仕事も生活もどちらも諦めない。第3の働き方「フルキャリ」という考え方

仕事も生活もどちらも諦めない。第3の働き方「フルキャリ」という考え方

キャリア重視の「バリキャリ」か、生活重視の「ゆるキャリ」のどちらかで捉えられる傾向がありましたが最近は新しい考え方として「フルキャリ」を望む女性も増えてきています。一体どんな働き方なのでしょうか?


仕事も生活も両立させる「フルキャリ」という選択

みなさんは「フルキャリ」という言葉をご存知でしょうか?

これまで働く女性の働き方は、キャリア重視の「バリキャリ」か、生活重視の「ゆるキャリ」のどちらかで捉えられる傾向がありました。どちらかのスタイルを好んで選んだ人もいるとは思いますが、中には環境が許さず、仕事か生活かのどちらかを選ばざるを得なかった人もいると思います。

プライベートでは結婚も出産もして、家事や子育てにも積極的に取り組みながら、仕事でも、周囲の期待に応える成果をしっかりと出して、仕事を通じて少しでも自分を高めていきたいと考える女性が増えています。

そこで、結婚か仕事かどちらか一方を選んだり、一方に重きを置くのではなく、どちらも「Fulfill したい(全うしたい、目標を成就させたい)」と考えているのがフルキャリという新しい考え方です。

企業はフルキャリを取り入れる時代に

どれくらいの人数がフルキャリを望んでいるのでしょうか?

2018年に『リクナビNEXT』が「仕事とプライベートの理想のあり方」に関する調査を行い、生活における仕事とプライベートについての考えを転職者に尋ねたところ、「仕事とプライベートのバランスがとれている」は7割(71.6%)を超えフルキャリを望む人が多くいることがわかります。

少子高齢化し生産年齢人口がますます減少していく日本ですが、ここでカギとなるのがフルキャリの存在です。仕事もプライベートもどちらも頑張りたい人を企業側は応援をし、体制を整えていくことが必要となりますが、仕事と生活、どちらも諦めずに頑張ることができる。これからの時代スタンダードになっていきそうです。

タイミングに合わせて変えることが出来る環境を目指して

ライフスタイルの変化によって、ゆるキャリのときもあれば、バリキャリのときもあるし、フルキャリでやっていきたいときもある。同じ人でも、ひとつのタイプに固定されるものではないとも思っています。家族の状況や仕事への考え方って、想像以上に変わっていくものです。

例えば、子どもを産み最初はゆるキャリで行こうと思っていても、子どもが少しずつ成長してくるにつれ、仕事も頑張りたいという欲が出てきてフルキャリにになろうと変わる人もいるはず。

このように状況や自分の正直な気持ちに合わせて、ゆるキャリ、フルキャリ、バリキャリをその都度自由に行き来できたらより働き方が自由で良いのではないでしょうか?

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


何事も戦略が必要!ビジネスワード「KPI」と「KGI」を恋愛に置き換えて解説

何事も戦略が必要!ビジネスワード「KPI」と「KGI」を恋愛に置き換えて解説

難しい単語がわかりません! そんなあなたにビジネスだけじゃなく恋愛でも活かせる知識として「KPI」、「KGI」という言葉をお教えします。大事な選択を誤らない、目標から外れないためにも考えてみてくださいね。


モチベが下がった…!資格勉強のやる気が出なくなった時の5つの対処法

モチベが下がった…!資格勉強のやる気が出なくなった時の5つの対処法

スキルアップのために資格勉強を日々頑張っているという方も多いのではないでしょうか。しかし、人間ですから「やる気がでない…」と前向きに資格勉強に取り組めない時もありますよね。 2年半ほど、資格取得に奮闘していた筆者の体験談も交えながらモチベ-ションが下がった時の対処法をご紹介します。


先が見えない今こそ! キャリアアップの道筋を考える「キャリアパス」とは

先が見えない今こそ! キャリアアップの道筋を考える「キャリアパス」とは

「仕事がつまらない」、「先が見えない世の中で不安」など、さまざまな思いを抱えることがあります。そんなときは、キャリアパスを考えて自分の目指すべきゴールを明確にしてみましょう。今回はキャリアパスの考え方についてご紹介します。


【元・地方OLが告白!】私が地方でフリーランスになるためにしてきた3つのこと

【元・地方OLが告白!】私が地方でフリーランスになるためにしてきた3つのこと

フリーランスって憧れる!でも地方に住んでいるから無理かなぁ…これは数年前に筆者が思っていたこと。しかし、新しい生活様式が始まった今だからこそ、地方に住んでいたっていくらでもチャンスはあります。筆者の体験談を踏まえながら3つのヒントを伝授いたします。


やりたいことがあるのになかなか一歩が踏み出せない。そんな時に試すべきこと

やりたいことがあるのになかなか一歩が踏み出せない。そんな時に試すべきこと

「いつかこれをやってみたい」思いは心のうちに秘めているのになかなか行動できない……こんな葛藤を抱えている方も多いのではないでしょうか。 最初の一歩を踏み出すにはきっときっかけが必要です。元OLの筆者の体験談も交えながら前へ進むための3つのリストをご紹介します。


最新の投稿


【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

【美容ライター厳選】2020年下半期注目すべきオーガニックメイクアップコスメ

下半期もあっという間に過ぎていく中でも、マスク生活がスタンダードに。目元や唇のケアが大切になってきます。肌に少しでも負担がかかりにくいオーガニックコスメは、いま注目すべきアイテムです。そこで筆者がオーガニックメイクアップコスメを厳選。まだチェックしていないという人は、ぜひこの機会にチェックしてみて。


体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

体の冷えを防ぐ食べ物を紹介! 薬膳のプロが選ぶ“あたため食材リスト”

「さむっ!!」と思わず声が漏れちゃうほど、気温がグッと下がり朝晩寒くなりましたね。衣服での寒さ対策はしていると思いますが、食事はどうでしょうか。カラダを温める食材を意識して食べていますか?ギクッとされた方はまずはこの5つの食材を味方につけましょう。


20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

20代から始めるべき美容法。サテンのような肌になるボディセラムは必携|お守りコスメ

美容は一朝一夕で手に入るものではなく、毎日のお手入れの積み重ねから美容貯金となり、未来に表れるものです。とはいえ全てのパーツのケアを毎日入念に行うのは大変なこと。そこで「20代のうちにやっておくべき美容法」に優先度の高いものをご紹介します。


仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

仕事の受け方で好印象を掴め! 信頼される【指示の受け方】マニュアル

上司や取引先から仕事を頼まれたとき、あなたはどのようにして話を聞いていますか? 今回は、指示を受ける場合の正しい方法についてご紹介。


職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場の人とうまくいかない…人間関係で悩む人がやりがちなコミュニケーション

職場での人間関係に悩む人はとても多いものです。「上司が気に食わない」「部下から全く慕われない…」年齢差や役職でこのような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、人間関係で悩む人がついやってしまうコミュニケーションについて紹介していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング