いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

いくら貯めておけばいいの? 「近い将来」を考えて安心できる貯金額って

「貯金は必要」だと考えていても、実際いくら貯金をしておけば安心して過ごせるのか? がわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、近い将来考えていることに対して必要になる金額を大まかにまとめてみました。


いくら貯金しておけば良い?

「お金は貯めておいた方がいい」「貯金は大事」と、いくら言われても、実際なにをするためにどのくらいお金が必要になるのかが想像できず、やる気がでない……なんて方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、近い将来考えていることを前提に、貯めておいて欲しい金額をまとめてみました。 必要な時に焦らずに済むように、ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職を考えている人は「1〜2ヵ月分の給料」を

まずは今の仕事に不満があり、ぼんやりではあっても転職を考えている人の場合です。転職活動にかかる時間とお金は人それぞれ違いますが、転職活動には企業を探すところから始まり、一次面接や二次面接…とそれぞれの段階があります。
今の仕事をやめて新しい職につくまでにはタイムラグがあることを頭に入れておきましょう。その間のつなぎとして、自分の給与の1〜2ヵ月分の金額は貯金しておきたいところです。場所や条件によっては、引っ越しを検討する必要もあるかもしれません。

引っ越しの予定がある人は「3ヵ月分の家賃」があれば安心

次は引っ越しを考えている人の場合です。
引っ越しには敷金・礼金、仲介手数料、その他にも火災保険や鍵交換費用などがかかります。

敷金・礼金に関しては、ゼロの場合もあれば、1ヶ月分ずつなどという場合もあり、比較的幅は広め。仲介手数料はだいたい家賃×0.5〜1ヵ月分が相場となっています。火災保険や鍵交換で数万円ずつかかることを覚えておきましょう。
また、入居日によっては前家賃が必要になる場合もあるため、3ヶ月分の家賃は確保しておいて間違いありません。
また、物件が決まった後も2年ごとの更新があるところが多いです。その際には更新料もかかってくるため、計画的に家賃分の貯金はしておいた方が良いでしょう。

病気やケガに備えて「100万円」の貯金を目標に

若いうちから、手厚い生命保険に加入する必要はありませんが、掛け捨ての医療保険は加入しておいて間違いないでしょう。一度に多くの医療費がかかってしまう場合には、公的制度には上限がかかっているため、ある程度の貯金をしておいた方が安心できます。
「私は大丈夫」と考えていても、いつ家族にケガや病気が発覚するかはわかりません。安心材料として、備えておくと良いでしょう。

結婚の予定がある人は少なくとも「100万円」

結婚式にかかるお金も幅広いですが、挙式、豪華な披露宴をするとなると費用は300万円以上になります。2人で分けたとしても足りない!なんて可能性も(※この場合、ご祝儀は別に考えています)。

式をあげずに、両家の食事会に数万円、新生活にあたっての引っ越し、家具・家電代としても100万円なんてあっという間。比較的コストを抑えられる海外ウエディングや、地味婚と呼ばれる控えめなウエディングでも100万円以上必要になるので、結婚の予定がある方は計画的に貯蓄をしていきたいところ。

出産・子育てを考えている人は収入が減ることを頭に入れて

出産自体には、国から一時金が出るため安心できますが、大変なのはそこから先です。子どもの教育費は1人あたり1,000万円といわれていますが、子どもの進路によって変わってくることを覚えておきましょう。私立の学校に通わせるとなると、2000万円は必要になります。

また、「子どもが生まれても働く」と決めたからといって安心できません。育休や時短勤務で収入が減ることも忘れずに。先回りして貯蓄しておいて損はありません。

給料ダウンや、ボーナスゼロもあるかも?!

これまでは、「同じ会社で長く働いていけば安心……」というように考えられていましたが、それはもう昔の話。非正規雇用や能力給が当たり前になっていくことでしょう。コロナの影響でボーナスが出ない、なんてことも誰にも予想できませんでした。

「会社に勤めているから大丈夫」という考えでは危険です。思うように収入が増えないどころか、給料が下がってしまう可能性も多いにあるのです。どんな会社に勤めていても「安泰」とはいえない時代になってしまったからこそ、先のことを見越して貯金をしておいた方が良いでしょう。

必要なお金にはキリがありません。何かあった時に、やりくりをして間に合わせる……にしても、無理があります。いつか「貯金をしておけばよかった」と思う時が必ずくるはず。ぜひ先回りしてマネープランを組んでみてくださいね。

この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


貯金 節約

関連する投稿


その節約大丈夫!?カラダのために意識したい食費との向き合い方、ポイント3つ

その節約大丈夫!?カラダのために意識したい食費との向き合い方、ポイント3つ

欲しいものは沢山あるし、貯金もしたいし、行きたいところも沢山ある…そうなると真っ先に食費を節約しようと考える方も多いのでは?でもちょっと待って!むやみやたら食費を削ってしまうのは考えもの。3つのポイントを押さえて賢くお買い物をしましょう。


自分に合う貯め方を見つける!貯金が苦手な人でも始めやすい3つのプチ貯金

自分に合う貯め方を見つける!貯金が苦手な人でも始めやすい3つのプチ貯金

お金を貯めたいと思っているのに、上手くいかない…。貯金をしようとしても失敗してしまう人も多いハズです。そんな人は、貯金のやり方が自分に合ってないだけなのかも。貯金を始めたばかりで高額目標を達成するのはなかなか難しいものです。そんな人はまず、プチ貯金から初めてみませんか?


入社2年目から手取り額が減るのはどうして?住民税の基礎知識

入社2年目から手取り額が減るのはどうして?住民税の基礎知識

仕事の経験を積んだ2年目の社員は、1年目に比べて手取り額が減ってしまいます。この現象に疑問を持ったことはありませんか? これは、入社して2年からは住民税が加わることが理由にあります。今回は会社員が支払い税金のうちの、「住民税」についての仕組みをご紹介。


【FP監修】節税したい人必見!会社員にもできる節税対策の基礎講座

【FP監修】節税したい人必見!会社員にもできる節税対策の基礎講座

税金を収めることは国民の三大義務のうちの一つ。ですが、手元に残っているお金は少しでも多い方が嬉しいですよね。今回はお金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)が、会社員にもできる節税のコツをご紹介。


負担を少しでも軽くしたい!会社員にもできる節税対策ってあるの?

負担を少しでも軽くしたい!会社員にもできる節税対策ってあるの?

会社員の人にでも節税できる方法はないか、考えてみたことはありませんか? 今回は、比較的新しくできた節税に有効な制度を紹介します。


最新の投稿


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

好意を寄せられていると思っていたら、実は彼には彼女がいた……。自分の気持ちを利用されると、さすがに腹が立ちますよね。思わせぶりな態度をとる男性には注意しましょう。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はアイティオール 井上真樹さんです。


OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

「自分らしく働きたい」先行き不安なご時世だからこそ、こう思う方も多いのではないでしょうか。しかしフリーランスになるためには何から始めたらいいの?と分からないことだらけ…という声も耳にします。そこで今回はフリーランス3年目、元OLの筆者が実際にフリーランスを志してから始めた3つのことをご紹介します。


転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職活動の手伝いをするキャリアアドバイザーという仕事をしていると、ようやく獲得した内定を辞退せざるを得ない…という残念な状況に陥ることが何度かありました。それが「嫁ブロック」とも呼ばれる家族からの反対です。そこで今回は、転職を家族に反対されないために、事前に話しておくべきことについてお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング