季節を問わず美しい♡グレーで決めるシックなコーデテク



オールシーズンを通して合わせられる色と言えば、黒や白のベーシックカラーですよね。しかしモノトーンはコントラストが少々強過ぎて、組み合わせによっては怖い印象を与えやすい色でもあります。そこで通年使えて、大人の女性を品良く見せてくれる定番色としてオススメしているのが“グレー”

そこで今回はグレーアイテムのオシャレなコーデ術をご紹介します。

グレーのチュール素材は大人のマストアイテム

グレーアイテムを取り入れる上でおすすめしているのが、チュール素材を使ったアイテムです。数年前に人気の高かったチュールスカートもグレーのチュールスカートなら甘さも控えめに、オシャレなコーディネートを楽しめます。ただし、チュールスカートそのものがブームから過ぎた印象になっているので、個人的にはチュール素材のトップスがおすすめ。

胸下で切り替えのあるチュニック風のトップスや、袖がチュール素材になったアイテムなど、デザイン性豊富なトップスは今の時期から秋冬まで展開されているので是非、チェックして。

カッチリシルエットより“ラフ感”を意識する

グレーはシックな雰囲気を持つ反面で、無難・つまらない・お堅い印象を持つマイナスイメージもあります。全身が体にピッタリフィットしたキッチリ感満載のグレーコーデだと、オシャレというよりつまらないイメージが先行してしまいます。

なので、グレーを取り入れる際はリラックス感やラフ感を意識しましょう。トップスもゆったりしたニットや、襟抜きシャツで空気感を出す。柔らかく揺れる素材を活用して、グレーが持つ“重たさ”を軽減させましょう。

差し色は“淡いピンク”or“イエロー”

グレーは定番色なので、基本的にどんな色とも相性が良いとされています。しかし、馴染みの良い色、見ていて洒落感のあるパリシックな色の組み合わせとなれば外してはならないのが“ピンク”と“イエロー”です。

特にライトグレーと淡いピンクの組み合わせは上品で大人可愛い組み合わせとしてファッションスタイリストもよく起用している組み合わせなのです。ここで大事なのは、グレーの明るさと差し色の明るさを統一させること。

例えばグレーが深みのあるチャコールグレーなら、淡いピンクももちろん相性が良いですが、それ以上にビビッドなフューシャピンクの方が似合います。色のトーンを合わせるとよりオシャレ度は増します。

秋はグレーで大人シックに決めて♡

グレーを取り入れるのに、必要な3つのポイントをご紹介しました。イメージに合うアイテムが必ずしもお店で見つかる…とは限りませんが、是非お店でグレーの旬なアイテムを見かけたら試着だけでも試してみてください。

トレンドカラーということだけあって、これからの新作でどんどん出てきそうな予感…♡