素敵なペディキュアを塗った足で、夢への一歩を踏み出して|お守りコスメ

素敵なペディキュアを塗った足で、夢への一歩を踏み出して|お守りコスメ

夢を叶える過程には、絶対に辛いことも大変なことも悔しいこともある。でもそれを乗り越えた先に、今まで見たことがない景色がある。「素敵な靴は素敵な場所に連れていってくれる」というヨーロッパのことわざにあるように、素敵なペディキュアが前へ進む気持ちを後押ししてくれるはず。


「Nizi Project(通称、虹プロ)」を観ていた人はいるだろうか。

地上波で放送されるたびにTwitterのトレンドランキングにいくつも関連ワードが入るくらい注目を集めていたオーディション番組。2PMやTWICEなどを手掛けた世界的プロデューサー・J.Y.Park氏の事務所JYPエンターテイメントと、日本のソニーミュージックによる共同プロジェクトで、1万人を超える応募者の中から最終的に9名が選ばれ、ガールズグループとしてデビューすることになった。(まだ観ていない人はHuluでぜひチェックしてほしい!)

ネタバレになるので詳細はあまり書かないようにするが、この番組を観ながら確信したことは、夢を叶えるために必要なのは才能ではなく、ひたむきな姿勢と絶え間のない努力だということ。



ダンス経験者なのにJ.Y.Park氏から「全然練習してこなかった人」と言われてしまう人もいたけど、それを悲観的に捉えず、「絶対デビューする」と強い気持ちを持って毎日必死に努力をしてデビューを決めたり、あるダンス未経験の子は「あなたはダンスが得意ではない」とJ.Y.Park氏から言われても練習を重ね、ダンス経験者の子たちと横並びで踊れるくらいになったり。
夢を叶えるためにひたむきに努力し続ける彼女たちの姿を観ながら、自分も今までそうだったなぁとしみじみ感じた。



私は大学卒業してすぐにフリーランスの美容ライターとして2年間活動し、現在は美容家として活動をしているが、過去にライター経験はゼロだし、美容の資格を持っているわけでも何でもなかった。
書くことに関してはむしろ苦手意識があって、大学の授業で書くちょっとしたレポートすら億劫になっていたくらい。
でも、「たくさんの女性に美容の情報を分かりやすく伝えていきたい」という夢を持っていたから、先輩ライターさんの文章を研究したり、本をたくさん読んだり、1日中ずっとPCと向き合って文章を書く練習をしたりと毎日がむしゃらに必死に努力をして、ついに三代美容雑誌の一つであるVOCEで連載をさせていただくことになった。
美容家としては、メイクやカラー、肌、化粧品について勉強をして資格をとって、今ではサロンでレッスンをしたり、メディアでケアやメイクについて発信をさせていただく機会が増えている。

美容ライターとしても美容家としても自分に才能があるとは思わないけど、常に「夢を叶える」と強い気持ちを持って、そのときの自分に出来ることを精一杯やってきたから、今までいくつもの夢を叶えてこれたのだと思う。

虹プロでも、J.Y.Park氏が「才能ではなく努力で夢を叶える」と話していた。本当にその通りだ。
だからもし今何か叶えたい夢がある人は、才能があるとか無いとかを考えるよりも、その夢に向かって努力し続けられる覚悟があるかを考えた方が良い。夢を叶える過程で、絶対に辛いことも大変なことも悔しいこともあるから。でもそれを乗り越えた先に、今まで見たことがない景色がある。

素敵なペディキュアが前へ進む気持ちにさせてくれる

「素敵な靴は素敵な場所に連れていってくれる」というヨーロッパのことわざと少し似ているけど、私は素敵なペディキュアが前へ進む気持ちにさせてくれると感じている。
目を引く美しい色が足先にあるとそれだけでも気分が上がるし、素敵なサンダルとの組み合わせを楽しみたいとワクワクするし、その足でどこかへお出かけしたい気持ちになる。
だから私は年中ペディキュアを塗っていて、夜眠る前に塗り替えるのが習慣になっている。

私にとってはまだ大人なブランドの「ルブタン」。本当は靴を履けたら良いけど私にはまだ早い気がするので、ルブタンの赤いネイルをペディキュアの定番にしている。
ひと塗りで鮮やかに発色してトップコートを塗らなくても色持ちが良く、サンダルから見える赤が上品で美しい。そして「ルブタンのネイルを足元に添えている」と気分が高揚して、ちょっと見せびらかしたい気持ちになる。

これから夏。サンダルを履く機会が多くなって、ペディキュアが映える季節。素敵なペディキュアで前向きな気持ちになって、素敵な靴で素敵な場所へ行こう。


クリスチャン ルブタン ネイルカラー ルージュ ルブタン ¥6,900

この記事のライター

美容家/美容ライター
#美金、#ゆいコスの提唱者。プチプラからデパコスまで、実際に試して本当に良かったコスメだけを紹介。

関連するキーワード


お守りコスメ 美容 コスメ

関連する投稿


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


コスメを買い替えるよりツールを見直して。美しいメイクの鍵はブラシ|お守りコスメ

コスメを買い替えるよりツールを見直して。美しいメイクの鍵はブラシ|お守りコスメ

「マスカラは絶対に塗らないと」「この色は私には似合わない」。メイクに絶対的なルールを持つ必要はない。むしろ、自分らしさを探すためにもなるべくいろんなアレンジを試してみて欲しい。けれど、絶対的に必要なもの…必ず持っておいて欲しいものがある。それがメイクブラシ。お守りコスメに必要なメイクツールを学んで。


自粛期間の肌荒れは心が原因。アロマのような美容液で健康的な美肌に|お守りコスメ

自粛期間の肌荒れは心が原因。アロマのような美容液で健康的な美肌に|お守りコスメ

肌が不調だと感じる原因は、自粛期間中に生まれた未来への不安や行動が抑制されることのストレスにあるのでは? 肌と心は密接に繋がっていて、心の状態が肌に顕著にあらわれる。そんな心のダメージを感じたときは、肌のバリア機能を高めて、身も心も癒してくれるアロマ代わりにもなる美容液を取り入れて。


自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼と繋がるペアコスメ|お守りコスメ

自粛ムードや遠距離で会えない彼。寂しくて辛い気持ちを抑えてくれるのは、爽やかな香りがするデオドラントアイテム。お揃いのコスメを持って気分を上げて、二人でこの夏を乗り越えて。


年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢に囚われない生き方を推奨するベージュリップ|お守りコスメ

年齢で制限をかけず自由に好きなことを楽しんでいる人ほど、見た目も若々しく見える。そんな、年齢にとらわれない生き方を選んだ人にこそ、手にとっておいて欲しいのが肌色に馴染むベージュのリップ。肌馴染みがよくナチュラルで上品、そして万能な一本を、お守りにしておいて。


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング