忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

忙しくてもこれだけはやってみて!薬膳のプロが教える、体を温めるための3つの習慣

寒くなってくると気になるのが“冷え”ですよね。 冷えは万病のもとといわれているから温活をしなきゃいけないのは分かっている…でも、忙しくてなかなか自分に手をかけてあげられない…というのが正直なところではないでしょうか? そこで今回は薬膳のプロが忙しくてもこれだけは意識して!という3つの習慣をご紹介します。


1.特別な時以外は温かいものを口にする!と自分と約束する

突然ですが、あなたが普段口にしているものは冷たいものが多いですか?温かいものが多いですか?もし冷たいものが多いならばまずはその習慣を見直しましょう。

と、いうのも中医学(中国伝統医学)の世界では、食べ物を栄養に変えて全身に届けてくれる臓腑を脾(ひ)といいますが、この脾は冷たいものがとても苦手。冷たいものを飲んだり食べたりしていると脾が弱まりせっかく食事に気を付けても栄養に変わりにくいため、身体も冷えやすくなるのです。

特に、ビールやアイスコーヒーは冷やす性質なうえに温度も冷たいので冬は極力飲むのを控えてほしいところ。お酒を飲むなら体を温める作用である焼酎のお湯割りや熱燗に。アイスコーヒーはホットコーヒーをチョイスしましょう。できれば体を温める作用である紅茶やジャスミン茶に変えてあげるとさらにGood。

飲み物は口にする機会が特に多いので、気を配ってあげると脾の働きも高まりますよ。

2.生姜・ねぎ・ニラの温め食材をストック!

食材の買い出しの時に「何を食べよう?」そう思ったら身体の内側からポカポカと温める食材を買いましょう。

筆者のオススメは生姜、ねぎ、ニラの3つ。
身体を温めることで有名な生姜は特にお腹を温めてくれます。また、発汗作用があるので風邪かも?と思った時にすりおろした生姜を紅茶にいれて飲むと◎。

ニラとねぎには、身体の熱となるものを補う働きがあるので冷えやすい体質の方にはマストな食材!

この3つをストックして日々の食事に摂り入れましょう。特に帰宅したときに寒気を感じる時はこれらの温め食材を使ってお鍋やスープを作り芯から温めて。

3.腹巻をしてお腹と腰を冷やさない

腹巻をする習慣はありますか?もし、腹巻を持っていないというならばぜひこの冬の買い物リストに加えてください。

と、いうのも、身体を温める働きをになう腎(じん)という臓腑は冷えがとても苦手。
特に、腎のある腰回りを冷やしてしまうと腎の働きはどんどん低下してしまいます。中医学では臓腑と季節が密接に関わっていると考えますが、冬と腎は密接に関わっていてこの季節は腎がダメージを受けやすい時期でもあります。
女性はお仕事柄スカートやストッキングを履く機会も多く身体がただでさえも冷えやすい。ですので、腹巻で腰周りを温める習慣を身に着けて。今はお洋服に響かないような薄手の腹巻もたくさんありますので、着け心地がいい腹巻を身に着ける習慣を始めましょう。

真新しいことじゃなくていい。普通のことを自分のできるペースで

冷えから身を守ることって実はそんなに特別なことじゃない。すぐに始められて、誰でもカンタンに実践できそうなものが意外とあるんですよ。

一度に新しい習慣をたくさん始めると息切れしてしまうこともあるので、まずはこの3つの習慣のうちのどれか1つでもいいので生活の中に摂り入れてみてくださいね。






この記事のライター

ずぼらだけど薬膳のプロ(国際薬膳調理師)
“簡単、おいしい、からだにいい”をモットーとした薬膳ずぼら飯が得意です。

関連するキーワード


冷え 食事 健康

関連する投稿


ウーバーイーツの『チップ機能』みんなは払ってる?相場と払い方

ウーバーイーツの『チップ機能』みんなは払ってる?相場と払い方

コロナ禍でウーバーイーツを頼む人が急増!家まで配達してくれるから本当楽ですよね。そんなウーバーで悩むのがチップ機能ではないでしょうか。日本人はチップを払う文化がないので相場が分からないですよね。実際にどんな時に支払うのかやその相場も調べました!ぜひ次の配達から活用してみてください。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


