あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動



1.不倫のきっかけ「職場」が多いのは何故?

不倫関係で最も多いのが、職場での出会いだといわれます。なぜ職場で不倫が起こりやすいのでしょうか。

一緒にいる時間が長い

一緒に過ごす時間が長いことが主な要因といえるでしょう。朝の始業から夜の終業まで同じ職場で過ごし、同じ業務を協力し合って行うことも少なくありません。

また、熱意を持って仕事に邁進する姿に、心が惹かれることもあるでしょう。同じ目的に向かって過ごす時間が多いため、自然とお互いの距離が近づき、そこから恋愛関係へと至りやすいと考えられますね。

バレないと思い込んでいる

特に職場では、毎日同じ人たちが顔を合わせますよね。ビジネスの場で働く人たちの中で、恋愛関係のカップルがいると、周囲はそのことを敏感に感じ取ります。本人たちは隠しているつもりでも、不自然な言動で周りの人たちにバレバレということが多いのです。

でも本人たちは恋愛中、周りが見えなくなって周囲にはバレていないと思い込みやすいのです。

2.社内不倫している人のあるある行動3つ

・二人の距離感が近い

男女が親密な関係になると、隠しているつもりで無意識に相手への好意が表れてしまいます。声のトーンが他の人と話すときよりも高い、笑顔が多い、ボディタッチをするなど、本人たちは普通に接しているつもりでも、周りからはいちゃいちゃしているように見えることがあるのです。

その中でも特に目立つのが、二人の距離感です。人には対人関係で心地よく感じる距離があり、この距離がパーソナルスペースとなります。他人が近づきすぎてパーソナルスペースを侵害されると、不快に感じます。

しかしパーソナルスペースは、相手との親密感が深まるほど狭まり、恋人同士ではほぼゼロになるといわれています。また距離感が近すぎて、思わずボディタッチをしてしまうケースも…。他の人と接するときと比べて、明らかに二人の距離が近すぎると、周囲の人たちから怪しまれることが多いのです。

逆に、二人の関係がバレるのを恐れて、不自然なくらい相手との距離をとるカップルもいますよね。このようなケースもわざとらしさが目立って、かえって周囲にバレてしまうことがあります。

・同じ日に有給休暇を取る

不倫の場合、休日は家庭サービスなどで一人の時間を確保するのが難しいですから、なかなかデートができないのが実情。このため、奥さんや旦那さんに内緒で有給休暇を取り、仕事に出かけたふりをしてデートを満喫する不倫カップルは少なくありません。二人で会える時間を作り出すためには仕方がないのでしょうが、何度も繰り返せば周囲に気づかれるのは致し方ないといえますよね。

・帰る時間が同じ

家族に隠れてデートをするために、同じ時間に帰ることが多いのも不倫カップルの特徴です。仕事帰りに食事をするなどのデートをしても、残業で帰宅が遅くなったとごまかすことができます。有給休暇は取れなくても、帰る時間が同じ日が多いのなら、怪しさ満点です。いつも同時に帰るとバレるので、男性は10分ほど時間をずらしてから変えるなど、時間差で会社を出ることで不倫関係をごまかそうとするカップルもいます。

3.周りは気づいている事がほとんど

職場で毎日会っていると、恋心が芽生えることもあるでしょう。しかし職場は閉ざされた環境にありますから、そこに属する人は人間関係に敏感です。

不倫を隠しているつもりでも、周囲にはとっくにバレているケースはめずらしくありません。本人たちは楽しくても、不倫は会社での信頼をなくし地位を失う危険がいっぱいです。

また、職場の風紀を乱したことを理由に、左遷やリストラなどの処分を受けたり、場合によっては職場に居づらくなって退職へと追い込まれることもあります。こうなれば配偶者にも不倫がバレて、家庭もめちゃくちゃになることでしょう。職場で不倫は起こりやすいというものの、一時の気分の高揚で安易に関係を結ぶと後悔することになりかねません。