転職活動の基本!面接時に「質問はありますか?」と聞かれた時のNG回答4つ

転職活動の基本!面接時に「質問はありますか?」と聞かれた時のNG回答4つ

就職・転職活動をするときに行うのが面接対策。採用担当者から質問されるであろうことを予測して、事前に回答を準備しておくことは基本です。けれど、意外と抜けがちなのが「何か質問はありますか?」と聞かれたときのこと。今回は、面接時にやってはいけない逆質問について紹介していきます。


「何か質問はありますか?」と聞かれたら…。面接時にやってはいけない質問

就職活動や転職活動を行なっている時、面接官から聞かれるであろう質問を予測して回答を準備していく【面接対策】は基本のキに当たりますよね。
ですが、意外と抜け目になるのが、先方から「質問はありますか?」と聞かれた場合の準備です。
面接官に当たる人事担当者は、こういった逆質問を通して入社意欲や志望度、職務能力を見極めようとしています。「質問はありますか?」と聞かれた場合に、やってはいけないNG質問例を今回は紹介していきたいと思います。

企業HPに書いてあることを聞く

こちらも基本になりますが、就職・転職活動を行う時にはまず企業情報を調べることが大切です。そのため、企業用HPに記載されているような内容や、少し調べれば出てくる情報について聞くことがないように注意しておきましょう。「この人はHPも見ていないのか」と採用担当者をガッカリさせてしまいます。
企業理念や取引先、売上高や男女比など、調べればわかる情報について質問をするのはNGです。事前にしっかりとチェックしてから面接に挑みましょう。

会社に依存している・会社で学びを得ようとしていると思われる質問

「入社した際はどのような研修が受けられますか?」「勉強ができる環境はありますか?」というように、会社に依存していると思われるような質問も避けましょう。会社は学びを提供する学校のような場所ではありません。

特に転職の場合は、すでに持っているスキルをすぐに活用できる“即戦力”として扱われることも多いです。会社に求めてばかりでは面接に受かりません。自分が提供できるものを明確にし、面接=商談の場であるとして捉えて自己PRをしていきましょう。

勤務条件・福利厚生について詳しく聞く

また、面接の場で勤務条件や福利厚生などを詳しく聞きすぎることも注意が必要です。これらも、少し調べればある程度わかることが多いからです。

その他にも「残業は月にどれくらいありますか?」「前年のボーナス支給額を教えてください」「有休消化率は?」というように、休暇やお金に関する質問をしすぎると、意欲が感じられないと捉えられる可能性があります。働き手にとっては重要な質問ですが、あくまで自分のスキルを提供できる前提での福利厚生。評価が伴っている状態でないと危険です。

「特にありません」

繰り返しにはなりますが、この逆質問から面接担当者は、入社意欲や志望度、職務能力などを見極めています。
面接の最後に問われるこの逆質問は、最後に意欲や能力をアピールできる場所なのです。
事前に下調べをしっかりしていることが伝わること、そしてアピールしたい強みを明確にすることができる場でもあるので、「特にありません」は非常に勿体無いということなのです。
なるべく、複数の質問を準備しておきましょう。質問は2〜3個準備しておくのがオススメです。

面接では「聞く」能力も問われる!

いかがでしたか?
聞かれるであろう質問に、事前に準備しておくことはもちろん大切ですが、面接では質問をする能力も問われます。「何か質問はありますか?」と聞かれて焦ってしまうことのないように、企業の情報はしっかりと調べて面接に挑みましょう。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


面接 転職活動 転職

関連する投稿


「人手不足の業界ならすぐに転職できる?」コロナ禍による介護業界のニーズの変化

「人手不足の業界ならすぐに転職できる?」コロナ禍による介護業界のニーズの変化

新型コロナウイルスにより観光や飲食業など窮地に立たされる事態となりましたが、このタイミングで医療・介護業界へ転職したいと思う人も増えてきているのです。ですが医療・介護領域の求人ニーズは変化しているのはご存知でしょうか?今回はどのように変化してきているのか解説します。


人材会社の使いすぎも危険? 転職活動が長期化する人にありがちな「重複応募」

人材会社の使いすぎも危険? 転職活動が長期化する人にありがちな「重複応募」

自分がどの企業に応募しているか、きちんと把握していますか? 当たり前かと思うかも知れませんが、転職活動が長期化してくると「重複応募」してしまうことがあります。なぜこのような事態が起こってしまうのか解説していきます。


27歳は企業からのモテ期?誘いを受けたり転職で悩んだ時に確認しておきたい事

27歳は企業からのモテ期?誘いを受けたり転職で悩んだ時に確認しておきたい事

新人でなければ、ベテランでもない27歳という年齢は、市場価値の高い年ともいえます。業種によっては、様々な会社から声がかかることもあるでしょう。そんな転職しようかなと考えたときに確認しておきたいことについて考えてみましょう。


会社の体制や方針が突然変わった…。社会環境の変化から転職を望む方へ

会社の体制や方針が突然変わった…。社会環境の変化から転職を望む方へ

コロナ禍に入り、急に変わった生活様式……。予想もしていなかったこの事態に、今後自分はどうすれば良いのか? を改めて感じられた方も多いのではないでしょうか。今回は、社会環境の変化に対応すべき変動対応力について、キャリアアドバイザーと共に考えていきましょう。会社の対応はもちろんですが、個人の対応力も今後重要になります。


「次の転職を最後にしたい」人が、企業選びを間違えてしまう理由とは

「次の転職を最後にしたい」人が、企業選びを間違えてしまう理由とは

「次の転職を最後にしたい」そう思って慎重に転職活動をしていたのに、あることが原因で転職活動自体を諦めてしまう方も多いのです。なぜこのような事が起こるのかキャリアアドバイザーが解説します。


最新の投稿


【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

【仕事と妊活】会社に相談するときにすり合わせした方が良い内容とは?

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは約3組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、会社に妊活を相談するときにすり合わせした方が良い内容について解説していきます。


忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

寒くなってくると気になるのが“冷え”ですよね。 冷えは万病のもとといわれているから温活をしなきゃいけないのは分かっている…でも、忙しくてなかなか自分に手をかけてあげられない…というのが正直なところではないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロが忙しくてもこれだけは意識して!という3つの習慣をご紹介します。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

積極的に使いたい! 職場で良好なコミュニケーションを築く「褒め」力

上司、同僚、部下。あなたは職場で働く人たちと良好なコミュニケーションが取れていますか? 職場環境を良くしよう、オフィス改革だ、なんて取り組みも最近盛んになってきてはいるものの、多くの時間を過ごす“職場”では結局、人間関係が一番大事だったりします。今回は職場での雑談力を高める「褒める」力についてです。


うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

うわっ、私コレやってるわ…。尾を引く下手なケンカの特徴

「ケンカするほど仲が良い」という言葉がありますが、実際はどうなのでしょうか? この言葉は間違いではありませんが、仲直りができるかできないかによって、捉え方が変わってしまう表現です。では、尾を引くケンカの特徴とは一体どういったものなのでしょうか。心理学を用いて解説していきます。


RANKING


>>総合人気ランキング