定の金額以上購入して「送料無料」になるサイトはたくさんありますが、そのちょっとした提案に負けてしまい、余計なものを“ついで買い”してしまった経験はありませんか?

しかしよく考えてみると、実店舗に直接買いに行くとしても交通費はかかりますし、お店に行くまでの時間・手間もかかります。近所で安く買えるものにわざわざ送料を払うのは損な気がしますが、少し時間をかけないと手に入らないものや、重さがあって持ち歩きが大変なものなど、手間や時間をお金で買っていると考えると、送料を払ってでも商品を受け取ったほうがはるかにお得でしょう。

送料無料にさせるために余計なものを買うのはNG。本当に欲しいものだけを選び購入しましょう。

本当に欲しいものだけを手に入れて

いかがでしたか?
ネットショッピングは豊富な種類がいつでもどこでも買える分、一定のルールを設けなければ散財してしまいます。特に千円以下の買い物をちょこちょこしている場合は要注意。すでに衝動買いのクセがつき始めていて毎月結構な金額を使っている可能性が……。領収書やクレジットカードの明細をチェックしていくら使っているのか確認しましょう。

ネット通販は上手に使いこなせば、働く女性にとっての時短や節約に繋がりますので、上手に使いこなして楽しいネットショッピングライフを送ってくださいね。