来年こそ今のゆらぎから抜け出したい!健やかなワタシでいるために始めたい薬膳的、3つの新習慣

来年こそ今のゆらぎから抜け出したい!健やかなワタシでいるために始めたい薬膳的、3つの新習慣

誰もが予想しなかったことが起こった今年。心身、健康であることの大切さを感じる方も多かったことでしょう。 今回は、今よりもっと心身ともに健やかであるためにはじめたい3つの習慣を薬膳のプロである筆者がご提案します。ぜひ、来年の目標に加えてみてください。


薬膳のプロが教える“今日のわたしにぴったり”なコンビニで買える飲みものリスト

薬膳のプロが教える“今日のわたしにぴったり”なコンビニで買える飲みものリスト

突然ですが、今日どんな飲み物を口にしましたか? 薬膳の世界では食材それぞれに効能があると考えますが、それは飲みものも一緒です。 せっかく口にするものですから、今の自分の体調にあわせて飲みものをチョイスしてみましょう。


舌をみれば不調が分かる?薬膳のプロが教える!簡単なセルフチェック術

舌をみれば不調が分かる?薬膳のプロが教える!簡単なセルフチェック術

自分の今の体の調子はどうなんだろう?そう思う時にぜひ見ていただきたいのが舌です。薬膳のベースになっている中医学(中国伝統医学)では舌を見ると不調がわかるといわれているんです! 今回は薬膳のプロである筆者が簡単にできるセルフチェックをご紹介します。ぜひ鏡を使ってご自身の今の状態をチェックしてみてください。


最新の投稿


明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

明確な指示をしない上司に困惑…で、どうしたらいいの?の対処法

20代社員が「上司の指示が伝わりづらい」と悩む事は意外と多いです。そのなかでも上司に対して特に不満を感じるのが「指示が曖昧で分かりづらい」こと。上司の方にも言い分はあるでしょうが、指示が伝わらなければ、結局お互いに困るため、業務がスムーズに進むように工夫が必要です!今回はそんな時の対処法を紹介します。


嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

嫌ならNO!飲み会を上手く断る方法とNGな断り方

飲み会に「気が乗らない」「時間とお金の無駄」と感じる人が増えているようです。かつては職場の飲み会は円滑に仕事を進めるための潤滑剤だと思われていましたが、今は家族や趣味、自分の時間を大切にしたい人が増えています。とはいえ断り方がまずいと、上司からの評価が下がってしまうかも…自然な断り方をマスターしましょう!


彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

彼氏が男女6人で温泉旅行!これって許すべきなの?ウザイ女の線引きとは?

男女の友情は存在するという人もいるけど、実際、彼氏が女の子もいるグループで旅行に行くってどうなんでしょうか?正直、いい気分はしないけど、心が狭いって思われるのもイヤという女性が多いはず!彼氏の行動のモヤモヤどこまで我慢するべきなのでしょうか?


『美人なのに残念…』なぜかモテないの女性の特徴とは?

『美人なのに残念…』なぜかモテないの女性の特徴とは?

なぜか美人なのに非モテの女性がいませんか?同性から見ても羨ましいような美人なのに、なぜか彼氏ができない、男性が近寄ってこないのは何か理由があるはずですね。ムダ美人にならないように、自分に当てはまるところがないかチェックしてみましょう!


可愛くないのにモテるのは何故?『ブスモテ子』の恋愛テクとは?

可愛くないのにモテるのは何故?『ブスモテ子』の恋愛テクとは?

けっして美人じゃないのに、なぜかモテる女子って職場に1人はいませんか?女性には分からないブスモテの理由はなんでしょうか?男性にしか分からない彼女たちの魅力を知れば、自分もモテ女子になれるかもしれませんよ!


RANKING


>>総合人気ランキング