いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

「貯金は必要」だと考えていても、実際いくら貯金をしておけば安心して過ごせるのか? がわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、近い将来考えていることに対して必要になる金額を大まかにまとめてみました。


いくら貯金しておけば良い?

「お金は貯めておいた方がいい」「貯金は大事」と、いくら言われても、実際なにをするためにどのくらいお金が必要になるのかが想像できず、やる気がでない……なんて方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、近い将来考えていることを前提に、貯めておいて欲しい金額をまとめてみました。 必要な時に焦らずに済むように、ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職を考えている人は「1〜2ヵ月分の給料」を

まずは今の仕事に不満があり、ぼんやりではあっても転職を考えている人の場合です。転職活動にかかる時間とお金は人それぞれ違いますが、転職活動には企業を探すところから始まり、一次面接や二次面接…とそれぞれの段階があります。
今の仕事をやめて新しい職につくまでにはタイムラグがあることを頭に入れておきましょう。その間のつなぎとして、自分の給与の1〜2ヵ月分の金額は貯金しておきたいところです。場所や条件によっては、引っ越しを検討する必要もあるかもしれません。

引っ越しの予定がある人は「3ヵ月分の家賃」があれば安心

次は引っ越しを考えている人の場合です。
引っ越しには敷金・礼金、仲介手数料、その他にも火災保険や鍵交換費用などがかかります。

敷金・礼金に関しては、ゼロの場合もあれば、1ヶ月分ずつなどという場合もあり、比較的幅は広め。仲介手数料はだいたい家賃×0.5〜1ヵ月分が相場となっています。火災保険や鍵交換で数万円ずつかかることを覚えておきましょう。
また、入居日によっては前家賃が必要になる場合もあるため、3ヶ月分の家賃は確保しておいて間違いありません。
また、物件が決まった後も2年ごとの更新があるところが多いです。その際には更新料もかかってくるため、計画的に家賃分の貯金はしておいた方が良いでしょう。

病気やケガに備えて「100万円」の貯金を目標に

若いうちから、手厚い生命保険に加入する必要はありませんが、掛け捨ての医療保険は加入しておいて間違いないでしょう。一度に多くの医療費がかかってしまう場合には、公的制度には上限がかかっているため、ある程度の貯金をしておいた方が安心できます。
「私は大丈夫」と考えていても、いつ家族にケガや病気が発覚するかはわかりません。安心材料として、備えておくと良いでしょう。

結婚の予定がある人は少なくとも「100万円」

結婚式にかかるお金も幅広いですが、挙式、豪華な披露宴をするとなると費用は300万円以上になります。2人で分けたとしても足りない!なんて可能性も(※この場合、ご祝儀は別に考えています)。

式をあげずに、両家の食事会に数万円、新生活にあたっての引っ越し、家具・家電代としても100万円なんてあっという間。比較的コストを抑えられる海外ウエディングや、地味婚と呼ばれる控えめなウエディングでも100万円以上必要になるので、結婚の予定がある方は計画的に貯蓄をしていきたいところ。

出産・子育てを考えている人は収入が減ることを頭に入れて

出産自体には、国から一時金が出るため安心できますが、大変なのはそこから先です。子どもの教育費は1人あたり1,000万円といわれていますが、子どもの進路によって変わってくることを覚えておきましょう。私立の学校に通わせるとなると、2000万円は必要になります。

また、「子どもが生まれても働く」と決めたからといって安心できません。育休や時短勤務で収入が減ることも忘れずに。先回りして貯蓄しておいて損はありません。

給料ダウンや、ボーナスゼロもあるかも?!

これまでは、「同じ会社で長く働いていけば安心……」というように考えられていましたが、それはもう昔の話。非正規雇用や能力給が当たり前になっていくことでしょう。コロナの影響でボーナスが出ない、なんてことも誰にも予想できませんでした。

「会社に勤めているから大丈夫」という考えでは危険です。思うように収入が増えないどころか、給料が下がってしまう可能性も多いにあるのです。どんな会社に勤めていても「安泰」とはいえない時代になってしまったからこそ、先のことを見越して貯金をしておいた方が良いでしょう。

必要なお金にはキリがありません。何かあった時に、やりくりをして間に合わせる……にしても、無理があります。いつか「貯金をしておけばよかった」と思う時が必ずくるはず。ぜひ先回りしてマネープランを組んでみてくださいね。






この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


貯金 節約

関連する投稿


コツコツ貯めてお得に買い物! 最近よく聞く「ポイ活」とは一体?

コツコツ貯めてお得に買い物! 最近よく聞く「ポイ活」とは一体?

最近よく耳にする「ポイ活」。上手く利用すればお得に買い物ができるようになるため、始める人も増えています。一体どんな仕組みになっているのか? 全く詳しくない人に向けて解説します。


「出費が多くてピンチ!」残高が少ないときにやってはいけないお金の使い方

「出費が多くてピンチ!」残高が少ないときにやってはいけないお金の使い方

長期休暇やイベントが多くて、つい増えてしまった出費…。その穴を埋めようと、つい着目してしまうのが「お得」というワードです。けれど、残高が少ない・節約をしたい時にこそ、やってはいけないお金の使い方というものがあります。ファイナンシャルプランナー(CFP)を取得しているライター・高橋がそのNG行動についてご紹介!


【9月からスタート】キャッシュレスでお得になるマイナポイントとは?

【9月からスタート】キャッシュレスでお得になるマイナポイントとは?

今年9月から、新しいポイント還元制度「マイナポイント」が始まります。キャッシュレス決済によってポイントが戻ってくるお得な制度……ということですが、一体どういうものなのでしょうか? マイナポイントについてわかりやすく解説いたします。


テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークを導入する企業が増えている今、自宅で過ごす時間も長くなり通信費や光熱費が今までより増えた…と気になっている方も多いのでは? そこで今回は通信費・電気代の節約にオススメな方法をご紹介します。


その節約大丈夫!?カラダのために意識したい食費との向き合い方、ポイント3つ

その節約大丈夫!?カラダのために意識したい食費との向き合い方、ポイント3つ

欲しいものは沢山あるし、貯金もしたいし、行きたいところも沢山ある…そうなると真っ先に食費を節約しようと考える方も多いのでは?でもちょっと待って!むやみやたら食費を削ってしまうのは考えもの。3つのポイントを押さえて賢くお買い物をしましょう。


最新の投稿


女性に人気の副業「美容モニター」とは?おすすめサイト比較4選

女性に人気の副業「美容モニター」とは?おすすめサイト比較4選

女性の副業の中でも人気が高い「美容モニター」について美容モニター歴1年以上のCinq編集部ライターが、おすすめ「美容モニターサイト」を4つご紹介します。始める際の注意点や、向いている人や向いていない人についてもまとめてみました。ぜひご参考にしてみてください。


乾燥と日焼けは同時に解決!美白系ハンドクリームおすすめ13選

乾燥と日焼けは同時に解決!美白系ハンドクリームおすすめ13選

夏でも、アルコールや手洗いで指先が乾燥してしまいがち。保湿とUVカットできる美白*ハンドクリームがあれば、美しい手元を保てます!SPF14以上のSNSで人気商品の中から試してよかったおすすめの逸品をご紹介します!


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


RANKING


>>総合人気ランキング