彼氏できたら友達付き合い悪くなる私…彼依存を卒業する方法



1.彼氏依存症とは?

彼氏依存症とは、その名のとおり「彼氏に依存している状態」のことです。

★依存チェックリスト★
1.彼氏のLINEは即レス、返事が遅いとイライラ
2.彼氏の予定に合わせて自分の予定を決める
3.彼氏ができると友達と会う頻度が減る
4.髪型や買うものまで何でも彼氏に相談する
5.彼の好みの服、メイク、髪型に変える
6.彼の趣味を自分の趣味にする
7.友達の集まりに必ず彼氏を連れてくる

3つ以上当てはまる人は、彼氏依存症になっている可能性大!

「彼氏のこと大好きなんだから、彼氏中心になるのは当たり前でしょ」と思っている人は、彼氏依存症であると断言できます。

2.彼依存は今すぐやめて!デメリット3つ

彼氏依存症の何が悪いの?彼のこと大好きなだけ!という、そこのあなた!今すぐやめないと大変なことになります。なぜやめないといけないのか、デメリット3つを見ればきっとわかってもらえるでしょう。

・友達がいなくなる

彼氏依存症の人は「連絡が来るかもしれないから予定を空けておこう」と、特に約束をしていなくても、彼氏のために予定を常に空けておく人が多いです。

その結果、友達から食事などに誘われても断ってしまいます。1度や2度ならば誘った友達も「それじゃまた今度ね」で終わりますが、それが毎回続くと「何度誘ってもどうせ来ないから、もう声かけなくていいよ」「私より彼氏の方が大事なんだね」と離れていってしまうでしょう。

・何もできない女になる

毎日、彼氏中心の生活や考え方をしていると、仕事中も彼氏のことを考えて、集中できず仕事にならない、重度の場合には、食事や買い物など日々の生活を送る必要最低限のことでさえ、彼のことを考えすぎて、彼氏と一緒ではないと何もできなくなってしまいます。

その結果、「何も1人でできない、自立していない女」の出来上がりです。大人の女性として、仕事も生活も1人でできないことは、生きていく上で死活問題となります。

「1人じゃ何にもできない」なんて誰かに甘えても許されるのは、子供のうちだけです。もういい大人なのですから、1人で何もかもできるように自立した大人にならないと、恥ずかしい思いをするでしょう。

・彼氏ストーカーになる可能性がある

彼氏のことが大好きなのはいいことです。しかし、好きな思いが募りすぎてしまうと「今、何をしているのかな」「どこにいるのかな」「そろそろ家に着いたかな?ちょっと家の近くまで行って外から見てみようかな…」と、頻繁に連絡したり、家に行ってしまったりなど、行き過ぎた行動の原因になります。

いわゆる「彼氏ストーカー」になる可能性が高くなるのです。「私は彼のことが好きで、いつも見ていたいだけ!」と思うかもしれませんが、ストーカーにならないように、彼に依存し過ぎるのはやめましょう。

3.彼依存を克服する方法3つ

彼依存を治したい!でも、そんな方法あるの?という方、もちろんあります。次の3つを実践してみましょう。

・趣味や仕事に没頭する

彼氏依存症の人は、常に彼氏に連絡をしてしまいます。要するに、連絡をする時間がたくさんあり、暇なのです。

その暇をなくせば、彼氏に連絡をしてしまうことも、彼氏のことを考えすぎて生活の中心になることもありません。仕事に没頭してもいいですし、仕事以外の時間は趣味や好きなことに使いましょう。

暇な時間がなくなれば、必然的に彼氏に頻繁に連絡できなくなりますし、考えなくなります。

・彼氏の誘いを断る日を作る

いつでも彼氏の誘いに応えられるように予定を空けておくのはやめましょう。たまには断ってもいいのです。

男性はすぐに手に入る女性よりも、ちょっと手に入れるのが難しいくらいの女性の方を好む傾向があります。

「私だって忙しいのよ!」と、はっきりきっぱり断りましょう。それで「俺のこと嫌いなの?」「俺の言うこと聞けないの?」なんて言う男とは、さっさと別れて正解です。

・自分に自信を持つ

自分が愛されている自信がなく、「ここで断ったら嫌われるかも」「連絡がないから、もしかして嫌われたのかも」と不安になることが多い人は、彼氏依存症になりやすいです。

その不安から、彼氏に嫌われないように常に予定を空け、頻繁に連絡をしてしまいます。「自分は愛されている」「彼は私を選んでくれたから大丈夫」という自信を持つことで、彼氏に対する不安が減り、依存度も少なくなるはずです。

『彼』にとらわれない『私』こそ彼に好かれる秘訣!

とくに付き合いたては、みんな舞い上がって彼のことばかり考えています。
ですが、尽くし過ぎは禁物。あなたが自由に人生を楽しんでいることで、彼もあなたのことを尊重して、上手く長い付き合いができます。猫のようにツンデレな彼女の方が、彼も釣った魚に餌を与え続けてくれますよ♡