誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

内閣府が、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたことにより「結婚すれば60万円もらえる」という情報が大きく広がっていますが、その情報だけしか知らないと大きな落とし穴にハマる危険が…! どんな制度なのか、内容を確認していきましょう。


誰でも結婚したら60万円支給……ではない!

先日とあるニュースがSNSで大きな盛り上がりを見せました。それは、少子化対策の一環として、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度(2021年4月)から60万円を上限に補助する方針を固めたことです。経済的理由で結婚を諦める人が多いため、補助金を出し後押しするという狙いがあります。

この内容を端的に取った「結婚したら60万円の補助が出る!」という情報が一人歩きしたことにより、結婚を考える人もいれば、「偽装結婚が増えそう」いった意見も挙がっていますが、実は大きな落とし穴が……。この制度にはもともと、極めて限定された対象設定がされています。

「結婚新生活支援事業」の条件

この制度の対象となる条件を見てみると、

①「結婚新生活支援事業」を実施する市区町村に住み、新たに婚姻届を出した夫婦
②婚姻日の年齢が夫婦とも39歳以下
③世帯年収が約540万円未満


という条件になっています。この中で一番注目するべきなのが、①「結婚新生活支援事業」を実施する市区町村という部分。
実は、全国では260市区町村しか選定されておらず、東京都内で選定された自治体はありません。首都圏、主要都市部はほとんどが対象外なのです。現在対象の地域に住んでいたり、住む予定がなければ60万円は支給されないので注意しましょう。

対象地域一覧(内閣府 結婚新生活支援事業 チラシより)
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/meeting/hojokin/h30/pdf/chirashi.pdf

また支給額の上限60万円ですが、これはあくまで“上限”であり、確実に60万が貰えるわけではありません。家賃代や敷金・礼金、共益費、仲介手数料の補助として支給されるので、例えば片方の実家に引っ越す場合などは、引っ越し代しか出ないということなのです。

また、全てのお金が内閣府から出るわけではなく、自治体が負担する必要があるため、自治体によっては上限金額が少なくなる可能性もあります。(現在、内閣府は補助率を3分の2に引き上げる方針)

対象となる自治体が増える可能性も0ではない

制度の仕組みを理解していないと「結婚すれば60万円貰える」と勘違いしてしまい大変なことになりかねません。もともと制度としては存在していましたが、これまでは上限が30万円で、条件ももっと厳しめく設定されていたため、知らない人も多かったはずです。

今回のニュースをきっかけに対象になっていない自治体も動き出すかもしれませんし、今後内容がブラッシュアップされる可能性もあります。今後の動向をしっかりとチェックしていきましょう。






この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


制度 マネー 結婚

関連する投稿


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


同棲して初めて分かる!旦那さんには向いていない彼氏の特徴

同棲して初めて分かる!旦那さんには向いていない彼氏の特徴

同棲してみないと分からない「事実」が、実はたくさんあります。一緒に暮らしてようやく分かった彼の本当の顔に戸惑っていませんか? 旦那さんに向いていない彼と無理やりゴールインするのは、かなり危険…!?


仕事が好きで最優先、でも結婚はしたい「複雑なキモチ」の整え方

仕事が好きで最優先、でも結婚はしたい「複雑なキモチ」の整え方

仕事が好きだから、一生懸命頑張っている。でも、ときどき揺らいでは何が答えなのか分からなくなっているのでは?結婚したくなるその気持ちも、自分の一部なのです。少しずつ絡まった糸をほどき、整理整頓を始めましょう。


本当にその人で大丈夫?付き合っても幸せになれない男性の特徴

本当にその人で大丈夫?付き合っても幸せになれない男性の特徴

今の彼は本当にあなたを幸せにしてくれる人?今の時点で見極めておかないと、数年後になってから後悔しても遅いかも…。


年収アップの前に倒れないで! 複数のお仕事をこなすときに気をつけたいこと

年収アップの前に倒れないで! 複数のお仕事をこなすときに気をつけたいこと

年収アップをするために複数のお仕事をかけもち…。でも、想像以上に実は大変なんです!今回は、複数のお仕事をこなすときに気をつけたいことをご紹介いたします。


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング