根気と勇気が大事!脈ナシ男を脈アリにするには?



好きな人に好かれるのが一番嬉しい。だけど、世の中そんなに上手くいくことの方が少ないですよね。こっちから勇気をだしてアプローチをしても肩すかしをくらうことも一度や二度はあるはず。好きだけど、今のところ脈ナシな彼。そんな彼を脈アリにするには?

今回は脈ナシ男を脈アリにシフトさせるコツをご紹介します。

【アプローチ不足】or【やり過ぎアプローチ】?

脈のない彼を振り向かせることほど、根気と勇気が必要なものはありません。しかし、好きな人が努力の末に振り向いてくれたなら、どんなことでも頑張りたいのが乙女心ですよね♡彼が振り向いてくれるためにはまず、現状を正しく把握する必要があります。

良好な関係を築けているのに関係が進まない場合は、そもそもでアナタの好意が彼に届いていないアプローチ不足の可能性が高いです。反対にデートに誘っても交わされたり、LINEの返事が既読スルーやスタンプのみの場合はアナタの好意に若干、引いている可能性があります。

通常フリーの男性で恋人が欲しいと思っているならば、身近にいる女性を意識しやすい環境にあります。アプローチが行き過ぎている場合は対象外にされ、アプローチが不足している場合は意識してもらいにくいので自分がそのどちらかになっていないかをチェックしましょう。

アプローチ不足の方は、分かりやすい好意を意識して

女性と男性では好意に対する受け止め方や考え方に大きな違いがあります。デートを何回も重ねていればコチラの好意が伝わるだろうと女性側が思っていても、男性側にとってみればデートに付き合ってもらっているだけで自分に好意があるかは分からないから確信が持てない…。という方も少なくありません。

好意を示すのに有効なのは、やはり言葉です。ちょっと恥ずかしいですが「〇〇君の優しいところが好きだな」や「〇〇君と一緒にいると落ち着くなぁ」といった分かりやすい好意をもう少し示して彼の反応を見てみましょう。シラフじゃムリ!という方はディナーデートの2件目に雰囲気の良いバーを選んでムードをつくりましょう。

やり過ぎアプローチの方は、一旦恋心を封印しましょう

好きな人に積極的にアプローチが出来るのにも関わらず彼が乗り気にならない…という場合は彼の方がアナタのアプローチに引き気味なのかもしれません。その理由は彼が恋愛に乗り気じゃなかったり、押されると引いてしまう性格だったりとケースバイケース。

いずれにしても、アプローチを快く思っていたらそれなりに応じてくれるはずなので一旦はアプローチを控えめにして彼の求める距離感で良い関係を築き直していく方が無難です。思い切って情熱のままに告白してみるのも潔い結果ではありますが…あまりおすすめはしません。文字通りイチかバチかの結果になります。それよりも彼の望む関係性に徹し、根気よく彼の気持ちが自然に向くようにつかず離れずの関係の方を維持する方が成功率は高いです。

根気強く、時に勇気を持つことがポイント!

男性が脈ナシ状態から脈アリにシフトする瞬間は「恋っていいな」と思う環境と、身近にいる女性が魅力的であることの2つの条件が揃ってこそ!そのベストなタイミングを見計らうのはとても難しいですよね。彼の気持ちが恋に向く機会を根気よく待ちながらも、時に勇気を出して彼との距離を縮めることが何よりも大事♡

ご自身と彼の関係性を冷静に判断しつつ、適材適所でアプローチができるように、ぜひ頑張ってくださいね!