女性はどの保険に入っておくべき? ライフステージに沿った保険の選び方



女性のライフステージに合った保険とは、どんなものなのでしょうか。
ライフステージは、年齢を軸に考えるものと、家族構成の変化で考えるものがあります。
年齢を軸にしたライフステージは、幼少期 青年期、壮年期、老年期という分け方です。もちろん青年期と老年期の保険の選び方は変わってきますよね。
今回は、女性の保険の選び方を独身期、夫婦2人の時期、ファミリー期という家族構成の変化でライフステージに分けて、必要な保険についてまとめました。

保険のきほん

たくさんの保険があるなかで、多くの方が加入しているのが、生命保険と医療保険です。それぞれをおさらいしておきましょう。

生命保険

自分の身にもしものことがあったときのための保障です。ライフステージがどこにあるのかに限らず、自分の葬儀代くらいは準備したいと考えると、誰にでも必要なものであると言えるでしょう。家族が増えるにつれて、必要な保障内容と金額が変わってくるので、状況に合わせて変更していきましょう。

医療保険

病気による入院や手術などの治療代を保障する医療保険やガン保険、女性特有の病気に対応してくれる保険と、女性にとっては何を選べば良いのかわからないほどたくさんの保険があります。女性には、女性特有の病気にかかるリスクがあること、妊娠・出産の可能性があることを考慮して、リスクに対応できる保険に加入しておくと良いでしょう。
ちなみに入院すると、治療費の他、差額ベッド代やこまごまとした出費がかさなって、一日23,000円程度(※)かかるとも言われます。入院や手術などの治療費への補償を医療保険で準備しておきましょう。

(※)公益財団法人 生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」より
https://www.jili.or.jp/research/report/pdf/r1hosho/p037-079.pdf

独身のときの保険

独身で、扶養する人がいないのなら、大きな死亡保障は必要ないでしょう。
万が一自分が亡くなったときのために、自分の葬儀などをまかなえる500万円程度の死亡保障は準備しておきたいです。月々の掛け金が低額の定期保険などがおすすめです。
生命保険のほか、ご自分の病気に備えた医療保険やガン保険などを準備しましょう。保険料が低い若いうちから、医療保障やガン保障を終身タイプで加入すると安心です。
子宮筋腫や子宮内膜症などは、若いうちからもかかることがありますし、乳がんなどは30代から罹患率が増えてくると言われています。女性特有の病気への保障に手厚い保険もあるので、チェックしておきたいです。
また、将来、妊娠・出産を考えている女性は、早めに医療保険に加入しておくと良いと言われます。妊娠してから医療保険に加入すると、出産に関する保障が適用外になることが多いのです。
女性ならではの妊娠・出産や女性特有の病気への保障に手厚い保険もあるので、チェックしておきたいです。

夫婦のときの保険

結婚をして、夫婦2人での生活を守っていくための保険を選びましょう。共働きか、片働きかによっても必要な保障は変わってきますよね。

共働きで、夫婦とも同等の収入があるのなら、お互いに高額な死亡保障は必要ないでしょう。
入院や手術が必要になるような病気に備えて、それぞれの医療保険、ガン保険を検討しましょう。
共働きでも収入に差がある場合や、どちらかが専業主婦(夫)であれば、病気のリスクに備えた保険のほかに、収入をもたらす大黒柱のもしもの時に備えが必要です。残される家族を支えるための死亡保障を準備しておきましょう。

子どもを養育しているときの保険

子どもが生まれたら、子どもが独立するまでの生活費と教育費の準備をしましょう。教育費のために、学資保険に加入しておくと良いでしょう。大黒柱に万が一のことがあった場合、それ以降の払込みは免除されて、子供の進学のタイミングに合わせて進学準備金や満期学資金が受け取れます。
夫婦ともに同等の収入を得ながら働くのであれば、子どもの養育費を考慮した死亡保障を設定しましょう。片働きの場合に、一家の大黒柱にもしものことがあると、生活レベルが下がってしまう、子どもが将来進みたい道へ進むことを諦めることになるなど、残された家族がお金に苦労することが想像できます。このために、収入の担い手には、ある程度大きな額の死亡保障を検討しましょう。
シングルマザーとして子どもを育てていくのであれば、万が一の時に子どもに残せる死亡保障と病気に備える医療保険には加入しておきましょう。

人気の女性保険をご紹介

保険市場で、人気の女性保険ベスト3をご紹介します。

受保険会社 東京海上日動あんしん生命 メディカルKit NEO 女性プラン

女性特有の病気への手厚い保障と乳房再建給付金が受け取れる、先進医療への対応など、充実した保障が受けられる。掛け捨てタイプ。
保険料:1,999円(35歳)
保険料払込期間:終身
保障内容:入院日額5,000円 手術給付金 放射線治療給付金 3大疾病は入院支払日数無制限 先進医療給付金 女性疾病保障特約

SOMPOひまわり生命 フェミニーヌ

女性限定医療保険。子宮筋腫など女性が心配な病気等による入院を重点保障。3年ごとに15万円の生存給付金が受け取れる。貯蓄・積立タイプの保険です。
保険料:8,453円(35歳)
保険料払込期間:15年(保険期間15年)
保障内容:入院給付金10,000円 女性入院給付金 手術給付金 退院後の通院費 がん治療給付金 先進医療給付金 3大生活習慣病は入院日数無制限

オリックス生命 医療保険 新CURE Lady(キュア・レディ)

お手頃な保険料で女性特有の病気とガンに手厚い保障が受けられる。掛け捨てタイプ。
保険料:1,972円(35歳)
保険料払込期間:終身
保障内容:入院給付金日額5,000円(女性特有の病気・がんの場合10,000円) 手術給付金 先進医療給付金 

いかがでしょうか。ライフステージによって必要な保障は変わりますので、その都度、必要な保障内容と金額になるように見直して変更していきましょう。