強く生きるって決めたの!30代から始めたいおひとりさま友活



一人だから、強くしなやかに生きたいし、盟友にも出会いたい。

結婚も子どもも、当然通る道だと思っていた。
特に学生時代は、それしか道がないのだとも思っていた。

ところが社会に飛び立ち、今までとは違う世界に入って、やりたいこと、どうしても叶えたいことが見つかると、どうしても結婚よりももうしばらくがんばっていたい気持ちになるでしょう。

なかには、元からお嫁さんやお母さんになるイメージがわかなかった、という人もいるはず。
いずれにしても、一人強く生きていくためには、支えとなる「友人」が必要です。

今回は、30代から始めたいおひとりさま友活をご紹介します。

去っていく人は追いかけない

学生時代とは違い、20代後半から30代にかけて、それぞれが自分の世界をもつ時期です。早い人は家庭をもち、お子さんを育てている段階。ママをしながら働いている人が増える年代でもあります。

それぞれが新しい世界に入ると、どうしても合う人と合わない人が発生します。「この人には会いたい」と思うけど、あの人は疲れると思ったり、自分から何か行動しなくても、自然と縁が断ち切れるときもあります。

基本的には去っていく人は、追いかけない。向こうから来るなら拒まない、くらいのスタンスで丁度いいはず。自分の元から去っていく人は、きっとお互いにいるステージが変わってしまったのです。

相手が通常よりも下がっている(落ちている)場合は、無理やり追いかけると、マイナスな方向に引きずられる可能性も。どんなに自分の元から人が離れようとも、追いかけないのが一番。

習い事を通して友人ができる

さて本題の友活ですが、大人になってから友達をつくる場合、いろいろ作戦を立てなければいけません。そこでおすすめなのが「習い事」。

習い事は、仕事以外にも学ぼうと、モチベーションの高い人たちが集まる場所でもあります。ベストなタイミングであれば、あっという間に気の合う友達もできて、また世界が広がります。

必ずしも生徒同士とは限らず、講師やインストラクターの先生と年齢が近ければ、たとえマンツーマンであっても、ときどき一緒にお茶をしたり、個人的な話をしたりと、一歩進んだ関係になれるのです。

無理やり人が集まっている場所(交流会)に行くくらいなら、自己成長のためにも習い事を始めてみてはいかが?

趣味友を増やす

習い事とは別に趣味友を増やす、という方法もあります。趣味の中でもテッパン的なのは「ジャニーズ」ですが、いわゆるジャニオタと呼ばれる人たちの行動力は、とてもすごい!

趣味を追いかけているうちに、いつの間にか一人で全国を周れるほどの行動力が身についていたり、同じ趣味同士でネットワークができていたりと、友人がいない状態を回避できるのです。

これは他の趣味も同じで、本気でハマり、極められたら自然と交流する人も増えて「一人になったらどうしよう」という不安も軽減されるはず。

今も、そしてこれからも一人の可能性が高いなら、頼れる友人の数をほんの少しだけ増やしておきましょう。

婚活と同じで、ガツガツしすぎない!

何か一つの物事に対してガツガツしすぎると、相手は引いてしまいます。
友活を始めるとしても、焦りや不安を外にだしすぎないことがポイントに。

習い事や趣味、仕事をがんばっているうちに、世界も広がって、40代以降も付き合える大人な友人が増えてくるでしょう♡